三上ちさこ、根岸孝旨&保本真吾とのタッグによる「レプリカント(絶滅危惧種)」をリリース

ツイート

三上ちさこが、fla-foaを手掛けた根岸孝旨と、SEKAI NO OWARIなどを手掛ける保本真吾がタッグを組んでプロデュースした楽曲「レプリカント(絶滅危惧種)」をデジタルシングルとしてリリースした。

「レプリカント(絶滅危惧種)」は、コロナ禍で感じた経験を赤裸々に歌詞に落とし込み、これまで生きてきた軌跡を、これからの未来を生きていくための希望にしようと歌う、今の三上ちさこらしい前向きなアンセム。根岸がサウンドアレンジを担い、彼のバンドメイトでもある西川進(Gt)、屋敷豪太(Dr)という最強のメンバーが演奏を披露。どっしり聴かせるロックサウンドに、ストリングスが壮麗に絡み合う美しい1曲に仕上がっている。

三上ちさこの2022年の活動は、三上がデビューしたバンド「fra-foa」のプロデューサーを務めた根岸孝旨との20年振りのレコーディングからスタート。三上自身の20年間の活動を「今」の想いで作り上げて新しい未来へとつなげていくのが、今作の立ち位置だ。

この「レプリカント(絶滅危惧種)」を携えてコロナ禍によって2年延期になっていたデビュー20周年アニバーサリLIVE<Re: Born 20+2 Anniversary Live-三度目の正直->を根岸孝旨がBa&バンマスとなり、西川進(Gt)、平里修一(Dr)という面々と5/25に行い、チケットもSoldOutの大盛況となった。8月~9月は、新進気鋭のギタリスト&シンガーソングライター坂上太一とのコンビを組み、アコースティックLIVEツアーを予定している。歌とアコースティックギターのみ、という三上にとって初めてのスタイル。6月に行われたZIP FM主催のライブサーキット<SAKAE SP-RING>にこのスタイルで参画し、入場規制がかかるほど盛大な盛り上がりを見せた。


リリース情報

「レプリカント(絶滅危惧種)」
作詞作曲: 三上ちさこ 編曲:根岸孝旨、保本真吾
品番:SSSA-9030 配信シングル
発売日: 2022年7月6日(水)
Music Video:7/13(水)公開予定
Linkfire:
◆https://nex-tone.link/A00101135
この記事をツイート

この記事の関連情報