【速レポ】<京都大作戦2022>WANIMA 、心も体も解き放つエネルギーのやりとり「やっぱ京都最高やな」

ツイート

「JUICE UP!!のテーマ」にのって勢いよく登場したWANIMAの3人は、オーディエンスの手拍子を何倍にも大きくするようにステージを左右に走り、冒頭からパワフルだ。今日は、雨に振られたり地面がぬかるんでいたりと、前日の暑さとはまたちがった体力を使ったが、フェス終盤となったこの時間となってもオーディエンスはその音楽に反応して笑顔で手拍子をする。

◆WANIMA ライブ写真

「京都大作戦に、京都大作戦に、WANIMAが、WANIMAが、帰ってきたぞ! 最後の10-FEETにバトンをつなぐセットリストを持ってきた。地面はぐちゃぐちゃだけど、ついてこれるか」というKENTA(Vo,B)に、一斉に手が上がって、ハイボルテージな「いいから」で一気に盛り上がっていく。1曲目にして、ぐんぐんと温度が上昇していくバンドのアンサンブルと、前のめりになってその音を浴びるオーディエンスの熱がせめぎ合う。


「ちょっと雨が降りそうやけど、心だけは晴れてくれ」(KENTA)。そんな言葉からKO-SHIN(G,Cho)が軽快にギターを刻み、FUJI(Dr,Cho)がエネルギッシュなビートを加速させていく「雨あがり」では、ブライトなメロディと抜群のコーラスワークでも楽しませる。より自由に、音に乗って思い思いに踊り、ジャンプする空間を生み出していくタフなバンド感がいい。


そして間髪入れずに、KENTAのハイトーンなボーカルで興奮のメーターをあげていくショートチューン「Hey Lady」から「Cheddar Flavor」と連投。様々なリズムが駆使されたプログレッシヴな展開でいて、とことんキャッチーでポップに響く「Cheddar Flavor」はライブ映えが抜群だ。そのサウンドが持つ遊び心が、オーディエンスの心も体も解き放つパワーを持っている。


この日のセットリストはノンストップでどこまでも、興奮の、あるいは感動やあったかさの心拍を上げていく流れになっていた。KENTAがマイクを手に取り、大きく息を吸い込んで、会場の隅々まで届けるようにステージを闊歩して歌った「昨日の歌」、3ピースのミニマムな音でいてアンサンブルとコーラスの巧さで重厚なグルーヴを見せつける「Japanese Pride」。次々に繰り出される曲に全身で応えるオーディエンスに、「やっぱ京都最高やな」(KENTA)と言ってさらなる馬力で返していくWANIMA。生のライブという場だからこその、エネルギーのやりとりが目に見えるようでもある。


「今日ここに集まったみんなに、10-FEETにありがとうを込めて歌わせて」(KENTA)と歌うように語りスタートした「THANX」は、コロナ禍以前なら大合唱だっただろう(他の曲もそうだが)。今、オーディエンスはシンガロングはできないけれど、3人で歌おう、ここにいるみんなで10-FEETに歌おうと、みんなの想いも背負って力強く、エモーショナルに歌い上げる。


一体感をさらに拡大するように「後ろの方、丘もいくぞ!」(KENTA)とパワー全開にした「BIG UP」では、KENTAもKO-SHINもステージをフルで使ってダイナミックにプレイし、そのど真ん中でFUJIがどっしりとしたビートでサウンドの自由度をグッと広げていった。

「くだらない毎日に優しさをくれたこと、これからもずっと忘れずに生きるけん、何も言わなくていい、ただそばにおってくれ。ただそばにおってくれ……」(KENTA)。語りかけるようにスタートしたのは、10-FEETの「VIBES BY VIBES」。頭の言葉は、歌詞のフレーズを熊本出身のWANIMAならではの言葉で語ったものだ。


改めて10-FEETへのありがとうを伝え曲をスタートすると、10-FEETの3人も登場してステージ上はいちだんと賑やかになる。KOUICHI(Dr,Cho)がギターを持ち歌い出すも後半グダグダになってTAKUMA(Vo,G)が引き継いでいく展開になりながらも、6人で陽性度を増した「VIBES BY VIBES」を見せるという最高のコラボ。曲の締めくくりで、楽しそうに全員で何度もジャンプをする弾け具合は、このステージでしか見られないものだろう。



そして、ラストは「ともに」。この日、この時間を分かち合うように、最後の一音までオーディエンスとの時間を味わい尽くすように歌われた「ともに」で、KENTAは今日いちばんの高いジャンプをキメると、「次は、10-FEET。ありがとう!」と熱々のバトンを10-FEETにつないでいった。


取材・文◎吉羽さおり
撮影◎瀧本 JON...行秀

セットリスト

1.いいから
2.雨あがり
3.Hey Lady
4.Cheddar Flavor
5.昨日の歌
6.Japanese Pride
7.THANX
8.BIG UP
9.VIBES BY VIBES
10.ともに

■10-FEET主催<京都大作戦2022 〜今年こそ全フェス開祭!〜>MISSION IMPOSSIBLE-KYOTO 2022 ~Hope for whole day festivals this year!~

2022年7月02日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月03日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月09日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月10日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
open9:30/start11:00

■出演アーティスト ※50音順■
▼7月02日(土)
【源氏ノ舞台】打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
▼7月03日(日)
【源氏ノ舞台】Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 四星球 / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】Age Factory / THE冠 / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN
▼7月09日(土)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN / The BONEZ / サンボマスター / 10-FEET / Dragon Ash / Vaundy / My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】上江洌.清作&The BK Sounds!! / go!go!vanillas / SHE'll SLEEP / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / Dizzy Sunfist / NOISEMAKER
▼7月10日(日)
【源氏ノ舞台】クリープハイプ / Ken Yokoyama / 湘南乃風 / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】KOTORI / Saucy Dog / SHIMA / TETORA / Paledusk / HOTSQUALL
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際チケット代金の払戻しは行いませんので、予めご了承下さい。

▼チケット料金
1日券 8,778円(税込) /前2日券 17,556円(税込) /後2日券 17,556円(税込)

▼チケットに関するお問い合わせ
(問)インフォメーションセンター(平日のみ)
https://ticket.kyoto-daisakusen.kyoto/contact

▼公演に関するお問い合わせ
(問)サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp/contact/
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)

【京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策について】
「京都大作戦2022」では、新型コロナウイルス感染症の予防と感染拡大防止及び、お客様・出演者・スタッフの安全を確保するべく、感染症対策ガイドラインを定め、対応に最善を尽くして参ります。チケットのご購入ならびにご来場に際しましては、必ずご確認いただき、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。(オフィシャルサイト掲載文言抜粋)
京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン:https://kyoto-daisakusen.kyoto/22/guideline/

この記事をツイート

この記事の関連情報