ポイズン、ブレット・マイケルズが回復しスタジアム・ツアーに復帰

ツイート

先週木曜日(6月30日)、フロントマン、ブレット・マイケルズの体調不良により<The Stadium>ツアーのナッシュビル公演への出演を中止したポイズンが、土曜日(7月2日)にジャクソンビルで開かれた次の公演で早くも復帰した。

◆ポイズン画像

ただ、医師からなるべく長く休み、パフォーマンスのためにエネルギーを蓄えておくよう忠告されたため、公演前に行われたファンとのミート&グリートには参加しなかったそうだ。

マイケルズはパフォーマンス前にビデオ・メッセージをSNSに投稿し、ファンから寄せられたお見舞いの言葉への感謝を述べると共に「ロックする準備はできている。いま俺が持つ1000%の力を注ぎ込む」と話した。

バンドはこの日、現行のツアーにおける通常のセット(11曲)よりは短かったものの、7曲をエネルギッシュにプレイしたという。

ポイズンは30日、マイケルズを除くメンバーがステージに立ち、マイケルズが薬に対するアレルギー反応を示し、病院にいるため、その夜のパフォーマンスを中止すると告知した。マイケルズはその後、予期せぬ合併症により病院で治療を受けたと説明していた。





デフ・レパードとモトリー・クルー、ポイズン、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの<The Stadium>北米ツアーは9月9日まで開催される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報