ローランド、スマートフォンやタブレットとピアノをつないで演奏できるアプリが登場

ツイート

ローランドが、スマートフォンやタブレットとローランドのデジタルピアノをつなぎ、練習や演奏の楽しさをより広げる無料のオリジナル・アプリ『Roland Piano App』を8月1日より提供開始する。


『Roland Piano App』では、ピアノ本体のさまざまな機能をスマートフォンやタブレットの画面上で操作することができる。マスターチューニングや鍵盤のタッチなどのピアノの基本設定から、メトロノームのテンポや拍子パターン、鍵盤を右側左側に分けてそれぞれ異なる音色で演奏する「スプリット」、2つの音色を重ねて演奏できる「デュアル」、鍵域を2つに分け、2人が同時に同じ音域で弾ける「ツインピアノ」の設定まで、画面で簡単に操作でき、日々の練習に大変便利だ。


「タイムライン」機能では、その日の演奏時間や練習内容が表示されるので、日々の成果が一目瞭然。また、1日の練習の目標時間を設定することもできるので、モチベーションアップにもつながる。「レコーダー」機能で自分の演奏を録音して、客観的に聞くことも可能。アプリ上に保存すれば、いつでもどこでも聞き返すことができる。


ピアノ本体の内蔵曲をタブレットに譜面表示すれば、弾きたい曲にすぐに挑戦。クラシックやポップス、レッスン曲など、多彩なジャンルの曲から好きな曲を選んで練習することができる。1週間程度で1曲を練習するプログラム「One Week Master」も搭載しているので、リスニング、右手パート、左手パートと順番に練習することで、初心者でも独学でピアノに取り組みやすくなっている。


鍵盤を演奏するだけでコード(和音)を認識して、リアルタイムに伴奏がつく「伴奏」機能を搭載。ポップスやジャズなど、さまざまなジャンルから選択でき、イントロやエンディング、フィルインなど、画面上で簡単にアレンジを付けながら、1人でもアンサンブル演奏が楽しめる。ドラムパートだけの再生もできるので、リズムをメトロノーム代わりに使って練習したり、ドラムパートにあわせてメロディーを弾いたりも可能だ。

聴音や譜読みのトレーニングをゲーム感覚で楽しめる「フラッシュ・カード」も搭載。楽しみながらピアノの基礎力を身に付けることができる。


●対応機種
LX708、LX706、LX705、HP704、HP702、RP701、F701、FP-90X、FP-60X、FP-30X
(従来のアプリ「Piano Every Day」対応モデル。なお、「Piano Every Day」は2022年末にサービス終了予定です)。

関連リンク

◆アプリ詳細
この記事をツイート

この記事の関連情報