【速レポ】<京都大作戦2022>サンボマスターが伝える“愛”

ツイート

「京都大作戦! 準備はよろしいか。俺たちがサンボマスターだ」。山口隆(Vo,G)のこの一声からスタートしたサンボマスターのライブは、源氏ノ舞台に一気に感情が溢れかえって、喜びやら興奮やら、何が何だかわからない涙も混じり合って、雨上がりの地面同様にぐちゃぐちゃな有り様だ。

◆サンボマスター ライブ写真

セットリストには、ライブやフェスの定番と言える曲が並ぶが、コロナ禍でオーディエンスが歓声や歌声を上げることはできない現在、山口隆、近藤洋一(B,Cho)、木内泰史(Dr,Cho)によるバンドアンサンブルはいつにも増してタフで、アップリフティングで、歌心があって、会場にいるあなたや、あなたや、あなた──そのひとりひとりと真正面で言葉を交わしていくように伝えるものになっている。


スリーピースというシンプルだけれども重量感のあるグルーヴで、“愛と平和”のピースサインを掲げさせ、心の灯火を絶やさないように渾身のボーカルやシンガロングでエネルギーを送り続ける。


「ロックンロール イズ ノット デッド」では、冒頭の歌詞を“どれだけの悲しみがあったのか 今 京都大作戦で”僕に話してくれないか“と変えて、オーディエンスとの対話をさらに密にしていったのもまた印象的だ。

「でけえ音鳴らしにきたんだ。でけえ音鳴らして何すっかって、悲しみぶっ潰しにきたんだよ。苦しみぶっ潰しにきたんだ。やっとおめえに会えた。やっと会えたおめえらが持ってきたかもしれない、その悲しみも苦しみも、でっけえ音でぶっ潰さなきゃなんねえんだ。なんでぶっ潰しにきたかって、決まってるだろ。おめえに伝えたいことがあるからだよ。おめえのこと愛してるって伝えにきたんだよ、一緒にいてえって伝えにきたんだよ」(山口)。


京都大作戦には2019年以来の出演となる、サンボマスター。この数年分たまり続けた心の澱をその強靭なバンドサウンドで豪快にさらって、何度だって立ち上がっていくことを歌う「ロックンロール イズ ノット デッド」での叫びは、風圧たっぷりにオーディエンスの心を射抜いていく。

山口の華麗なギターソロの強力なエンジンのように、木内が気合のシンガロングを決め、そのパフォーマンスにオーディエンスがぐいっとコブシを突き上げると、山口は「笑ってきた、笑ってきた!」と歓喜が一気に広がっていく太陽が丘に、“ロックンロール イズ ノット デッド!”の叫びを見舞った。


TBS『ラヴィット!』のテーマソングで、すっかり朝の曲としてお馴染みになっている「ヒューマニティ!」では、「あれ? 京都大作戦は踊らない協会の人じゃないですよね?」(山口)と、踊らせていく。アップダウンするヘンテコでいてキャッチーなメロディと縦横無尽なリズムによるダンスチューンは、ユーモラスで自由なマインドに溢れている。ストレートに感情を鷲掴みするだけでない、フィジカルでポップなサウンドは、サンボマスターのフェスのステージに新しい風を吹かせている感じだ。

そして真骨頂は「花束」だろう。軽やかでフレンドリーな陽性のビートに乗って楽しく踊るオーディエンスに、「まじ泣きそうなんですけど、みんな最高」と叫ぶ山口は、「また絶対会いましょうね。また会うんだぞ」と矢継ぎ早に言いながら、何度もありがとうを繰り返す。

そして一旦、演奏を止めると山口は、「この京都大作戦が花束だって、俺に証明させろ。出演者だけじゃないぞ、スタッフ、関わっている人、そして何よりおめえたち全部ひっくるめて、京都大作戦の花束だって証明させてもらっていいですか。それでは、京都大作戦を代表しまして、10-FEETのお三方に花束贈呈してよろしゅうございますか」と、10-FEETの3人を呼び込む。



近藤から3人に手渡されたのは、本当の大きな花束。「いいのかもらって。ありがとう」と満面の笑みで受け取る3人に、改めて「花束」の続きを歌おうというところでTAKUMAが「お返しに、これ」と自分のギターを山口に突き出す。一瞬、素のトーンで「まじか」と驚いた山口だったが、「みなさん踊っていただいてよろしいでしょうか。TAKUMAくんのギターでいきます!」とクライマックスへ。



TAKUMAとNAOKIはステージを駆け巡り、KOUICHIはドラムの後ろで自作なのか“サンマス”と書いたタオルを掲げてサンボマスターのステージを誰より間近で楽しむ。踊って、笑って、歌によって湧き上がる種々の感情に揺さぶられながらも、最後にはいい涙と歓喜のコブシをあげている。サンボマスターのステージはやっぱり、最高だ。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎HayachiN

■10-FEET主催<京都大作戦2022 〜今年こそ全フェス開祭!〜>MISSION IMPOSSIBLE-KYOTO 2022 ~Hope for whole day festivals this year!~

2022年7月02日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月03日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月09日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月10日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
open9:30/start11:00

■出演アーティスト ※50音順■
▼7月02日(土)
【源氏ノ舞台】打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
▼7月03日(日)
【源氏ノ舞台】Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 四星球 / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】Age Factory / THE冠 / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN
▼7月09日(土)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN(出演キャンセル) / The BONEZ / サンボマスター / 10-FEET / Dragon Ash / Vaundy / My Hair is Bad / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】上江洌.清作&The BK Sounds!! / go!go!vanillas / SHE'll SLEEP / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / Dizzy Sunfist / NOISEMAKER
▼7月10日(日)
【源氏ノ舞台】クリープハイプ(出演キャンセル) / Ken Yokoyama / 湘南乃風 / 四星球 / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】KOTORI / Saucy Dog / SHIMA / TETORA / Paledusk / HOTSQUALL
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際チケット代金の払戻しは行いませんので、予めご了承下さい。

▼チケット料金
1日券 8,778円(税込) /前2日券 17,556円(税込) /後2日券 17,556円(税込)

▼チケットに関するお問い合わせ
(問)インフォメーションセンター(平日のみ)
https://ticket.kyoto-daisakusen.kyoto/contact

▼公演に関するお問い合わせ
(問)サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp/contact/
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)

【京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策について】
「京都大作戦2022」では、新型コロナウイルス感染症の予防と感染拡大防止及び、お客様・出演者・スタッフの安全を確保するべく、感染症対策ガイドラインを定め、対応に最善を尽くして参ります。チケットのご購入ならびにご来場に際しましては、必ずご確認いただき、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。(オフィシャルサイト掲載文言抜粋)
京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン:https://kyoto-daisakusen.kyoto/22/guideline/

この記事をツイート

この記事の関連情報