小田和正の楽曲3曲が『遺留捜査』第7シーズン主題歌に

ツイート


6月3日(金)に全国ツアー<明治安田生命 Presents Kazumasa Oda Tour 2022 「こんど、君と」>(全国16か所34公演31万人動員)がスタートしたばかりの小田和正が6月15日(水)、8年ぶりのオリジナル・アルバム『early summer 2022』(読み方:アーリーサマーニーマルニーニー)を発売した。

今作は、明治安田生命企業CM曲としてオンエアされている「風を待って」、NHKドラマ10「正直不動産」主題歌として起用されていた「so far so good」、ツアータイトルであり、NHK「みんなのうた 60」記念ソング「こんど、君と」、そして経済ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」のエンディングテーマとして書き下ろされた「ナカマ」をはじめ全9曲が全てタイアップ曲。

また、2022年7月毎週木曜日夜8時からスタートする木曜ミステリー『遺留捜査』第7シーズンの主題歌が「やさしい風が吹いたら」「小さな風景」「風を待って」の3曲に決定した。「小さな風景」「風を待って」は、ニューアルバム『early summer 2022』に収録されている。



  ◆  ◆  ◆

<コメント>
主演:上川隆也コメント
■今作は主題歌を3曲使用使用しますが、改めて主題歌は上川さんにとってどんな存在でしょうか?
小田和正さんのご提供下さった数々の作品の存在は『僕にとって』などと云う矮小な話ではなく、遺留捜査には最早なくてはならない存在です。まるでこの物語の『羽衣』の様にすら思えます。
優美で美しく光り輝き、手に取ると儚げに思えて力強く、そして物語をより高々と飛翔させてくれる……。余談になりますが、京都にも羽衣伝説があるそうです。

■(小田和正へ)メッセージをお願い致します。
これ程までに物語を支えてくれる楽曲に巡り会う事は、望んで叶う物では無いと思います。小田さんの歌声は、11年目を迎えたこの作品を『前へ前へ』と推し進める大きな駆動力の一つであり、
その響きにスタッフ・キャスト一同、常日頃から背中を押されるような気持ちでいます。
本当に有り難う御座います。

三輪祐見子ゼネラルプロデューサー(テレビ朝日)コメント
遺留捜査が小田和正さんの歌声と歩み始めて、9年が経ちました。ドラマのテーマでもある遺留品に込められた被害者の想いに、これまで優しく寄り添ってきてくれた歴代の主題歌「小さな風景」「やさしい風が吹いたら」「風を待って」の
3曲全てと共に、集大成の第7シーズンを迎えることができます。
ドラマのラストに、小田さんの曲が流れると、明日への、勇気と希望が湧いてきます…‼︎
3曲の主題歌のうち、どの楽曲をお届けするのかは、毎週の放送をご覧になりながら、
楽しみにしていただけたらと思います。
そんな、贅沢づかいをさせていただく事に心から感謝申し上げます。

  ◆  ◆  ◆

アルバム『early summer 2022』


2022年6月15日(水)発売
品番:FHCL-3009  価格:3,300円(税込)

<収録曲>
「風を待って」…明治安田生命企業CM曲/テレビ朝日系連続ドラマ「遺留捜査」主題歌
「坂道を上って」…映画「坂道のアポロン」主題歌
「小さな風景」…テレビ朝日系連続ドラマ「遺留捜査」主題歌
「この道を」…TBS系日曜劇場「ブラックぺアン」主題歌
「so far so good」…NHKドラマ10「正直不動産」主題歌
「ナカマ」…テレビ東京系「ガイアの夜明け」エンディングテーマ 
「こんど、君と」…NHK「みんなのうた 60」記念ソング
「この日のこと」…TBS音楽特番「クリスマスの約束」書き下ろし曲
「会いに行く」…フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング

ご予約はこちら https://VA.lnk.to/JHek5g
小田和正スペシャルサイトはこちら https://www.kazumasaoda.com/early-summer-2022/

●配信アルバム https://VA.lnk.to/Ei95Ji

この記事をツイート

この記事の関連情報