【インタビュー(後編)】775、「レゲエを知らない人でも775は知っているみたいになりたい」

ツイート

注目度急上昇中のレゲエDeejay・775。2020年に発表した「よってらっしゃい」のMVが公開1ヶ月で100万回再生を突破(2022年6月現在、880万回再生を記録)。その後に発表した楽曲群も高い再生回数をマークしている。1stフルアルバム『あたい』の制作秘話にも迫ったインタビューの後編をどうぞ。

■775の曲って日常生活の中で励みになる歌ってたぶんないんです
■そういう歌も書いてみたいけど、それをやるのは時間がかかります(笑)


──1stフルアルバム『あたい』の収録曲についてお聞きしていければと思うんですが、リード曲の『Microphone Center』は、775さんというレゲエDeejayをしっかりと物語る曲になっていますね。

775:このサビは高校ぐらいから書いていて、そのときのままです。

──他の収録曲にもその当時作ったものがあったりするんですか?

775:「七七五」も「よってらっしゃい」もそうだし。結構多いですね。もちろん最近書いたところもあるんですけど。

──〈とんがりコーン指に刺してGun Finger〉とか、それこそこの後ろに続くおちゃめな感じもあっていいですね。

775:やったことありません? 指にとんがりコーン。

──あります。ガンフィンガーどころか全部の指につけたりとか。

775:そうそう(笑)、全部つけて、一個ずつ食べていくっていう。そういえばそんなことしてたなって思い出して書いたりとか。昔に遊んでいたこととかがヒントじゃないけど、自分の中から引っ張ってきて、歌詞に辿り着くときもある感じです。

──「Life is RAGGA」には〈1.2.サンマのしっぽ〉みたいな数え歌も入っていて。そういうものがふと出てくるというか。

775:そうそう。

──「KSWD」ではダイアナ・キングの「Shy Guy」のメロディを引用されていますよね。

775:あの曲がめっちゃ好きなんで、それで入れたんです。ダイアナ・キングはめっちゃ聴いていましたね。いまもやけど。あと、昔のレゲエが好きなおっちゃんら世代もわかるじゃないですか。そこがキャッチーかなと思って。



──ちなみに、「KSWD」は地元の岸和田のことを歌われていて。

775:2バース目の〈そうやしそうやし ほんまやし〉って、盆踊りとかでかかる「岸和田音頭」で、音頭取りの人が歌うんですよ。それを引っ張ってきて、〈ほんまに岸和田よいところ〉を〈ほんまに岸和田ラガなとこ〉にしてるんですけど。あの曲は岸和田民だったら全員知っているから。

──キャッチーところをしっかり入れていくというか。

775:うーん、あんまわからへん(笑)。

──ご自身としては、こうするとおもしろいかな、みたいな感じで作っていくんですか?

775:あと、言いたいから。ちょっとクセになる言い方とかを言いたがるんで。そこからメロディとかフローとかが出てくると思いますね。


──他にも濃い曲が多くて。たとえば「Hands Up feat. 三木道三」。4歳のときにラジオで聴いた方と共演されたわけですけども、このお話が決まったときってどう思われました?

775:「できるんや!」みたいな。で、(実際に)できたら、「できたんや!」みたいな(笑)。

──これは本当に現実なのかな、みたいな?

775:そう。それまで会ったこともなかったんで。現場でも見たことなかったし、ただカラオケで歌うぐらいだったから、これが三木道三や、みたいな。でも、会ってもテンション変わらへんから、いまみたいな感じでしゃべるんですけど、内心は嬉しくて(笑)。

──そこは間違いないですよね(笑)。楽曲はどう作っていったんですか?

775:まず三木さんがリードして書いてくれて、そこから775がバースを埋めていって。3バース目ぐらいのときにスタジオに集まって、もうちょいこういう歌い方のほうがいいんちゃうん?って、お互い言いながら録っていった感じです。

──実際にご本人を目の前にしていかがでした?

