【速レポ】<京都大作戦2022>dustbox、「ついにきたね、最終日。思いっきりいくぜ」

ツイート

2週にわたった<京都大作戦2022〜今年こそ全フェス開祭!〜>が、いよいよ最終日を迎えた。雨や雷にも見舞われた今年の京都大作戦だったが、4日目の今日は晴れ間が見えて、夏らしさが戻ってきた。朝から熱気が立ち込めている最終日、源氏ノ舞台の幕開けを任されたのは京都大作戦の常連であるdustboxだ。

◆dustbox ライブ写真

「京都! ついにきたね、最終日。思いっきりいくぜ」というSUGA(Vo,G)の言葉とともに、YU-KI(Dr)のドラムが勢いよくスタートして1曲目は「Try My Luck」。朝いちばんから超快速のメロディックが太陽が丘を駆け抜けていくと、後ろの方のオーディエンスまで元気にコブシを上げて、飛び跳ねる。そのままエンジン全開で突入した「Riot」では、オーディエンスのジャンプは大きな手拍子に変わった。SUGAのハイトーンボーカルにJOJI(B,Vo)のハーモニーが加わって、ブライトなメロディがさらにキラッキラに輝きを増して空に溶けていくのが気持ちいい。


曲に合わせるようにまぶしさを増す空に、SUGAは「晴れてるぞ、太陽きたぞ!」と大きな叫びをあげた。続く「Bitter Sweet」の切なくも甘美なメロディと弾むビートが爽やかな風を巻き起こして、太陽が丘は笑顔が広がっていく。そんな光景にJOJIは「最高かよ」と声をあげた。



「よかったね、晴れて。京都大作戦、最終日を迎えられました、おめでとうございます。その嬉しさを表現したいと思って、今日はゲストをお招きしました。(コラボレーションアルバム)『10-feat』も出たということで、今日はTAKUMAにギターを弾いてもらって、「ヒトリセカイ」やろうかな。TAKUMA──たっくん?」とSUGAが呼び込むと、ステージ袖からひょっこり姿を現したのは10-FEETのKOUICHI 。KOUICHIじゃない、まだ早いとdustboxに突っ込まれ、KOUICHIと入れ替わるようにTAKUMAがギターを携えて登場して、「ヒトリセカイ」を披露。


曲中にはNAOKIとKOUICHIも登場し、NAOKIはコーラスや側転をしたり、KOUICHIは自作の“ダックス”と書かれたタオルを掲げたりして、ステージを賑やかに盛り上げる。10-FEETへのリスペクトをエネルギッシュなサウンドに変え、そして涙のち晴れのdustbox節のハーモニーで彩られた「ヒトリセカイ」。ここでしか聴けない、見られないだろうこの曲に続いたのもまた、<京都大作戦>だからこその曲だった。

JOJI曰く「次の曲は、スタジオで練習してるときにYU-KIが“あの方、この曲好きなんですよね”と言ってやることになった」のは、2003年のEP『Sign To The Sun』に収録された「WAY TO THE SUN」。ほとんどの曲が英語詞のdustboxのなかで数少ない日本語詞曲で、ブルーな気持ちを抱えたまま見えない明日を走っていく曲だ。


その蒼さを露わに紡いでいく曲中で、KOUICHIが登場! 先ほどはフライングでステージに飛び出してたしなめられていたKOUICHIだが、ここではしっかりセンターに立って、dustboxのアンサンブルに身を委ねてスタンドマイクで熱唱した。

「「WAY TO THE SUN」はフェスでやったの初じゃない? 京都大作戦は、俺らのなかではレアな曲やっちゃうくらい大切なフェスなんです」と、SUGAはいう。さらにせっかくの京都大作戦だからと、9月にリリースする10枚目のアルバム『Intergalactic』から、新曲も披露するという。「さっきもいい感じに踊ってたじゃない? 踊れる曲だから、あの感じをマックスでいきたいんですよね」とJOJIが先頭切ってノリをレクチャーしてスタートしたのは、新曲「Chocoholic」。ちょっと懐かしいバブルガムポップ風な雰囲気で、まさに中毒性抜群の1曲。フレンドリーなメロディで、これからのライブでもオーディエンスとの距離をググッと近づけてくれそうな曲だ。



