FLOW、Aimer、藍井エイルら日本アーティスト陣がサウジアラビア<Anime Village>に出演。現地大盛況

ツイート

サウジアラビアの首都リヤドに次ぐ大都市、ジェッダにて国民的イベント<Jedda Season 2022>が開催され、その中の<Anime Village>エリアに日本からFLOW、Aimer、藍井エイル、SennaRinらSACRA MUSIC所属アーティストをはじめ、DJ和、miwa、ALIが出演。ソニー・ミュージックレーベルズからは合計7組のアーティストが現地にてライブパフォーマンスを披露した。

今年の5/2(月)から2か月間に渡って開催された<Jedda Season 2022>には、中東各国から総勢600万人の観客が集まった。5/19(木)~7/2(土)にはイベント内のCity Walkエリアに45日間で約100万人を動員し、同エリア内に併設されたアニメのイベントエリア<Anime Village>では毎週末コンサートが開かれ、アニメ作品とゆかりのあるアーティストが集結した形だ。


<Anime Village(Jedda Season 2022)>でのコンサート初日の5/20(金)、こけら落としを担当したのは藍井エイル。数々の海外イベントに出演してきた藍井エイルだが、サウジアラビアでのライブは今回が初となる。「流星」(TVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』オープニングテーマ)、「シリウス」(TVアニメ『キルラキル』オープニングテーマ)を含む数々のアニメタイアップ作品を披露し幕を開けた。


6/10(金)にはFLOWがライブを行った。2019年にリヤドで開催された<SAUDI ANIME EXPO 2019>に続いて、今回が彼らにとって2度目のサウジアラビアでのライブとなった。集まったファンに囲まれて「GO!!!」(アニメ『NARUTO -ナルト-』オープニングテーマ)や、「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(アニメ『ドラゴンボールZ』オープニングテーマ カバー)など人気楽曲を立て続けに披露した。



翌週6/18(土)のステージに出演したのは、今年4月にSACRA MUSICからメジャーデビューした澤野弘之プロデュースの新人SennaRin。国内でもまだワンマンライブをやっていない中、海外での初ライブパフォーマンスが「Anime Village(Jedda Season 2022)」のステージとなった。今回は自身の楽曲だけではなく、「SennaRin from SawnoHiroyuki[nZk]」として「Into the Sky」(『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』オープニングテーマ)、「aLIEz」(アニメ『アルドノア・ゼロ』 エンディングテーマ)など「SawanoHiroyuki[nZk]」*の人気楽曲を現地のファンに届けた。
(* SawanoHiroyuki[nZk]とは、作曲家・澤野弘之のボーカルプロジェクト)



そして、6/29(水)<Anime Village(Jedda Season 2022)>の最終ライブ公演日。グランドフィナーレを飾ったのはAimer。彼女にとっても初となるサウジアラビアでのステージでは、『TVアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』よりオープニングテーマ「残響散歌」・エンディングテーマ「朝が来る」の2曲、そして「StarRingChild」(『機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」』)などを披露した。

<Anime Village>概要

開催日時:2022年5月19日(木)~7月2日(土)
会場:「ジェッダ・シーズン2022」内シティウォークエリア

◆ソニーミュージック公式サイト
◆SACRA MUSIC公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報