【コラム】saji、快進撃バンドの新たな収穫期…若手リスナーに誠実な2ndアルバム『ユーリカ』

ツイート


sajiというバンドが、sajiと名乗って活動を始めてからこの夏で3年を迎える。その間のバンドの動きは快進撃としか表現できない鮮やかなもので、コロナ禍にも関わらず最も精力的に活動したバンドの一つと言っていいかもしれない。2019年から2021年にかけてリリースした、配信とCDを含むシングルは5作、ミニアルバムは2作、フルアルバムは1作。9年間続けた前身バンド・phatmans after schoolの根強いファンに、sajiになってから出会った新たなリスナーを加え、熱くて厚い支持に支えられて、バンドは新たな「収穫期」に入りつつある。

中でも、新たな支持層の一つであるアニメファンへの訴求力は強力だ。「明日の空へ」(TVアニメ『あひるの空』第33話挿入歌)、「瞬間ドラマチック」(長編アニメーション映画『君は彼方』主題歌)、「星のオーケストラ」(TVアニメ『かげきしょうじょ!!』オープニングテーマ)など、サブスク、ラジオ、SNSで大きな反響を得て、USEN HIT アニメランキングではたびたび1位を獲得している。もともと、バンドの要であるヨシダタクミ(Vo&G)は、水樹奈々、堀江由衣、内田雄馬、TVアニメ『SHOW BY ROCK!!』シリーズへの楽曲提供などで、アニソンとの縁は深い。

他にもKis-My-Ft2、超ときめき♡宣伝部、加賀美ハヤト&甲斐田晴 from ROF-MAOなどに楽曲提供をしている有能なソングライターだ。物語性のある歌詞、感情を揺さぶるメロディ、映像を思い浮かべるアレンジは、アニソンタイアップとの親和性は非常に高い。


そして今年、2022年に入ってもsajiの快進撃は続いている。4月にデジタルシングル「灯日」(TVアニメ『トモダチゲーム』エンディングテーマ)、5月には「クロスオーバー」(ABC朝日放送『部活ピーポー全力応援!ブカピ!』オープニングテーマ)をリリース。ダンサーの高村月を起用した「灯日」のミュージックビデオも、スリリングなロックチューンと鬼気迫るダンスとのコラボレーションで大きな話題を呼んだ。そして6月には満を持してセカンド・フルアルバム『ユーリカ』を発表し、リード曲「ゆりかご」を筆頭に、sajiの音楽がさらに多くの人の心をとらえつつある。さあ、やっと時間が今に追いついた。

▲『ユーリカ』初回限定盤

ニューアルバム『ユーリカ』は、sajiの3年間の活動の集大成であり、ヨシダタクミのソングライターとしての能力を存分に開花させた会心の一作だ。sajiらしい得意技のキラキラした音像で爽快に突っ走る1曲目「スターフライヤー」から、ライブでのシンガロングが目に浮かぶ「フォーマルハウト」、豪快ギターロック「アスファルトと水風船」と、一気に畳みかけるアルバム序盤。「星のオーケストラ」から「Apricot」へ、ゆっくりとスローダウンしながらメロディアスなロックバラード「ハヅキ」へと繋げてゆく中盤。再びテンポアップして「クロスオーバー」から「灯日」へとよりハード&アグレッシブに攻め立てて、ダンスミュージックに接近した「After the Rain」を経てリード曲「ゆりかご」の壮大な感動へとたどり着き、ラストは「どうぶつのうた」(通常盤のみ収録)で童心に返って明るく終わる。時間をかけて順番に聴く価値のある、後味にじんわりと感動がこみあげてくる、実にアルバムらしいアルバム。

想像力の翼を自由に広げる、歌詞の充実にも注目だ。「スターフライヤー」や「星のオーケストラ」では、ファンタジックな空や星や宇宙に思いをはせながら未来への希望を高らかに歌い、「アスファルと水風船」では学生時代のみずみずしい恋心を、「Apricot」や「ハヅキ」では大人の恋愛の深みを鋭く描き出す。「灯日」や「After the Rain」では、あえて時代に反発する過激な言葉も使いながら、争いの絶えない世の中で小さな希望を探す尊さを歌う。ヨシダタクミのメッセージにはどれも、特に10代、20代の若い聴き手の共感を呼ぶ誠実さがある。

