【速レポ】<京都大作戦2022>四星球、「誰かの代わりはできないんですよ。僕たちの代わりも誰もできないだろうなと」

ツイート

「京都大作戦、源氏ノ舞台で光り輝いてみせます。光る、源氏です。光ってきたよー、源氏ノ舞台に光GENJIがやってきたよー」と北島康雄(Vo)がいうと、光GENJIの「パラダイス銀河」が鳴り響いて、白タンクトップに短いデニム姿、そしてローラースケートでモリス(Dr)、U太(B)、まさやん(G)が登場。

◆四星球 ライブ写真

今日のために練習してきたそうだが、だいぶへっぴり腰でよろよろしながら定位置に着き、まさやんはステージ袖から出てきた段ボール製の山に張り付いて「大文字焼き!」と京都らしさも添える。のっけから、やりたい放題の四星球の登場だ。



そして「四星球の“パラダイス銀河”」といって「Mr.Cosmo」に突入。手拍子するオーディエンスにもっともっとと煽り、「丘の上とか、全然あかんやん。そんなんだったらいつでもこれ出しますよ」(北島)と、自前で作った“終幕”(<京都大作戦>で一日の終わりに掲げられる垂れ幕)をオーディエンスに突きつける。


そのほかにも京都にちなんで、「Mr.Cosmo」に出てくるUFOではなくポルノ超特急(ROTTENGRAFFTY主催のフェス)や京都タワーが出たきたりと、ステージには段ボーラー・まさやんによる小道具がところ狭しと並んでいく。


「なんで今日、四星球がど真ん中の時間に出てるかわかる? 要するに休憩時間、ブレイクタイムです。ブレイクってわかるかな、壊れるって意味。ぶっ壊れて帰ってくださいよ。俺たちはこのがんじがらめのロックシーンをぶっ壊しにきました!」(北島)と絶好調で畳み掛けてくる。



みなさんに笑ってもらうためにきましたと言って、小道具満載で、そしてバンドとしての演奏スキルが高いこそのドタバタな展開やコントのごとき緩急を成立させていくわけだが、その一方で「薬草」は熱い歌心を直球で心に打ち込んで揺さぶる。後半に演奏した、森高千里「私がオバさんになっても」の“無許可”アンサーソング「君はオバさんにならない」もまた然りで、ハートフルで素敵な愛に溢れた歌だ。笑いにも熱い表現にも半端な部分がないから、どちらもまっすぐに打ち抜くことができるのだろう。



「短いなかにすべてを注ぎ込んだ曲があるので、歌っていいですか。心を込めて歌います」(北島)と歌ったのは「時間がないときのRIVER」。10-FEETの名曲「RIVER」からの一節を全身全霊で歌い、「体力消費しちゃったので休ませてもらっていいですか」とステージにうずくまった北島の姿に、まさやんが「あれ、これ生まれたての馬じゃない? みなさん今日ラッキーです。生まれたての馬が立ち上がる瞬間に立ち会えますよ!」と、続くは新曲へ。




軽快なビートとポップな歌で、立ち上がろうと奮闘する馬を応援する(?)この曲のタイトルは「UMA WITH A MISSION」。「心は馬、体は人間、「UMA WITH A MISSION」という曲です」と北島がいうと、MAN WITH A MISSION風のロゴで描かれたタイトルが掲げられる。さらにもう1曲、浮かんだから歌っていいかと「♪馬は鳴いた、ヒヒンと鳴いた。ヒヒーン──「時間がないときのUMA」でした」というおまけ付き。

後半は、ライブのテッパン曲「妖怪泣き笑い」「クラーク博士と僕」でクライマックスへと駆け上っていく。「京都大作戦は2016年から毎年、開催された年は全部出させてもらってます。でも、2019年、2021年、2022年は、出れなくなったバンドの代わりにきてます。そろそろちゃんと呼んでくださーい! 誰かの代わりはできないんですよ。逆にいうと、僕たちの代わりも誰もできないだろうなと毎年やっています。みなさんの代わりもいないですからね。みなさんがここにきた足跡、しっかり残して帰ってください」(北島)。


そう言って大きなジャンプを起こし、「開催された年は毎年出ているって言いましたよね、これは裏を返せば、四星球が出れば開催されるということです。発表します! <京都大作戦2023>第1弾アーティスト四星球でした、ありがとうございました!」(北島)と大・大フライング(?)で発表し、会場を拍手で包んでいった。





最後は京都タワーをぶん投げ、舞台袖の10-FEETを呼びつけ京都タワーで倒し、北島も倒された挙句、再び馬のくだりが繰り返され──という大回転ぶりで、大暴れなステージとなった四星球。さらに、「UMA WITH A MISSION」のパネルや京都タワーのビル部分のパーツを組み合わせると、“10-FEET 25th”となる、10-FEETを祝福する愛情たっぷりの仕込みでも驚かせた。今年結成20周年を迎え、10月には地元徳島でフェスを開催する四星球、そのフェスもまた代えの効かない彼ららしさに溢れたものになるのだろう。



取材・文◎吉羽さおり
撮影◎青木カズロー

セットリスト

1.Mr.Cosmo
2.薬草
3.時間がないときのRIVER
4.UMA WITH A MISSION
5.時間がないときのUMA
6.君はオバさんにならない
7.妖怪泣き笑い
8.クラーク博士と僕

■10-FEET主催<京都大作戦2022 〜今年こそ全フェス開祭!〜>MISSION IMPOSSIBLE-KYOTO 2022 ~Hope for whole day festivals this year!~

2022年7月02日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月03日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月09日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月10日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
open9:30/start11:00

■出演アーティスト ※50音順■
▼7月02日(土)
【源氏ノ舞台】打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
▼7月03日(日)
【源氏ノ舞台】Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 四星球 / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】Age Factory / THE冠 / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN
▼7月09日(土)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN / The BONEZ / サンボマスター / 10-FEET / Dragon Ash / Vaundy / My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】上江洌.清作&The BK Sounds!! / go!go!vanillas / SHE'll SLEEP / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / Dizzy Sunfist / NOISEMAKER
▼7月10日(日)
【源氏ノ舞台】クリープハイプ / Ken Yokoyama / 湘南乃風 / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】KOTORI / Saucy Dog / SHIMA / TETORA / Paledusk / HOTSQUALL
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際チケット代金の払戻しは行いませんので、予めご了承下さい。

▼チケット料金
1日券 8,778円(税込) /前2日券 17,556円(税込) /後2日券 17,556円(税込)

▼チケットに関するお問い合わせ
(問)インフォメーションセンター(平日のみ)
https://ticket.kyoto-daisakusen.kyoto/contact

▼公演に関するお問い合わせ
(問)サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp/contact/
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)

【京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策について】
「京都大作戦2022」では、新型コロナウイルス感染症の予防と感染拡大防止及び、お客様・出演者・スタッフの安全を確保するべく、感染症対策ガイドラインを定め、対応に最善を尽くして参ります。チケットのご購入ならびにご来場に際しましては、必ずご確認いただき、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。(オフィシャルサイト掲載文言抜粋)
京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン:https://kyoto-daisakusen.kyoto/22/guideline/

この記事をツイート

この記事の関連情報