テッパン曲ありゲストありの賑やかなエンタテインメントとなった中盤から、後半は「最高の思い出作って帰ろう!」(SUGA)と「Hurdle Race」から馬力たっぷりで突っ走っていく。「Jupiter」の泣きメロをそのスピードで乾かすと、「京都大作戦15周年おめでとうございます。こんな最高のフェスがこの先ずっと、続きますように」(SUGA)と叫ぶ。


そしてラストは、「やってきました、この時間が。イノウエくんにお願いします」とJOJIがNAOKIを呼び込んでベースを持たせると、マイク片手に高らかにコブシを築き上げて歌う「Neo Chavez 400」へ。ステージを跳ねまわり、オーディエンスの熱を指揮するように手を振って盛り上げるラウドなシャウトチューンに、10-FEETも入り乱れてとステージは大暴れな状態に。一番手から熱気渦巻く太陽が丘に仕上げたdustboxは、「ライブハウスで会いましょう」(SUGA)と、爽やかな笑顔を残してそのステージを終えた。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎HayachiN/瀧本 JON...行秀

セットリスト

1.New Cosmos
2.Try My Luck
3.Riot
4.Bitter Sweet
5.ヒトリセカイ
6.WAY TO THE SUN
7.Chocoholic
8.Hurdle Race
9.Neo Chavez 400

■10-FEET主催<京都大作戦2022 〜今年こそ全フェス開祭!〜>MISSION IMPOSSIBLE-KYOTO 2022 ~Hope for whole day festivals this year!~

2022年7月02日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月03日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月09日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
2022年7月10日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
open9:30/start11:00

■出演アーティスト ※50音順■
▼7月02日(土)
【源氏ノ舞台】打首獄門同好会 / ウルフルズ / SHISHAMO / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】Unblock / Suspended 4th / NAMBA69 / HERO COMPLEX / 夜の本気ダンス / LABRET
▼7月03日(日)
【源氏ノ舞台】Creepy Nuts / G-FREAK FACTORY / SiM / 四星球 / 10-FEET / ヤバイTシャツ屋さん / WANIMA
【牛若ノ舞台】Age Factory / THE冠 / SHADOWS / SHANK / Hakubi / LONGMAN
▼7月09日(土)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN(出演キャンセル) / The BONEZ / サンボマスター / 10-FEET / Dragon Ash / Vaundy / My Hair is Bad / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】上江洌.清作&The BK Sounds!! / go!go!vanillas / SHE'll SLEEP / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / Dizzy Sunfist / NOISEMAKER
▼7月10日(日)
【源氏ノ舞台】クリープハイプ(出演キャンセル) / Ken Yokoyama / 湘南乃風 / 四星球 / SUPER BEAVER / dustbox / 10-FEET / マキシマム ザ ホルモン
【牛若ノ舞台】KOTORI / Saucy Dog / SHIMA / TETORA / Paledusk / HOTSQUALL
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際チケット代金の払戻しは行いませんので、予めご了承下さい。

▼チケット料金
1日券 8,778円(税込) /前2日券 17,556円(税込) /後2日券 17,556円(税込)

▼チケットに関するお問い合わせ
(問)インフォメーションセンター(平日のみ)
https://ticket.kyoto-daisakusen.kyoto/contact

▼公演に関するお問い合わせ
(問)サウンドクリエーター https://www.sound-c.co.jp/contact/
電話でのお問い合わせ:06-6357-4400 (月・金12:00~15:00 ※祝日を除く)

【京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策について】
「京都大作戦2022」では、新型コロナウイルス感染症の予防と感染拡大防止及び、お客様・出演者・スタッフの安全を確保するべく、感染症対策ガイドラインを定め、対応に最善を尽くして参ります。チケットのご購入ならびにご来場に際しましては、必ずご確認いただき、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。(オフィシャルサイト掲載文言抜粋)
京都大作戦2022 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン:https://kyoto-daisakusen.kyoto/22/guideline/

この記事をツイート

この記事の関連情報