アイアン・メイデン、元バンド・メイト、ポール・ディアノの医療費を支援

ツイート


元アイアン・メイデンのヴォーカリスト、ポール・ディアノは、膝の手術を受けるため、現在、クロアチアに滞在中だが、その医療費をアイアン・メイデンが支援することになったという。

ディアノは当初、自己負担金額がほぼ無料である英国の国民保険サービスで手術を受ける予定だったが、数年待ち続けている状態で、アイアン・メイデンが70年代半ば定期的にギグを開いていたロンドンのパプCart & Horsesのオーナーがそれを見かね、昨年、プライベートの病院で手術が受けられるようクラウドファンディング・キャンペーンを始めていた。

これにはファンから多くの寄付が寄せられたが、足りなかった残りの費用をアイアン・メイデンが負担することになったそうだ。Cart & Horsesのオーナーは月曜日(6月20日)、「アイアン・メイデンのチームが親切にも、ポール・ディアノの手術費の残りを請け負うと同意してくれました。アイアン・メイデンは地上最高のバンドというだけでなく、心優しく、素晴らしいチームに支えられています。この素晴らしいニュースの結果、募金運動は6月21日をもって終了します」と伝えた。

ディアノは来月、2日間にわたり3回の手術を受けるという。

ディアノは5月にクロアチアで開催されたアイアン・メイデンの公演を訪れ、スティーヴ・ハリス(B)やマネージャーと再会していた。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報