メタリカの「Master Of Puppets」、全米シングル・チャートに初登場

ツイート

Netflixで配信中のドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4でフィーチャーされ、再評価されると同時に新しいファンを生んだメタリカの楽曲「Master Of Puppets」(1986年)が、最新の全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で40位に初登場した。

◆メタリカ画像

バンドの代表曲の1つではあるが、同曲はこれまで100位圏内に入ったことがなかった。英国でもそれは同じで、先週末発表された最新チャートで初登場47位をマークした。

メタリカは、アメリカでは4枚目の『...And Justice For All』(1988年 6位)以降7作全てのスタジオ・アルバムがトップ10入りし、そのうちの6作が1位を獲得している。しかし、「Master Of Puppets」をはじめ「One」「Enter Sandman」「Nothing Else Matters」「St. Anger」など代表曲は数多くあるものの、シングル・チャートを賑わすタイプのバンドではなく、全米シングル・チャートにおける彼らの最高位は「Until It Sleeps」(1996年)の10位で、トップ40に入るのは2008年リリースの「The Day That Never Comes」の31位以来だった。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』最新シリーズで使用された音楽の中では、先にケイト・ブッシュの「Running Up That Hill (A Deal with God)」(1985年)が再ブレイクしており、先月、英国、オーストラリア、スウェーデン、スイスなどで1位を獲得。全米では4位まで上昇した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報