【速レポ】<京都大作戦2022>スカパラ・サウンドの包容力。“フェスならでは”満載のステージ

ツイート

目の眩むような日差しと暑さがたまらない13時半。源氏ノ舞台に颯爽と登場した東京スカパラダイスオーケストラ。

◆東京スカパラダイスオーケストラ ライブ写真

ペパーミントグリーンのスーツ姿が爽やかで視覚的にはクールダウンするような感覚だったが、「DOWN BEAT STOMP」でそのスーツをはためかせてプレイし、オーディエンスを興奮と熱気で包んでいくから凄まじい。何より、観るものの体を否応なしに突き動かす爆発的なアンサンブル、躍動感のあるプレイでステージが瞬時にして華やぐパフォーマンス、谷中敦(Baritone Sax)が熱い声を上げて演奏にさらなる燃料を注いでいくハイボルテージなステージに、晴れやかなフェスが帰ってきたことを実感する。曲終わりに掲げられるグラウンド一面のピースサインもまた、グッとくる。


1曲目からすでにボルテージがマックスなところから、さらに上昇する一方となったスカパラのステージ。続いては「10-FEET、25周年おめでとう」と谷中が10-FEET のTAKUMAを呼び込む。スカパラのスーツを見て「待たせたなメロンソーダちゃんたち」と言ってステージに登場したTAKUMAもまた夏らしい爽やかなスーツにパナマ帽姿で、「俺たちがきたからには安心だ。俺たちと(スカパラとを)合わせてクリームソーダになったよ」と茶目っ気たっぷりだ。



そしてTAKUMAを交えプレイするのは、それぞれのコラボ曲をマッシュアップした「閃光〜hammer Ska feat.TAKUMA」。京都大作戦での風物詩と言えるスカパラ×10-FEETのステージ。ライブ猛者同士、そして両者の間で長年築き上げてきた阿吽の呼吸とも言える間合いで、TAKUMAがステージを早足で横断しながら歌えば、スカパラメンバーもその後に続いてハーメルンの笛吹き男の状態でオーディエンスを盛り上げる。「hammer Ska」で10-FEET からNAOKIとKOUICHIも登場し、NAOKIが毎度のようにGAMO(Tenor Sax)にちょっかいを出し、サングラスを外したり、後ろから抱えあげたりとやりたい放題。NAOKIにされるがままの間、動じることなく演奏に徹しているGAMOというこの構図もまた最高だ。いつもながらのスペシャルな絡みが、こうしてまた目の前にできることが何よりも嬉しい。一挙一動に大きな拍手が上がり、オーディエンスの笑顔が見える。



「京都大作戦、開催おめでとう。たくさん集まってもらって嬉しいな。コロナ禍の2年の間音楽の現場で考えていたことは、みんな騒いで楽しかったなっていう思い出だった。その筆頭が、ここでした。京都大作戦、15周年おめでとう。思い切り楽しんでくれよな」(谷中)。

この言葉から今回のステージはさらにスペシャルなコラボが続く。続いては、スカパラの前のステージに登場しそこでもコラボをした宮崎朝子(SHISHAMO)が登場、「美しく燃える森 feat.宮崎朝子」を披露。大人っぽくメロウなスカビートに、ドットのドレスを揺らしながらゆったりとハイトーンを響かせる宮崎の歌がとてもいい。リリース作品では奥田民生がボーカルで男性が歌うイメージも強い曲だが、宮崎の歌は曲に新鮮さと、ファンタジックさを加えていて甘美な余韻を残す。暑さの中、幻影的なムードが広がっていく。



そんなとろけるひと時を束の間、「さらに上げていきますよ。体を使って、楽しさをアピールしてくれ」とGAMOが威勢よく声を上げて、「Paradice Has No Border」の狂騒へと突入する。ステージセンターでホーンセクションの4人と加藤隆志(G)がぎゅっとひとかたまりとなって客席を狙いすまし、エネルギッシュな音を打ち込んでいく。音に乗ってジャンプし、盛り上がるオーディエンスに、「オーライ、それじゃいつものやつやるから。声出さないでよ。タオル掲げたりして、アピールしてくれ。どこがいちばん盛り上がってるんだ?」(GAMO)という声に、グラウンド一面めいっぱい高くタオルが掲げられた。

