HIROSHI WATANABE aka KAITO、テクノレーベル“SPECTRA”によるパーティ<SPECTRA LABEL SHOW Vol.25>に登場

ツイート

石野卓球やケンイシイ、リッチー・ホウウィンといった国内外のアーティストから支持を集めるhiroyuki arakawaが主宰する、ジャパニーズテクノレーベル「SPECTRA」によるパーティ<SPECTRA LABEL SHOW Vol.25>が渋谷SOUND MUSEUM VISION DEEP SPACE FLOORにて開催される。

◆<SPECTRA LABEL SHOW Vol.25> 関連画像


この日の渋谷SOUND MUSEUM VISIONは、本会場のレギュラーイベント<EDGE HOUSE>がGAIAにてハウス〜テックハウスにアプローチした次世代アーティスト発掘プログラムを掲げたリリースパーティを開催し、DEEP SPACE FLOORではSPECTRAがデトロイトテクノ〜ミニマルテクノに寄せ、がらりと異なる差別化したフロアを展開する。


今回の<SPECTRA>の見どころは、独エレクトロニック・レーベルKompaktや、デトロイトのレーベルTransmatからのリリースで、前人未到の快挙を成し遂げてきた、HIROSHI WATANABE aka KAITOによるDJと、ドイツの<RAVE THE PLANET>への出演を皮切りにミニマルな作風へとシフトしていくhiroyuki arakawaの最新ライブセットだ。HIROSHI WATANABE aka KAITOはHIROYUKI ARAKAWAの楽曲「NORDCULTURE」をリミックスし、秋葉原重工からフィジカルオンリーのアルバム「LENS REMIXES」でリリースを行うなどSPECTRAとはアーティスト的な関りも持っている。

また今回のフロアに出演するDJは、SPECTRAやTRONICでの楽曲コンペティションで2冠を勝ち取っているHisashi Aochiや、近年SPECTRAからのアルバム「HUNGRY GHOSTS」のリリースでTAKAAKI ITOやMARCO BEILEYから支持を集めて話題となったNeurojacker、レーベル設立時からDJプレイの定評を集めてきたHOWAKOといったレーベルアーティストが続く。さらにアンダーグランドに支持を集める数少ないルーミニマル実力派DJのAriaray、東京を拠点に数多くのパーティーやレイヴを企画するニュージェネレーション集団YOTAYOTAレジデントのLi Na Res Bryanが参加。この日、進化し続けるSPECTRAの新しい表現と熱量を存分に楽しんでほしい。


<SPECTRA LABEL SHOW Vol.25>

2022年7月1日(金)
渋谷SOUND MUSEUM VISION DEEP FLOOR
22:00〜05:00

GUEST DJ : HIROSHI WATANABE aka KAITO (Transmat | Kompakt)
LIVE: Hiroyuki Arakawa (SPECTRA)
DJ: Hisashi Aochi (TRONIC / SPECTRA)/Neurojacker (SPECTRA)/HOWAKO (SPECTRA)/Ariaray (Arimix)/Li Na Res Bryan (YOTAYOTA CREW)

◆ SPECTRA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報