【速レポ】<京都大作戦2022>SiM、「確実なのはひとつだけ。今この瞬間、オマエに向けてSiMが音を出している」

ツイート

サイレン音が太陽が丘に鳴り響いたのは16時。SiMの登場を知らせる警告の調べでもある。そして登場したのはSIN (B)、GODRi (Dr)、SHOW-HATE (G)の3人。呼吸を合わせ、一発、音を轟かせた。それを合図にステージ袖から勇ましい姿を現わしたMAH。

◆SiM ライブ写真

そのまま突入したのは、ヘヴィネスなイントロが脳内をしびれさせる「The Rumbling」。これでもかというぐらいの重低音であり、全身を刺激しまくる。SiMの音に呪縛されたようにヘッドバンギングを繰り返し、腕を上げるオーディエンスの姿が太陽が丘に広がった。この場を支配したような笑みというか、睨みを見せるのはMAHだ。そのMAHが今度は、腕を時計の秒針のように動かし始めた。となれば、あの曲しかない。「Faster Than The Clock」と続き、オーディエンスをさらに狂わせていった。





もうコロナ禍になって長い。ライブバンドの多くが、この状況に合わせた新たなルールに悩み、戸惑った。しかしコロナ禍が始まって2年以上経ち、その間に何度ものステージを重ね、自分たちで主催フェス<DEAD POP FESTiVAL>を動かしているSiM。経験値が違うのだ。彼らにとって試行錯誤の時間はもうとっくに過ぎた。そう思ったのは、躊躇なくオーディエンスに煽りを食らわせているからだ。コロナ禍を理由にした、おとなしいライブパフォームもSiMには無縁だ。

「Set me free」では、お立ち台に乗ったSHOW-HATEが、速弾きやタッピングなど、華麗で派手なワザを見せつけるように弾きまくる。そしてオーディエンスは覚醒され続け、楽しさの極地へと突っ走る。その先にあるのは、気持ちの解放感や自由さ。


「おい、梅雨明けたんちゃうかい! なんなんだ、あの雲は。昨日まで晴れてたのにさ」──MAH

指さす先には、灰色をした大きな雲が広がっていた。

「俺、ほんとに10-FEETは呪われていると思います。マジでヤバイと思う。10-FEETっててるてる坊主出してますよね、グッズで。てんてん坊主っていう効果が全然ないやつ。1コインで買えるやつ。でも天候を味方につけたこと1回もないでしょ。そこへ行くとですよ…」──MAH

怪しいテレビショッピングの司会者のようなトークだ。そしてポケットから何かを取り出して、みんなに見せたのは、<DEAD POP FESTiVAL>のグッズ=てるてる悪魔ちゃんだった。



「かわいいでしょ。これ1500円なんですよ。まあまあ、3倍。その分、<DEAD POP>はゴリッゴリに晴れ。今年も2日間、快晴。しかも雲ひとつなく、昨日の10-FEETと違って、風も吹く気持ちのいい晴れ。世の中、けしてお金じゃない。ただ、お金で買えるものは、お金で解決したっていいと思う。500円をドブに捨てるようなことするなら」

スクリーンには、ステージ袖から観ている10-FEETの姿が大写し。それも苦々しい表情で。すると、袖にいるNAOKIを見つけたMAHがこう語った。

「取りにおいで。これ、あげるから。これで来週、晴れるから」──MAH

不満そうな表情でてるてる悪魔ちゃんを受け取り、悔しそうな顔で「なんか、晴れる気がするわ」と言い放ったのはNAOKIだ。しかし、数々の伝説的MCを残してきたMAHが、今回は天気に掛けてグッズまでイジるとは。何をイジってもいいという両者の気心知れた間柄も見えてくる。





「歌えない大作戦、暴れられない大作戦。俺はこれはこれで好きだよ。ただ、(コロナ禍の)この状況に慣れないで。絶対におかしいから。いつか大声でこの歌を歌ってほしい」──MAH

「YO HO」から演奏に再び突入。前のようなでっかい歌声に代わり、腕をでかく動かし、ステップを踏み、バンドとひとつになっていくオーディエンス。ライブの試行錯誤の時期は過ぎたのかもしれないが、やっぱり、彼らはこの状況とずっと闘っていた。「BASEBALL BAT」を終えたときには、スポーツ観戦で得点が入ったときの歓声はいいらしい、という何かで見た報道にも触れる。

