LiSA、新曲がABEMA・テレ朝『FIFA ワールドカップ カタール 2022』番組公式テーマソングに

ツイート

LiSAの新曲「一斉ノ喝采」(よみ:いっせいのかっさい)が、ABEMA・テレビ朝日 FIFA ワールドカップ カタール 2022 番組公式テーマソングに決定した。

本楽曲は、ABEMA・テレビ朝日 FIFA ワールドカップ カタール 2022 番組公式テーマソングのためにLiSAが作詞を担当し、書き下ろした楽曲。《意味を求めて走ってきたけれど いつもそれは足跡だった 一度きりだろう 一度きりなんだろう 迷わず蹴り飛ばせよ》という歌詞からは、LiSAが走り抜けてきた歌手というフィールドに懸ける“情熱”と大会に参加される選手全員の“挑戦”が伝わって欲しいという想いがこめられている。また、作曲は19歳のシンガーソングライター・竹内羽瑠が手掛けた。

6月25日(土)に放送予定の「ABEMA」×テレビ朝日の共同制作特別番組『FIFA ワールドカップ64』では、楽曲の一部が先行公開される。楽曲に対してLiSA本人が語るインタビュー映像もあわせて見ることができるのでチェックしてほしい。







   ◆   ◆   ◆

■LiSA テキストコメント

Q1. FIFAワールドカップについて、どのようなイメージをお持ちか。
普段サッカーに身近でない方にとっても国の代表が国を挙げて戦っていくので、日本中がサッカーに熱狂すると思います。私自身、サッカーのことをいろいろと勉強している最中なのですが、熱狂的な友達が楽しむ姿を見ているとそのように感じます。

Q2. 今年、日韓ワールドカップ20周年ということに重ねて、今後、LiSAさんが大切にしたいことは何でしょうか。
直近10年でこれ程までの沢山の思い出や大切な曲ができ、次の10年どうやって生き抜いていこうかというのを10年経過したときに感じました。これから先10年、自分が変化していくなかで、今後も大事な曲たちを歌い続けていくことを大切な目標として頑張りたいと思います。

Q3. 今回の楽曲に込める思いについて教えてください。
何年後かはわからないですが、「一斉ノ喝采(いっせいのかっさい)」を制作した時、ワールドカップの選手やABEMAの皆さんが挑戦していく姿に対して、私自身が挑戦して生きていく姿に重ねながら書いていきました。また、現在までコロナ禍から抜けられていない状態にあり、いつものようにLIVEの中でお客さんが声を出せないなど、元通りになっていくのはすごく時間がかかると思っています。この数年で、大変な思いをした方も多くいらっしゃると思いますが、その中でも昨日をはみ出して乗り越えた先に、皆さんでいつかまた一斉ノ喝采ができる日が訪れることを願って作りました。まずは一番近い未来で、皆さんと一緒に声を出して喝采し合えるような日が来ることを願ってこの曲を歌いたいと思います。

Q4. LIVEで一体感を目指すための工夫をしていますか。
一緒にその空間を楽しめること。声だけではなく、手拍子や足踏み、ウェーブなど、皆さんが体で表現してくれることを楽曲の中に組み込みながら楽しんでいます。

Q5. 「昨日をはみ出せよ」という歌詞に関連して、昨日をはみ出すために挑戦していることは何ですか?
1日の終わりを「今日はいい日だ」と思えるようにしています。1日を振り返り、良かったことを見つけて、今日もいい日だったという気持ちで寝ています。また、その日に反省したことは、できるだけ次の日生かせるようにノートに書き留めています。
1日1日が、あっという間に過ぎてしまうので、目の前のことばかり考えてしまうと、一秒前に自分が反省しなければいけなかったことを考える余裕がないと思います。なので、家に帰ってから今日の振り返りをすることは、皆さんもやってみると楽しいかもしれないです。新しい発見があるかもしれないです。