775:レックしてるときに、モニターがあるんですけど、それを見ていて、これが775の曲になるんかぁ……みたいな。775は、DOZAN11ではなく、三木道三として歌ってほしいですって、曲を書く前から言っていて。上からとかじゃないんですけど、それだったらやりたいって。歌い方とか声の出し方も、「JAPAN一番」とかそっち系のほうが好きやから、そっちでお願いしますって。

──今の名義ではなくてもOKを出されたというのも素敵ですね。なかなかできないというか。

775:そうですよね。意外とすんなりいいよって言ってくれて。

──個人的に気になったのが、MVも撮られていた「チャンプロード」だったんですけど、この曲はいつ頃に作られたんですか?

775:これは最近です。でもサビの〈マンマラマンマ〉とかは、ちょっと昔に書いていたリリックから引っ張ってきて書き直しています。



──チャンプロードというワードを持ってきたのがいいなと思いました。

775:これどうやったっけな……このタイトルは775が決めてないんですよ。いつもタイトルを決めるときはテキトーというか。自分ひとりで決められなかったら、人にアイデアを聞いて、いいなと思ったら参考にすることも多いんで。

──それこそチャンプロードって知ってました?

775:知ってました。単車も好きやったんで。

──そうなんですね。MVでは特攻服を着てますよね。

775:あれは、上は自分で作ったっていうか。同じ服を2枚買ってしまって、1枚どうしようと思って。刺繍入れたらおもろいかなと思って、刺繍屋に出しに行って、“鬼慢血”(オニマンヂ)って(笑)。下は卒業式でみんな履くようなやつを履いて、まあ、それっぽく見せれたかなって。ほんとはガチの卒ランでいこうと思ったんですけど、名前もいっぱいいろいろ入ってるし(笑)。

──確かに(笑)。その「チャンプロード」から「Shy」に繋いでいくわけですけども、ギャップがかなりすごいですね。

775:あれね(笑)。これを書いたときはめっちゃ覚えていて。高校ぐらいのときに、友達の家族と沖縄に旅行に行って。そこの男の子がシャイだったんですけど、775のことを好きみたいな感じやったんですよ。そのことを775は知ってたんだけど、向こうはあましゃべってこなくて、あ、これ歌に書こうと思って。775はその子を好きじゃないからアレやけど(笑)、そういう物語を妄想しながら作っていって。

──半分リアル、半分フィクション。

775:そうそう。まあ、クラブとかでありそうな流れを書こうと思って。

──「Shy」はレゲエではありますけど、他の曲と比べても際立ってテンションが違っていて。いろんな曲調を歌ってみたいという気持ちもあるんですか?

775:めっちゃあります。それこそレゲエにこだわらないで、いろんな音楽をしたいなって。

──今回の収録曲にもヒップホップ色が強いものもありますし。挑戦してみたい曲ってあります?

775:なんか、775の曲って、日常生活の中で励みになる歌って、たぶんないんですよ。「友達のうた」とかはあるけど、前を向いて楽しんでいこうみたいな歌はないんですよね。そういう歌も書けるんだったら書いてみたいけど、たぶん、それをやるのは時間がかかります(笑)。

──なぜです?

775:言葉で表現するのって、やっぱめっちゃむずいんですよね。歌っている自分が言うのもアレやけど。なんか、普段の生活でも、775は「主語がない」って言われるんです。775のことをわかってくれてる友達だったら、「あんたはこう言いたいんやな」ってなるけど、それをみんなにわかりやすい言葉にするのは難しいし、そういう歌は余計難しいんですよ。恋愛とかだったら、なんでもいいわけではないけど、パーっと書けたりするんですけどね。

──ただ、『あたい』に収録されている「もういくつ寝たら」みたいな心境だったり、早くこういう日が来てほしいと思っている人はかなり多いと思うんですよ。それもあって、日常生活の中で励みになる歌もあると思いましたけど。

