ホワイトスネイク、レブ・ビーチが4公演連続で不在

ツイート

ヨーロッパでツアーを開催中のホワイトスネイクのステージに、この数日、ギタリストのレブ・ビーチの姿がなく、ファンから心配の声が寄せられている。ビーチは今月14日のチェコ公演からベルギー(17日)、ドイツ(19日)、スイス(21日)と4公演連続で不在だという。

◆ホワイトスネイク画像

バンド側から説明はないが、もう1人のギタリスト、ジョエル・ホークストラはチェコ公演の後、「今夜、@Whitesnakeは僕らの友人@europethebandと共にチェコ・プラハ、@PrahaEUを揺るがした! レブ・ビーチの具合が良くなく、僕が彼のソロを代行しなくてはならず、土壇場でちょっと緊張したが、僕らは君らのためにベストを尽くしたよ、プラハ!! ザ・ショウ・マスト・ゴー・オン!」とつぶやいていた。

ホークストラはまた、水曜日(22日)、ビーチの体調を心配するファンからの質問に「レベルはすぐに戻ると思うよ。彼がいなくて誰よりも寂しく思っているのが僕だ。#GuitarTEAM」と返信している。





ホワイトスネイクのフェアウェル・ツアーは5月10日にアイルランドで開幕。ヨーロッパ・ツアーは7月19日まで続く。バンドは、デイヴィッド・カヴァデール(Vo)、レブ・ビーチ(G)、ジョエル・ホークストラ(G)、トミー・アルドリッジ(Dr)、ミケーレ・ルッピ(Key)に新ベーシスト、タニヤ・オキャラハンとマルチ・プレイヤーのディノ・ジェルーシックを迎えた新ラインナップでパフォーマンスしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報