細野晴臣、5年ぶり大阪公演でニューアルバムの年内リリース予定を発表

ツイート


細野晴臣の2019年以来のライブとなる<細野晴臣 大阪中之島公演 2022>が、大阪市中央公会堂にて開催された。

ライブには、細野晴臣 with くくく(原田郁子&角銅真実)、ジム・オルーク×石橋英子、ゆりやんレトリィバァが出演。細野晴臣が大阪でライブを行うのは2017年のツアー以来ということもあり、チケットも即完するなど、大きな話題となっていた。

ステージに最初に出演したのはゆりやんレトリィバァ。前回の大阪公演にも出演するなど、以前から細野と交流があるゆりやんは「細野晴臣の秘密」をテーマにしたラップを披露するなど、「ゆりやんワールド」全開で会場を笑いに包み、次に登場したジム・オルーク×石橋英子のユニットは圧巻のインプロビゼーションで幻想的な音楽空間を作り上げる。今回細野とともに共演する原田郁子&角銅真実によるユニット「くくく」は、細野の「銀河鉄道の夜」「福は内 鬼は外」の独創的なカヴァーを披露した。



▲ゆりやんレトリィバァ



▲ジム・オルーク×石橋英子





▲くくく

暗転と同時にSEが流れ、いよいよ細野晴臣が登場。大きな拍手が鳴り響く中、くくくの二人を呼び込み「暑い中、来ていただいてすみませんね、暑いのは僕のせいじゃないけど・・・」と笑いを誘い、「Daysy Bell(Bicycle Built for Two)」からライブがスタート。2019年のアメリカ公演とその年末のイベント以降、楽器を触ることがなかった、という細野は今回のライブのためにギターを練習したことなどに触れつつも、「今日は講演会だからたくさん喋らないと」と少し照れるように話し、トークの度に細野節で笑いを誘った。





また、「今、実はレコーディングをしていて」と待望の新作の制作に入ったことを話すと会場は拍手が沸き起こり、「年内、間に合うかな。。」と少しとぼけるように語った。「ラモナ」「悲しみのラッキースター」「バナナ追分」など2011年にリリースされたアルバム『HoSoNoVa』に収録された楽曲をはじめ、細野が愛するカヴァー楽曲をくくくの二人と、途中打楽器でサポートに加わったユウタ(the jingle workshop)と共に披露、ジム・オルーク、石橋英子も加わり、「Watering a Flower」をセッションし、大きな盛り上がりの中、本編が終了した。

拍手が続く中、アンコールに細野が一人で飄々と再登場。この会場でできたことの喜びと感謝を語り、最後は名曲「ろっかばいまいべいびい」を披露し、ライブは幕を閉じた。





この記事をツイート

この記事の関連情報