ギャランティーク和恵、新曲「AERATION」はマリアンヌ東雲による書き下ろし

ツイート



ギャランティーク和恵のニューシングル「AERATION」が本日より配信スタートした。

◆ニューシングル「AERATION」 画像

オリジナル曲「AERATION」(エアレーション)は、キノコホテルの総支配人を務めるマリアンヌ東雲が作詞・作曲・アレンジを担当。長引くコロナ禍がゆっくりと夜の街を侵食し自由を奪っていく中、息苦しさを感じながらもせめてこの一夜を精一杯華やいで謳歌したい、という想いを歌っている。またカップリングには 1970年にリリースされた沢たまきの「東京プレイ・マップ」のカバーを収録。マリアンヌ東雲自身も電子オルガンを担当し、キノコホテルが生み出すサウンドやグルーヴも感じさせてくれる。

2022年に、歌手生活20周年を迎えるギャランティーク和恵。その20周年を記念したリサイタル<TOKYO2002+20>が10月22日に東京キネマ倶楽部、11月26日に草月ホールで開催される。昭和40年代から脈々と受け継がれてきた「都会の夜」へのオマージュとして2公演それぞれ趣向を変えた内容で企画されており、本シングルはその公演に先駆けたシングルにあたる。

ニューシングル「AERATION」



2022年6月22日 配信スタート
品番:COKM-43851

<収録曲>
1. AERATION
作詞・作曲・編曲:マリアンヌ東雲
Electric Guitar:伏見蛍
電気オルガン, Programming:マリアンヌ東雲

2. 東京プレイ· マップ
作詞:伊藤アキラ 作曲:小谷充 編曲:マリアンヌ東雲
電気オルガン, Programming:マリアンヌ東雲

配信リンク
https://lnk.to/AERATION

日本コロムビア 商品サイト
https://columbia.jp/artist-info/g-kazue/

この記事をツイート

この記事の関連情報