「なんかあるんでしょうね、よく分からない線引きが。もちろん来年は取り戻せるもん全部取り戻してやろうぜ」──MAH


今では<京都大作戦>の常連であり、10-FEETとは良き相棒であるSiM。彼らからのその言葉は頼もしい。大きな拍手が起こった。しかし、シリアスな顔でこうも言葉を続けた。

「でもマジでオマエら、油断するな。ここは<京都大作戦>です。何かしらあるのが大作戦です。俺は10-FEETが苦しんでいる姿を何回も見てきました。そこから立ち上がる姿も、そばで何度も見てきました。2008年から毎年通い続けている俺にしか言えない言葉だと思う。もう1回、言います。マジ、油断すんなよ。5分後のことも何が起こるかわかりません。確実なのはひとつだけ。今、この瞬間、オマエがそこに立っている、オマエに向けてSiMが音を出しているってこと。とにかく今、この瞬間に全てを懸けてやれ。京都、死ぬ気で、死ぬ気で来いや!」──MAH

それを合図に「KiLLiNG ME」が炸裂。SiMのやんちゃ部隊であるSINとSHOW-HATEが、グリグリと回転しながら激しく弾きまくり、支配者=MAHはあちこちを煽りながら言葉を叩きつける。途中のブレイクでオーディエンスを座らせ、カウントで一斉にジャンプなど、ライブは支配者の思うがままだ。

ところがである。支配者が思い通りにいかなかったのは時間。すでに持ち時間の最後は近づいていた。そこで本日は特別バージョンで超速い「Blah Blah Blah」へ。本気かよ!?って表情で叩くGODRi、なんだこりゃって半分笑いながら弾くSINとSHOW-HATE。MAHは激しく歌いまくるが、エンディングでは息がゼーゼー状態。言った本人の予言通り、本当に何が起こるのかわからないのが<京都大作戦>である。油断は禁物だ。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN/瀧本 JON...行秀/青木カズロー

セットリスト

1. The Rumbling
2. Faster Than The Clock
3. Set me free
4. YO HO
5. BASEBALL BAT
6. KiLLiNG ME
7. Blah Blah Blah

■10-FEET主催<京都大作戦2022 〜今年こそ全フェス開祭!〜>MISSION IMPOSSIBLE-KYOTO 2022 ~Hope for whole day festivals this year!~

2022年7月02日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月03日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月09日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月10日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
open9:30/start11:00

■出演アーティスト ※50音順■
▼7月02日(土)
【源氏ノ舞台】打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
▼7月03日(日)
【源氏ノ舞台】Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 四星球 / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】Age Factory / THE冠 / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN
▼7月09日(土)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN / The BONEZ / サンボマスター / 10-FEET / Dragon Ash / Vaundy / My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】上江洌.清作&The BK Sounds!! / go!go!vanillas / SHE'll SLEEP / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / Dizzy Sunfist / NOISEMAKER
▼7月10日(日)
【源氏ノ舞台】クリープハイプ / Ken Yokoyama / 湘南乃風 / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】KOTORI / Saucy Dog / SHIMA / TETORA / Paledusk / HOTSQUALL
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際チケット代金の払戻しは行いませんので、予めご了承下さい。

▼チケット料金
1日券 8,778円(税込) /前2日券 17,556円(税込) /後2日券 17,556円(税込)

▼チケットに関するお問い合わせ
(問)インフォメーションセンター(平日のみ)
https://ticket.kyoto-daisakusen.kyoto/contact

▼公演に関するお問い合わせ
(問)サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp/contact/
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)

【京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策について】
「京都大作戦2022」では、新型コロナウイルス感染症の予防と感染拡大防止及び、お客様・出演者・スタッフの安全を確保するべく、感染症対策ガイドラインを定め、対応に最善を尽くして参ります。チケットのご購入ならびにご来場に際しましては、必ずご確認いただき、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。(オフィシャルサイト掲載文言抜粋)
京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン:https://kyoto-daisakusen.kyoto/22/guideline/

この記事をツイート

この記事の関連情報