リード曲「ゆりかご」はその代表だろう。大好きな「ばあちゃん」と、幼い頃の自分とのふれあいを軸にした、まるで自伝のようにリアルなストーリー。楽しい思い出、思春期のすれ違い、そして最期の瞬間に至るまでの心の動きを、オルガンとピアノを加えた豊かなアンサンブルの中で、これ以上なくドラマチックに綴る歌詞。俳優の前田旺志郎、蓮池桂子、石川誉らが出演するミュージックビデオは必見で、音楽作品を超えて短編映画のような緻密な演出と俳優陣の熱演が、思わず感動の涙を誘う。みずみずしい恋愛や青春の風景を描くのが得意だった彼らが、人生そのものを描く大きな視点を手に入れて、これから進んでゆく方向性を示す重要な1曲。sajiの名前をより多くの人に知らしめる、新たな代表曲の誕生だ。


そして、アルバムリリース後のsajiにはさらなる活発な動きが待っている。7月22日に東京・タワーレコード渋谷店でリリースイベントを開催し、その後は8月28日にアニソンの祭典<Animelo Summer Live 2022>に出演。さらに秋からは<saji Tour 2022>と題して東名阪ツアーを回ることが決まっている。以前から彼らを応援してきたファンも、新たにsajiの音楽の魅力を知ったリスナーも巻き込んで、確実に広がりつつあるsajiの世界。今こそ注目してほしい。

文◎宮本英夫


2nd Full Album『ユーリカ』

発売中
購入リンク:https://saji.lnk.to/Eureka

<初回限定盤>
品番:KICS-94065〜6
定価:¥4,950(tax in)
形態:CD+Blu-ray

【CD収録内容】
M1:スターフライヤー
M2:フォーマルハウト
M3:アスファルトと水風船
M4:星のオーケストラ
 ※TVアニメ「かげきじょうじょ!!」オープニングテーマ
M5:Apricot
M6:ハヅキ
 ※TVアニメ「SHAMAN KING」第 3 弾エンディングテーマ
M7:クロスオーバー
 ※ABC 朝日放送「部活ピーポー全力応援!ブカピ!」オープニングテーマ
M8:灯日
 ※TV アニメ「トモダチゲーム」エンディングテーマ
M9:After the Rain
M10:ゆりかご

【Blu-ray収録内容】
「saji Live 2022 ~朝焼けと夜の帳~」saji Live special selection 収録

▲『ユーリカ』通常盤

<通常盤>
品番:KICS-4066
定価:¥3,300(tax in)
形態:CD Only

【CD収録内容】
M1:スターフライヤー
M2:フォーマルハウト
M3:アスファルトと水風船
M4:星のオーケストラ
 ※TVアニメ「かげきじょうじょ!!」オープニングテーマ
M5:Apricot
M6:ハヅキ
 ※TVアニメ「SHAMAN KING」第 3 弾エンディングテーマ
M7:クロスオーバー
 ※ABC 朝日放送「部活ピーポー全力応援!ブカピ!」オープニングテーマ
M8:灯日
 ※TV アニメ「トモダチゲーム」エンディングテーマ
M9:After the Rain
M10:ゆりかご
M11:どうぶつのうた

【店舗特典】
★多売特典:A4クリアファイル
★Amazon.co.jpオリジナル特典:メガジャケ

出演情報

■saji Tour 2022
2022年秋、ツアー開催決定。詳細は後日発表

■saji イベント出演情報
・New 2nd Full Album『ユーリカ』発売記念イベント
【スペシャルミニライブ】2022年7月22日(金)東京:タワーレコード渋谷店 19:30~

・<Animelo Summer Live 2022 -Sparkle->
【出演日】2022年8月28日(日)さいたまスーパーアリーナ

この記事をツイート

この記事の関連情報