775:あれは“コロナ”っていうワードがあったから。ニュースとかを見ていて、会えないとか、いろんなワードがポンポン出てきたから書けたんですけど、さっき言ってた「こういう曲を書きたい」というのとは、775の中ではまた別なんですよ。なんか、もっと明るい感じの歌を書きたい。

──なるほど。「もういくつ寝たら」と聞くと、自然と「お正月」が浮かぶけれども、実際はかなりシリアスな雰囲気のある曲ですし。

775:確かにそのワードが出たら正月を思い出しますよね。でも、あと何回寝たらコロナがなくなるんやろうっていう歌なんで。


──そして、アルバムを締め括るのが「母さん」という曲で。こういったまっすぐに感謝を伝える曲もアルバムには入れたかったんですか?

775:普段あまりしゃべらないし、歌っている今だったら、これぐらいしかできへんわと思って。

──普段言えない感謝の気持ちを、ここで伝えておこうと。

775:ほんとはいつも伝えたいんですけどね。でも、やっぱり恥ずいし、何もできてないから、今回やっとできた感じです。聴かれるのは恥ずかしいですけどね(笑)。たぶん、勝手に聴いてくれると思うけど。レコードとか作っても、自分からあまり渡せないから。775の家は三姉妹で、他はみんな仲良くしゃべってるけど、775ひとりだけ無口みたいな感じなんですよ。別に仲が悪いわけでもなくて。昔からそこだけ変わってないんですよね。

──中学校のときに家を抜け出していた自分が、将来こういう歌を歌うと思っていました?

775:思ってないです(笑)。むしろ書かんとこうと思ってたんで。たぶん、775のことを知ってる友達だったら、「え、書いたん?」ってなると思う。

──友達からしたら一番意外性があるというか、驚く曲。

775:そう。この曲、「一番早く聴きたい」って言われています。いつも電話してると、「いまの親?」ってすぐ分かるぐらいのテンションやから、ほんまに。

──(笑)。最後に、いろんな曲を歌っていきたいというお話もありましたが、これからどんな活動をしていきたいですか?

775:なんやろうな……あまりめちゃくちゃ先のことは考えないようにしてるんですよ。自分がやりたいと思ったら取り掛かって、そのときに出てくるアイデアを形にして。あまり考えないで、目の前に来たものを淡々と片付けていこう、みたいな感じです。何になりたいとか、目標とかはあまりないかな。

──これだけは絶対に成し遂げたいことってあったりします? 野望とか、そういう感じになっちゃうんですけど。

775:めっちゃ大きく言ったら、自分の曲をCMとかで使ってもらいたい。大々的なところで。そういうことは思うかな。たとえばですけどね。あとは、レゲエを知らない人でも775は知っているみたいな感じとか。いまも、レゲエは知らないけど、初めてひとりで来てくれるお客さんとかもいたりして。

──それはめちゃくちゃ嬉しいですね。

775:うん。乗り方とかもよくわからんけど来てくれたりとか。嬉しいですよね、そういうの。

取材・文:山口哲生

リリース情報

『あたい』
6月15日(水)リリースAMI-005 2,700円(税抜)2,970円(税込)
1. Intro
2. Microphone Center
3. 七七五
4. Life is RAGGA
5. Hands Up feat. 三木道三
6. イニミニマニモ
7. Skit
8. KSWD
9. チャンプロード
10. Shy
11. もういくつ寝たら
12. 母さん
13. よってらっしゃい(Band Session ver.)

ライブ・イベント情報

<775 - 1st Fill Album“あたい”Release Tour ->
6月17日(金)鹿児島県 bijou
6月18日(土)福岡県 bijou
7月1日(金)岡山県 VESTI room
7月10日(日)茨城県 土浦club GOLD
7月15日(金)香川県 nude
7月17日(日)愛知県 ORCA NAGOYA
7月23日(土)北海道 KING XMUH
7月30日(土)沖縄県 MUSIC BAR LINX
この記事をツイート

この記事の関連情報