Uru、全編アニメーションで構成された「セレナーデ」MV公開決定

ツイート


Uruが自身初の短編集「セレナーデ」をデビュー記念日となる本日6月15日に発売。本日18時に、ニューシングル「それを愛と呼ぶなら」収録曲「セレナーデ」のミュージックビデオをオフィシャルYouTubeでプレミア公開する事が決定した。

◆「セレナーデ」MVサムネイル 画像

デビュー時よりライブ会場やオフィシャルファンクラブ内で発表してきた短編集「セレナーデ」は、自身の楽曲を元に同名の物語を書籍としてまとめたもので「しあわせの詩」と「鈍色の日」に加えて、書き下ろしとなる「セレナーデ」を加えてUru初の書籍として刊行された。カバー写真はUruのシングル「remember」「プロローグ」「あなたがいることで」のジャケット写真も担当した写真家の岩倉しおりが担当している。

物語「セレナーデ」は、摂食障害で悩む高校三年生の葵、恋人の隼人、幼馴染の陽が、それぞれの過去や悩みと向き合い他者と触れ合うことでそれを乗り越え前に進む姿を描く、瑞々しい青春群像劇。Uruは書籍発売にあたり、「本を読む事が大好きですが、まさか自分が読み手から書き手に変わる機会を頂けると思っていませんでした。自分ではない他者との関わりの中で愛を求めたり踠いたりしながら自分という人間をより深く知っていくような、そんな心の機微を書きました。胸を刺すような表現もあるかもしれませんが、自分のすぐ近くで起こっている誰かの日常の一部だと、親愛の情を持って読んで頂けたら嬉しいです」とコメントしている。

物語の元となる楽曲「セレナーデ」は、6月1日に発売のTBS系 日曜劇場「マイファミリー」主題歌としても話題を呼ぶニューシングル「それを愛と呼ぶなら」に収録されており、作詞・作曲をUru本人、編曲をUruの楽曲アレンジを数多く手がけるトオミヨウが担当した、胸を締めつけられるほどもどかしく美しい、大切な人への一途な想いを丁寧に歌った楽曲だ。ミュージックビデオは、新進気鋭のイラストレーター・アニメーターのがーこが手掛けており、楽曲や物語同様にノスタルジックな全編アニメーションで構成された映像ということ。



またUruは、7月より全国10箇所11公演となる過去最大規模のホールツアー<Uru Tour 2022「again」>の開催が決定しており、「それを愛と呼ぶなら」の初披露にも期待が高まる。

書籍「セレナーデ」

著者:Uru
定価:1,760円(1,600円+税)
判型:四六判
総ページ数:288ページ
ISBN: 978-4-04-112247-1
発売日:2022年6月15日
発行:株式会社KADOKAWA

『セレナーデ』特設サイト
https://kadobun.jp/special/uru/serenade/

<特典一覧>
Amazon:特製ポストカード1種 ※数量限定(上限に達し次第終了)
TOWER RECORDS、HMV、TSUTAYA:特製しおり1種(各店舗共通) ※数量限定(上限に達し次第終了)
電子書籍:巻末に手書きメッセージを挿入

Single「それを愛と呼ぶなら」

6月1日発売

CD購入リンク:https://smar.lnk.to/fbimsa
配信リンク:https://smar.lnk.to/lmzU1J

初回盤 [CD+Blu-ray] ¥2,200(tax in) トールサイズデジパック仕様
通常盤[CD] ¥1,200(tax in) 初回プレスカラートレイ仕様

[CD]
1. それを愛と呼ぶなら
2. セレナーデ
3. なんでもないよ、(マカロニえんぴつカバー)
4. Love Song -Self-cover ver.-
5. それを愛と呼ぶなら -instrumental-
6. セレナーデ -instrumental-

[Blu-ray]
1. Love Song
2. それを愛と呼ぶなら
3. Uru Live 2021「To You」@東京国際フォーラム ホールA~Live Digest~

■両形態共通特典
購入者限定コンテンツ視聴カード封入

<店頭特典>
Amazon:メガジャケ(通常盤絵柄)
セブンネット:モバイルスタンドホルダー
拠店特典:アーティスト写真柄B3ポスター

この記事をツイート

この記事の関連情報