オリヴィア・ロドリゴ、レディー・ガガを超える新記録達成

ツイート

オリヴィア・ロドリゴの『サワー』(2021年)が全米アルバム・チャート「Billboard 200」で通算52週目のトップ10入りを果たし、21世紀で最も長く10位圏内に入ったデビュー・アルバムとなった。

2021年5月21日にリリースされた『サワー』は、同年6月5日付のチャートで1位に初登場。2022年7月2日付の最新チャートでは10位にランクインした。これまで、2001年以降に発売されたデビュー・アルバムのトップ10入り記録としては、レディー・ガガ『ザ・フェイム』(2008年)の通算51週が最長だったという。

なお、オリヴィア・ロドリゴは現在、<SOUR TOUR>のヨーロッパ公演を開催中。6月25日に出演した英<グラストンベリー・フェスティバル>のステージにはリリー・アレンも登場し、1973年の「ロー対ウェイド」判決を覆す判断を下した米最高裁への一曲として「F**k You」を披露した。ツアーは7月7日まで続く予定となっている。





アルバム『サワー』|『SOUR』

2021年5月21日(金)発売
https://umj.lnk.to/OliviaRodrigo_SOUR_JPNSpecial 

この記事をツイート

この記事の関連情報