「こっちか」いや「あっちか」とステージの下手、上手を移動して興奮を煽るホーンセクションに、オーディエンスは大きな拍手や手拍子で思いを返す。まだ歓声をあげることができないが、こうした大きなアクションや拍手で返すのが、コロナ禍のライブで培ってきたコミュニケーションだ。


そして後半もまたスペシャルゲスト、今回の<京都大作戦>には出演していないが、このステージのためだけにきたという04 Limited SazabysのGENが登場した。カジュアルなTシャツ姿で軽快にステップを踏みながら「銀河と迷路」を歌う。茂木欣一(Dr)とボーカルを分け合うように歌い、またダイナミックなホーンセクションに囲まれるようにしてハイトーンを響かせるGEN。哀愁感のあるメロディを歌い上げていく感じがいい。そしてこれまでも多彩なボーカルを迎えてコラボをし、どんな歌い手もウェルカムでハグを交わすような、スカパラ・サウンドの包容力を改めて思う。



「呼ばれてないのにきちゃいました。呼ばれてないのに調子に乗って俺らの曲やってもいいですか」というGEN。そして演奏されたのは04 Limited Sazabysの「Swim」だ。スカパラの演奏で歌うという、いつもとは一味ちがった贅沢さ。これもまたフェスならではだ。

「今日は本当にありがとう。We Are 東京スカパラダイスオーケストラ!」(谷中)という言葉から、印象的なギターとグルーヴィーなオルガン、そして心地よく跳ねるビートでスタートしたのは「Tongues Of Fire」。ステージのどこを切り取っても魅せる、まさに祭りなパフォーマンスで、上昇一方だったライブもいよいよクライマックス。軽々と楽器を掲げるようにプレイし、体の一部かのように躍動させ、全身でグルーヴしていくスカパラ。爽やかに汗をほとばしらせて、口々に「また会おうぜ」「暑さに気をつけて」と言って笑顔でステージを終えたバンドに、大きな大きな拍手が送られた。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎青木カズロー/瀧本 JON...行秀

セットリスト

1.DOWN BEAT STOMP
2.閃光〜hammer ska feat.TAKUMA
3.美しく燃える森 feat.宮崎朝子
4.Paradise Has No Border
5.銀河と迷路〜swim feat.GEN
6.TONGUES OF FIRE

■10-FEET主催<京都大作戦2022 〜今年こそ全フェス開祭!〜>MISSION IMPOSSIBLE-KYOTO 2022 ~Hope for whole day festivals this year!~

2022年7月02日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月03日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月09日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月10日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
open9:30/start11:00

■出演アーティスト ※50音順■
▼7月02日(土)
【源氏ノ舞台】打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
▼7月03日(日)
【源氏ノ舞台】Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 四星球 / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】Age Factory / THE冠 / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN
▼7月09日(土)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN / The BONEZ / サンボマスター / 10-FEET / Dragon Ash / Vaundy / My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】上江洌.清作&The BK Sounds!! / go!go!vanillas / SHE'll SLEEP / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / Dizzy Sunfist / NOISEMAKER
▼7月10日(日)
【源氏ノ舞台】クリープハイプ / Ken Yokoyama / 湘南乃風 / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】KOTORI / Saucy Dog / SHIMA / TETORA / Paledusk / HOTSQUALL
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際チケット代金の払戻しは行いませんので、予めご了承下さい。

▼チケット料金
1日券 8,778円(税込) /前2日券 17,556円(税込) /後2日券 17,556円(税込)

▼チケットに関するお問い合わせ
(問)インフォメーションセンター(平日のみ)
https://ticket.kyoto-daisakusen.kyoto/contact

▼公演に関するお問い合わせ
(問)サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp/contact/
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)

【京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策について】
「京都大作戦2022」では、新型コロナウイルス感染症の予防と感染拡大防止及び、お客様・出演者・スタッフの安全を確保するべく、感染症対策ガイドラインを定め、対応に最善を尽くして参ります。チケットのご購入ならびにご来場に際しましては、必ずご確認いただき、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。(オフィシャルサイト掲載文言抜粋)
京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン:https://kyoto-daisakusen.kyoto/22/guideline/

この記事をツイート

この記事の関連情報