カーク・ハメット、「Master Of Puppets」にギター・パートを加えたタイ・トゥルヒーヨを称賛

ツイート

メタリカのギタリスト、カーク・ハメットが、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で使用されたメタリカの楽曲「Master Of Puppets」に新たにギター・パートを加えていたロバート・トゥルヒーヨ(B)の息子タイを「誇らしい」「スゴイ」と称賛した。

◆メタリカ画像

トゥルヒーヨは先週末、クレジットの“アディショナル・ギター・トラックス”の部分にタイの名が記されていることを知らせ、「これは俺の息子だ! タイ、誇らしいよ!」と、ハメットの手を借り、息子が貢献したことを明かしていた。

ハメットは木曜日(7日)、タイとの2ショットをInstagramに投稿し、「俺のリトル・ブラザー、タイのことをとても誇らしく思ってる。彼はNetflixのドラマ『ストレンジャー・シングス』のために“Master Of Puppets”のあのリードをやってのけた。しかも彼はギタリストじゃない。父親と同じベーシストだ!!! スゴイ!!!!!」と絶賛した。

ドラマ最終回の山場でフィーチャーされた「Master Of Puppets」は、これまで同曲をよく知らなかった人たちをも魅了。これに対し快く思わない長年のファンもいるようで、メタリカはTikTokのアカウントで、「ちなみに、メタリカ・ファミリーは誰でも歓迎する。40時間前からのファンであろうが、40年来のファンであろうが、俺らはみんな、音楽を通じた絆で結ばれている」「誰だってゼロから始めるときがある」とコメントしている。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報