ロバート・フリップ、キング・クリムゾンのツアー「無茶なお願い」

ツイート

5月に76歳の誕生日を迎えたロバート・フリップは、今後、キング・クリムゾンがツアーを開催するのは難しいと考えているそうだ。

彼は、『Rolling Stone』誌のインタビューで「全くその計画はない」と明言した。「関与している人々の年齢の現実に目を向ける必要があると思うね。僕らのうち2人は76で、3人がすぐにそうなる。だから、8週間ツアーに出て、3時間20分パフォーマンスするっていうのは、無茶な頼みだ。僕がプレイヤーとして準備を整えるのに6ヶ月かかる。キング・クリムゾンのギター・パートは、僕にしたら、ギター演奏のオリンピックだ。40年、50年前に僕がやっていたアスリートの技能を求められるのは、それもまた無茶な話なんだよ」

「どんな要件であればキング・クリムゾンは再びメジャーなツアーをやるのかと訊いているのなら、僕の端的な答えは、もし僕が、キング・クリムゾンのツアーが第3次世界大戦を回避する唯一の方法だと確信したならばだ。そしたら僕はあちこちに電話をかける」

キング・クリムゾンは2021年に北米と日本で<Music Is Our Friend>ツアーを開催した。

今年3月には米<サウス・バイ・サウスウエスト>で彼らの新ドキュメンタリー『In the Court of the Crimson King』がプレミアされており、フリップは何らかの形で秋に一般公開したいと考えているという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報