<スタジアム・ツアー>参加中のポイズン、ブレット・マイケルズが体調不良で出演中止

ツイート

モトリー・クルー、デフ・レパード、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツと<The Stadium>北米ツアー中のポイズンが、フロントマン、ブレット・マイケルズの体調不良により、木曜日(6月30日)ナッシュビルで開催された公演への出演を急きょ中止した。

◆ポイズン画像

『Blabbermouth.net』によると、バンドは当日、関係者に新型コロナウイルス陽性者が出たため、ファンとのミート&グリートをキャンセルすると発表したという。そのときは、パフォーマンスは予定どおり行うとあったが、公演の時間になるとポイズンのメンバーがステージに上がり、マイケルズが薬に対するアレルギー反応を示し、病院にいるため、今夜のパフォーマンスを中止すると告知したそうだ。

マイケルズはインスリン注射が必要な1型糖尿病を患っており、新型コロナウイルスに関連する薬によくない反応を示したのではないかと伝えるメディアもあるが、バンド側から正式な発表はなされていない。

マイケルズは2020年春、クルーズ・フェスティバル<The 80s Cruise>への出演を中止した際、「糖尿病は極度の免疫障害を引き起こす。かかりつけの医者と糖尿病の専門家は、俺はウイルスに感染するリスクが高いため、今回は見合わせるよう忠告してきた」と話していた。

前日(29日)、彼のSNSにはライブ写真やバンド・メイトのリッキー・ロケット(Dr)、モトリー・クルーのヴィンス・ニール(Vo)らと撮影した笑顔の写真が投稿されており、普段と変わらない様子だった。

<The Stadium>ツアーは次回、土曜日(7月2日)にフロリダ州ジャクソンビルで開かれる。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報