【速レポ】<京都大作戦2022>ROTTENGRAFFTY、「ACIDMANの思いも乗せ、生きていたら何度でもやり直せることを証明」

ツイート

ちょうどROTTENGRAFFTYのサウンドチェックを行なっていたときだ。でかい雷が一発、太陽が丘から離れた上空に光った。直後、何発かの雷鳴が鳴り、徐々に近づいてくる。そして雨の降り方も酷くなり始めた。そのためROTTENGRAFFTYのライブスタートを予定よりも遅らせることに。スタートしたのは予定から45分押しの14時15分。「610行進曲」が太陽が丘に響くと、ジラしにジラされたオーディエンスがハンドクラップでライブの始まりを大歓迎し、ROTTENGRAFFTYのタオルを掲げてメンバーの登場を出迎えた。

◆ROTTENGRAFFTY ライブ写真

オーディエンスの熱狂ぶりに笑顔でステージ現れたのはHIROSHI(Dr)と侑威地(B)、そしてサポートギターのMASAHIKO(G)だった。最後にNOBUYA(Vo)とNAOKI(Vo)が登場すると、SEをかき消すようにMASAHIKOが歪んだコードをかき鳴らす。その極悪サウンドをバックに、NAOKIが力のみなぎった表情を浮かべながら「大作戦!」など煽り文句を次々に食らわせる。そのたびにコブシが突き上がる太陽が丘。




そんな勢いの中で始まったのはROTTENGRAFFTYの曲…ではなかった。ACIDMANの「赤橙」だ。ご存知のように、ACIDMANのピンチヒッターとして急遽出演することになったROTTENGRAFFTY。出られなくなったACIDMANの悔しい気持ちをはらすように、そしてACIDMANを楽しみにしていたファンの思いを少しでも救うように、優しく歌うNOBUYAとNAOKI。ところが曲の途中のこと、NOBUYAがメロディを伸ばして歌いながら、その声を徐々に歪ませた。それに絡むようにNAOKIは叫ぶ。

「めちゃくちゃやってやろうぜ! ここから輝き狂え!」──NAOKI

こうして「金色グラフティー」からROTTENGRAFFTYの本来のライブへ突入。イントロのリフに合わせてコブシは上がり、侑威地は弾きながら自らもコブシを上げ、オーディエンスの熱狂ぶりをさらに煽る。雷と雨によってライブのスタートが予定よりもかなり遅れ、一時は緊張感も途切れてしまったオーディエンスでもある。しかしROTTENGRAFFTYの激烈サウンドと覚醒させるメロディとメッセージの数々は、オーディエンスのテンションを急激に上げ続ける。



また、この後の出演バンドの時間配分のこともメンバーは考えているのか。今日は間髪なく曲をブチ込み続ける。MCらしいMCを入れることなくぶっ飛ばすライブ前半だ。だが煽り番長でもあるNAOKIがROTTENGRAFFTYにはいる。NOBUYAのボーカルパートの合間や隙間に、「踊り狂え!」や「コブシ、固めろ!」など煽り文句を手加減なしに挟みまくる。そしてNOBUYAも次の曲に入る前に、力強く言葉を口にした。

「雨にも、雷にも、俺達は、絶対負けない。あきらめない。オマエらもそうやろ。大作戦、愛してるんやろ。こんなんに負けてるヤツは、大作戦にいらへんぞ。この状況で楽しめ。もっともっと楽しめ! 行こうぜ!!」──NOBUYA

そこから突入した「This World」。ROTTENGRAFFTYの放つリズムやリフも、メロディも、メッセージも、今、全てが歓喜の叫びのように響く。それにオーディエンスを生き返らせていく。またそれだけじゃなかった。さっきまで暗い雲もあちこちにあった太陽が丘だったが、光が強く差し込んできた。曲のエンディングで「見てみろ、俺らの勝ちやぞ」と空を指さすNOBUYAだった。




