AKAI Professional初の音楽制作用スタンドアロン・シンセサイザー・キーボード「MPC Key 61」

ツイート

AKAI Professionalから、ブランド史上初となる音楽制作用スタンドアロン・シンセサイザー・キーボードが登場。MPC伝統の16パッドとアフタータッチ対応の61鍵セミウェイト鍵盤を搭載、膨大なバーチャル・インストゥルメントとエフェクトを収録した「MPC Key 61」が6月24日に発売された。


▲「MPC Key 61」は、次世代のバーチャル・インストゥルメントとエフェクト、アフタータッチ対応の61鍵・セミウェイト鍵盤とMPCが1つになったワークステーション・タイプの音楽制作ツール。

正確なシーケンスとサンプリングのワークフローに加え、革新的なミキシング用プラグインとインストゥルメント・プラグイン、直感的なユーザーインターフェイスなどの最新の技術を採用したスタンドアロンMPCシリーズの機能はそのままに、アフタータッチ対応の61鍵セミウェイト鍵盤を搭載。「MPC Key 61」は、次世代音楽制作ツールの中核にふさわしいシンセサイザー・キーボードだ。

「MPC Key 61」の大きな魅力の一つがパワフルなサウンド。あらゆるジャンルの音楽にフィットする現代的な音質のサウンドを備えた25種類のユニークなインストゥルメント・プラグインを含むサウンド・パレットを用意。定番アコースティック楽器から未来的なシンセまで豊富なサウンドを収録。クリエイティブな音楽制作や表現力豊かな演奏が可能だ。その中から代表的なものを紹介しよう。

「Fabric XL」はダイナミックでパワフルなシンセエンジンと、サンプリングされたアコースティックサウンドを含むシンセサイザー。幅広いプリセットのセレクションは革新的なマルチサンプルベースのシンセ・エンジンによって最先端のパフォーマンスを実現するフラッグシップ・シンセだ。


「OPx4」は、その名のとおりFMのクラシックなサウンドを再現するパワフルな4オペレーターのFMのシンセ・エンジン。視認性と操作性が高く、インターフェイス上でエフェクトやパラメーターを操作することでサウンドデザインに没頭することができる。

「Stage Piano」「Session Strings」「Stage EP」「Organ」は、アコースティック楽器と電気機械式楽器のサウンドを提供するプラグイン。Stage Pianoは、SteinwayグランドピアノとBechsteinアップライトピアノを含む特別なコレクション。Session Stringsは繊細なソロ・ヴァイオリンから弓奏楽器の力強いアンサンブルまで、深みと奥行きのレイヤーを生み出せるオーケストラ楽器群だ。Stage EPの音色はRhodes、FM Electric Piano、Wurlitzerなどのクラシックなキーボードの音色を忠実に表現。レズリー・スピーカーのシミュレーションを使用したOrganプラグインでは、ソウルフルなハモンドオルガンの音色が再現できる。


本体にはこれらのインストゥルメントを表現力豊かに演奏できるアフタータッチ/ベロシティ対応セミウェイテッド・61鍵盤に加え、16個のベロシティ対応RGBバックライト付ドラムパッドを搭載。従来のMPCならではのビートメイキングとワークフローが実現する。トランスポートコントロール・ボタンセクションも備え、リズムやシーケンス作成もスムーズに行える。 視認性に優れた7インチ・マルチタッチ・スクリーンでは、あらゆるサウンドプリセットを直感的にブラウズ。 4つのQ-LINKノブはエンドレス・ノブとなっており、AIR Music Tech製の数々の賞を受賞したエフェクトなどのパラメーターアサインとコントロールが可能。リアルタイムにオートメーションを作成することができる。

さまざまな機器を接続でき柔軟なルーティングを実現するI/Oも特徴の一つ。MIDI Multi機能は最大32台のMIDIデバイスをUSB経由で接続可能。USB クラスコンプライアント・オーディオインターフェースを使用すれば入出力を最大32チャンネルまで拡張できる。USBキーボード、MIDIインターフェース、USB to CVモジュールなどさまざまなMIDI機器を同時に接続しルーティングすることも可能だ。また、ハイエンドプリアンプとAD/DAコンバーターを搭載した24bitオーディオインターフェイスを搭載しており、コンデンサーマイク用ファンタム電源付きコンボXLR/TRS 1/4インチ入力は専用のゲインノブを装備。2系統のメイン出力と2系統のサブ出力を装備しボーカルのレコーディングやギターやベースなど、あらゆる楽器のレコーディングが可能だ。


その他おもな特徴は以下のとおり。

・25種類のインストゥルメント・プラグイン
・アフタータッチ対応の61鍵・セミウェイト鍵盤で表現力豊かな演奏が可能
・4GBのRAM、Quad-core ARM(R)プロセッサーを搭載したパワフルなスタンドアロンマシン
・Note Repeat機能/ベロシティ対応RGBバックライト付ドラムパッド×16
・アサイナブル・タッチストリップ・コントローラー搭載
・INST/LINE入力切替 & ファンタム電源付きハイエンドプリアンプを搭載した入力を2系統装備
・高品位AD/DAコンバーターを搭載した24bitオーディオインターフェイスを搭載
・視認性に優れた7インチ・マルチタッチ・スクリーン搭載
・パワフルな128トラックMIDIシーケンサーを搭載
・Wi-Fi/Bluetooth 接続にも対応
・Q-Linkノブを4つ搭載し、さまざまなパラメーターをアサイン可能
・ピッチベンド・ホイール/モジュレーション・ホイール搭載
・トランスポートコントロール・ボタンセクション搭載
・USBクラス・コンプライアントのオーディオインターフェースやUSB MIDIデバイス対応
・ライン出力端子4系統装備
・8トラックのオーディオトラックを搭載
・アナログ・モジュール対応のCV/GATE出力8系統を搭載
・デスクトップ用DAWソフトウェアのMPC2を付属

製品情報

◆MPC Key 61
市場想定価格:198,000円(税込)
発売日:2022年6月24日
この記事をツイート

この記事の関連情報