全国の楽器店が選ぶ「楽器店大賞2022」がスタート

ツイート

一般社団法人 全国楽器協会が、「楽器店大賞2022」を開催する。これは、全国の楽器店員が選ぶ『今年、お薦めする楽器』と、楽器店員と一般客が選ぶ『今、世に広めたいイチ押しプレイヤー』『今年、楽器の楽しさを伝えてくれた人』を決める賞。「楽器の素晴らしさをもっと世の中に広めたい」「楽器を始める人を一人でも多くつくりたい」などを目的としての開催となる。

【楽器店大賞2022 開催概要】

<楽器店大賞2022>
キャッチコピー:「全国楽器店員がお薦めする今年の楽器、店員とお客様が選んだ今年のプレイヤー」
主催:全国楽器協会 楽器店大賞2022 運営委員会
表彰:商品部門/プレイヤー部門
対象:全国楽器協会 会員小売企業/一般投票
発表日:2022年10月18日(火)
表彰式会場:会場:ヤマハ銀座スタジオ(ヤマハ銀座ビル B2F)
URL:https://www.zengakkyo.com/gakkitentaisyo/
公式Twitterアカウント: @gakkitentaisyo

【商品部門】
“全国楽器店員がお薦めする今年の楽器”
2022年度商品部門は8部門より大賞を選出します。
投票対象者:全国の楽器店員(全国楽器協会加盟店)
投票期間 :6月24日(金)~7月15日(金)
投票方法 :公式HP内に専用フォームを設置
部門   :全8部門

<ピアノ部門>
投票基準:88鍵盤であること(アコースティック/電子は不問)

<ギター/ベース部門>
投票基準:エレキギター/アコースティックギター/クラシックギター/ベースギター
(※ウクレレ・バンジョー・マンドリン・他撥弦楽器は「話題の楽器部門」)

<打楽器部門>
投票基準:打楽器本体であること
(※ドラムセットだけでなくカホンやパーカッション等も可)

<管楽器部門>
・金管楽器部門
投票基準:金管楽器に属する楽器であること
・木管楽器部門
投票基準:木管楽器に属する楽器であること

<デジタル部門>
・シンセ・電子楽器部門
投票基準:スタンドアロンで演奏/パフォーマンスに使用可能な電子楽器であること
(※電子ピアノ/電子ドラムは別部門の為除く)
・音楽制作・配信機器部門
投票基準:主として音楽制作・録音・配信に使用するためのハードウェアであること

<話題の楽器部門>
投票基準:楽器区分は問わず、今年話題となった/今年スポットを当てたい楽器
(※単体で音が出せるものであること)
※過去の大賞受賞商品は投票対象外とする

【プレイヤー部門】
“各楽器を代表する今年のプレイヤー”
2022年度プレイヤー部門は6部門より大賞を選出します。
投票対象者/期間:
1. 全国の楽器店員(自由投票)6月24日(金)~7月15日(金)
2. 一般(楽器店員が選んだノミネートの中から投票)
8月10日(水)~8月31日(水)
投票方法:公式HP内に専用フォームを設置
部門:全6部門

● キャッチコピー:全国楽器店員とお客様が選んだ 今、世に広めたいイチ押しプレイヤー

<ピアニスト部門>
投票基準:88鍵ピアノを演奏するプレイヤー(アコースティック/電子不問)

<ギタリスト/ベーシスト部門>
投票基準:ギタリストまたはベーシスト
(※ウクレレ・バンジョー・マンドリン・他撥弦楽器のプレイヤーは「特別部門」)

<打楽器プレイヤー部門>
投票基準:ドラムまたはカホン等パーカッションのプレイヤー

<管楽器プレイヤー部門>
投票基準:管楽器のプレイヤー(金管/木管問わず)

<サウンドクリエイター/DJ/パフォーマー部門>
投票基準:デジタル楽器/機材を使用したサウンドクリエイター/DJ/パフォーマー

● キャッチコピー:全国楽器店員とお客様が選んだ 今年、楽器の楽しさを伝えてくれた人

<特別部門>
投票基準:使用楽器区分を問わず、今年楽器の楽しさを伝えてくれたプレイヤー

【プレイヤー部門 投票について】
● 楽器店員投票結果を元に各部門よりそれぞれ5名程ノミネートを選出し、その中から一般投票で各1名大賞を決定
● YouTubeに公式演奏動画がアップされているプレイヤーであることが必須(レーベル所属の有無は不問)
※過去の大賞受賞者は投票対象外とする

【表彰式・大賞発表】
日時:2022年10月18日(火) 11:00~
会場:ヤマハ銀座スタジオ(ヤマハ銀座ビル B2F)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-14
内容:各部門の大賞発表、表彰、ならびに各部門2位、3位発表。
YouTubeライブ配信(予定)
この記事をツイート

この記事の関連情報