「帰ってまいりました、ROTTENGRAFFTYでございます。まさかまさかの二週連続。ACIDMANと同じ音や代わりはできへんけど、俺らなりの持ってる全てをぶちかまそうと思ってます。生きてたらなんとかなる。雨さえも全部味方、ROTTENGRAFFTYです。ACIDMANの思いも乗せ、生きていたら何度でもやり直せることを証明」──NAOKI

NAOKIの宣言から曲は「So...Start」へ。NOBUYAとNAOKIの歌が掛け合いで轟き、その力強さはもちろん、美しくブ厚いハーモニーが感動的に響く。ただ激しく熱いだけではなく、ずっと心に生き続けるような歌やメッセージも描き出すのがROTTENGRAFFTYだ。だから愛されている。またこの「So...Start」は、<京都大作戦>の今の状況にも重なる。

テンションを上げ続け、感動的な流れも作りながら進むROTTENGRAFFTYのステージ。ところが、ライブ後半の「響く都」で、突如、ステージ袖からノリノリに踊りながら現れたのはSPARK!!SOUND!!SHOW!!のイチロー(Dr, Cho)だった。NOBUYAとNAOKIは踊るイチローを見ながら半笑いで歓迎。



また最後は綺麗に決めるように、始まりの歌として「切り札」に続いたが、これまた突如として現れたのは、10-FEETのTAKUMAとKOUICHIはじめ、SPARK!!SOUND!!SHOW!!のメンバーなど。全員で踊るのかと思ったら、全員がHIROSHIを取り囲み、まずドラムセットからシンバルを外し、次にタム。さらにフロアタム。どんどん手際よく片付けていく。キックとスネアとハットだけのドラムを笑いながら叩くのはHIROSHI。ROTTENGRAFFTYの他のメンバーはそんなことを気にする様子もなく、曲を力強く響かせ、そして歌い続けた。ものすごい構図ではあるが、始まりから終わりまで<京都大作戦>らしいステージとなった。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN/瀧本 JON...行秀/青木カズロー

セットリスト

1. 金色グラフティー
2. STAY REAL
3. D.A.N.C.E.
4. This World
5. So...Start
6. 響く都
7. 切り札

■10-FEET主催<京都大作戦2022 〜今年こそ全フェス開祭!〜>MISSION IMPOSSIBLE-KYOTO 2022 ~Hope for whole day festivals this year!~

2022年7月02日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月03日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月09日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月10日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
open9:30/start11:00

■出演アーティスト ※50音順■
▼7月02日(土)
【源氏ノ舞台】打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
▼7月03日(日)
【源氏ノ舞台】Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 四星球 / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】Age Factory / THE冠 / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN
▼7月09日(土)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN(出演キャンセル) / The BONEZ / サンボマスター / 10-FEET / Dragon Ash / Vaundy / My Hair is Bad / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】上江洌.清作&The BK Sounds!! / go!go!vanillas / SHE'll SLEEP / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / Dizzy Sunfist / NOISEMAKER
▼7月10日(日)
【源氏ノ舞台】クリープハイプ(出演キャンセル) / Ken Yokoyama / 湘南乃風 / 四星球 / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】KOTORI / Saucy Dog / SHIMA / TETORA / Paledusk / HOTSQUALL
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際チケット代金の払戻しは行いませんので、予めご了承下さい。

▼チケット料金
1日券 8,778円(税込) /前2日券 17,556円(税込) /後2日券 17,556円(税込)

▼チケットに関するお問い合わせ
(問)インフォメーションセンター(平日のみ)
https://ticket.kyoto-daisakusen.kyoto/contact

▼公演に関するお問い合わせ
(問)サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp/contact/
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)

【京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策について】
「京都大作戦2022」では、新型コロナウイルス感染症の予防と感染拡大防止及び、お客様・出演者・スタッフの安全を確保するべく、感染症対策ガイドラインを定め、対応に最善を尽くして参ります。チケットのご購入ならびにご来場に際しましては、必ずご確認いただき、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。(オフィシャルサイト掲載文言抜粋)
京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン:https://kyoto-daisakusen.kyoto/22/guideline/

この記事をツイート

この記事の関連情報