メガデス、6年ぶりニュー・アルバムのリリースを発表

ツイート

メガデスが、ニュー・アルバム『ザ・シック、ザ・ダイイング…アンド・ザ・デッド!』を9月2日にリリースすると発表した。2016年の『Dystopia』に続く16作目のスタジオ・アルバムだ。

◆メガデス動画、画像

収録曲は、6月23日にリリースされた先行シングル「ウィル・ビー・バック」やアイス-Tをフィーチャーした「ナイト・ストーカーズ」など12曲。前作と同じくデイヴ・ムステイン(G,Vo)とChris Rakestrawが共同でプロデュースを担当し、米テネシー州ナッシュビルにあるムステインの自宅スタジオにキコ・ルーレイロ(G)とダーク・ヴェルビューレン(Dr)を迎えてレコーディングが行われたそうだ。ベースはスティーヴ・ディジョルジオが担当した。ムステインは「自分達が必要とするもの全てがあるべき所に収まっているアルバムが出来たのは、本当に久しぶりだ」「世の中の人達がこれを手にする日が待ちきれないね!」と語っている。

CDとLPレコード、カセット、デジタル版の各形態でリリースされることが決まっており、公式オンラインストアと「Sound of Vinyl」「uDiscover」では180g重量盤アナログLPに歌詞カードやプラスチック製レンチキュラー3Dリトグラフ・カード、ボーナス・7インチを同梱したシリアルナンバー入りの2枚組LP限定盤デラックス・エディションも販売される。


「ウィル・ビー・バック」のリリースに伴い、デイヴ・ムステインがプロデュースを手がけ、メガデスのマスコットであるヴィック・ラトルヘッドの起源を描いた短編フィルム『ウィル・ビー・バック:チャプター I』(原題: We'll Be Back: Chapter I)も公開された。これはアルバムのリリースに合わせて公開される3部作ビデオの第1作に位置づけられる作品だという。

メガデスは、ジェイムズ・ロメンゾ(B)が正式メンバーとしてバンドに復帰したことを5月末に発表したばかり。新たな試みとしてWeb3.0の世界への進出に向けたロードマップも公開されており、その一環として、ヴィック・ラトルヘッドのテーマとイメージを用いたジェネレーティブNFT「ラトルヘッズ」がリリースされることも明らかになっている。

Photo by Travis Shinn

『ザ・シック、ザ・ダイイング…アンド・ザ・デッド!』|『The Sick, The Dying...And The Dead!』

2022年9月2日(金)発売
UICY-16085 ¥2,750(税込)
※日本盤のみSHM-CD仕様、ボーナス・トラック「ポリス・トラック」追加収録
予約:https://store.universal-music.co.jp/product/uicy16085/
収録曲:
1. ザ・シック、ザ・ダイイング…アンド・ザ・デッド! The Sick, The Dying…And The Dead!
2. ライフ・イン・ヘル Life In Hell
3. ナイト・ストーカーズ feat. アイス-T Night Stalkers feat. Ice T
4. ドッグス・オブ・チョルノービリ Dogs Of Chernobyl
5. サクリファイス  Sacrifice
6. ジャンキー Junkie
7. サイコパシー Psychopathy
8. キリング・タイム Killing Time
9. ソルジャー・オン! Soldier On!
10. セレブタント C?lebutante
11. ミッション・トゥ・マーズ Mission To Mars
12. ウィル・ビー・バック We’ll Be Back
13. ポリス・トラック Police Truck (デッド・ケネディーズのカヴァー) ※日本盤ボーナス・トラック

この記事をツイート

この記事の関連情報