Q6. 今回、ABEMAがFIFAワールドカップ全64試合を無料生中継することを聞いたときどう思いましたか。
途中から試合を視聴した時に、今試合がどのような状況なんだろうっていうのが可視化されているのに加えて、追っかけ視聴ができるのも有難いと思いました。私もスポーツ中継を見逃したときに、この時どうなったのかということを文字で追っていきます。その際、どうゆう状況で今この点数になっているのかを把握したいのですが、視聴に間に合わない時でもこれまでの場面を想像しながら観ることができるのはすごく有難いです。あとは、推し選手が映っているカメラを観たいので、マルチカメラで、様々な視点で視聴できるのはとても嬉しいです。

   ◆   ◆   ◆

■竹内羽瑠 テキストコメント

今回、自分の人生で初めて楽曲提供をさせて頂きました。
LiSAさんという存在、そしてサッカーワールドカップという2つの大きなエネルギーの中で、圧倒的に未熟な自分がどうすれば3つ目のエネルギーになれるのか、悩み続けた中で最高の答えが出せたと思います。僕は、全てのスポーツは見る人に力を与えてくれる不思議なパワーがあると感じていて、LiSAさんにも同じものを感じました。

   ◆   ◆   ◆

「一斉ノ喝采」(読み:イッセイノカッサイ)

ABEMA・テレビ朝日 FIFA ワールドカップ カタール 2022 番組公式テーマソング
■発売日・仕様:詳細は後日発表いたします。

作詞:LiSA
作曲:竹内羽瑠
編曲:江口亮

番組放送・配信情報

■「ABEMA」×テレビ朝日共同制作『FIFA ワールドカップ 64』番組概要
放送日:6月25日(土) 夜24時30分~夜25時15分
放送チャンネル:ABEMA SPECIAL 2・テレビ朝日系列
URL:

■ABEMA「FIFA ワールドカップ カタール 2022」
FIFA ワールドカップ カタール 2022 ABEMA 特設ページ
https://contents-abema.com/fifaworldcup/

FIFA ワールドカップ カタール 2022 完全ガイド by ABEMA
https://contents-abema.com/fifaworldcup/

【公式】FIFA ワールドカップ カタール 2022@ABEMA Twitter
https://twitter.com/fifawc_ABEMA

「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の日本史上初となる全64試合を無料生中継。
同時刻に別の場所で開催される試合を含めた全64試合を、フリックだけの手軽な操作にて視聴することが可能なほか、毎試合の名場面をまとめたダイジェスト映像の最速配信、数台のカメラ映像から好きなアングルを選ぶことができる試合のマルチアングル映像、声援を投げかけ合いながら観戦できる「コメント機能」、リアルタイムで見られなかった試合を好きな時に何度でも見ることができる「見逃し配信」、試合の途中からでも最初から視聴することができ「追っかけ再生」、「ABEMA」オリジナル企画など、本大会をあますことなく楽しむことができる様々な取り組みを提供予定です。さらに、スマートフォン、PC、タブレット、テレビデバイスなど、ライフスタイルに合わせていつでも視聴が可能で、FireTVやChromecast、またはSONY・SHARP・Panasonicなど各社のテレビデバイスの大画面で大会をお楽しみいただけます。詳しいご視聴方法はhttps://contents-abema.com/tv-howto/ をご確認ください。

■テレビ朝日系列ではグループステージ第2戦ほか、計10試合を放送
テレビ朝日系列では、11月27日(日)のグループステージ第2戦、日本vsコスタリカを含めて、計10試合を放送。さらに、ニュース、ハイライト番組などでも大いに盛り上げていきます!! 

【放送日程】
11月22日(火) メキシコvsポーランド 深夜1時キックオフ
11月24日(木) ポルトガルvsガーナ 深夜1時キックオフ
11月25日(金) オランダvsエクアドル 深夜1時キックオフ
11月26日(土) チュニジアvsオーストラリア よる7時キックオフ
11月26日(土) ポーランドvsサウジアラビア よる10時キックオフ
11月27日(日) 日本vsコスタリカ よる7時キックオフ
11月27日(日) ベルギーvsモロッコ よる10時キックオフ
11月29日(火) エクアドルvsセネガル 深夜0時キックオフ
12月7日(水)  ベスト16 午前4時キックオフ
12月14日(水)か15日(木) 準決勝 午前4時キックオフ
※キックオフ時間はすべて日本時間

この記事をツイート

この記事の関連情報