神はサイコロを振らない、<事象の地平線>ツアーファイナル。Rin音もサプライズ出演

ツイート

神はサイコロを振らないのライブツアー<Live Tour 2022「事象の地平線」>が7月17日、東京・LINE CUBE SHIBUYAでツアーファイナルを迎えた。以下、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆神はサイコロを振らない 画像

   ◆   ◆   ◆

5月21日から全国13都市14公演で開催となる<Live Tour 2022「事象の地平線」>がバンド結成地である福岡からスタートし、全ての公演で会場を埋め尽くした満員のオーディエンスと共に、会場内を熱気に包み込むようなパフォーマンスを繰り広げ、各地を大いに沸かせていた神はサイコロを振らないが、メジャーデビュー2周年となる7月17日にLINE CUBE SHIBUYAでファイナル公演を行った。

本ツアーの為に「事象の地平線」をイメージしてボーカル柳田が制作したオープニングSE曲が鳴り響き、照明演出が濃く彩る中、観客の拍手喝采に包まれながらメンバー一人ひとりが登場。ギター吉田、ベース桐木、ドラム黒川が揃うとインストゥルメンタルのパフォーマンスが始まり、会場の熱が高まる中、ボーカル柳田が登場し、「タイムファクター」を披露すると一気に会場のボルテージはMAXに。会場を神サイの世界観に包み込み、立て続けに「1on1」「クロノグラフ彗星」とアップテンポの人気楽曲をパフォーマンスし、場内をヒートアップさせた。

冒頭のMCで柳田は「みなさん、一瞬たりとも目を離さずに皆さんの記憶に焼き付けて行ってください!」と煽ると、「少年よ永遠に」をはじめ、インディーズ時代から愛されている楽曲「illumination」、メジャーデビュー曲であり夏唄としても人気の高い「泡沫花火」を、メジャーデビュー2周年を迎えたこの日に、応援し続けてくれたファンに感謝の気持ちと共にパフォーマンスした。

ライブ中盤では、ボーカル柳田の呼び込みで、Rin音がサプライズで登場。大歓声に包まれながら、神はサイコロを振らない×Rin音「六畳の電波塔」をコラボで初披露。楽曲オープニングではそれまで背負っていたバックドロップ幕のセンターに大きく記されたツアーロゴがレーザーで染まり切ったところでドロップ幕が振り落とされ、巨大な照明トラスが出現するという演出でRin音のゲスト出演も大いに盛り上げたが、若手アーティスト2組がそれぞれの観点から、争い事の絶えないこの世界に疑問を投げかけ、愛と平和を願い、世界を変えようと歌う姿が観客を何よりも魅了していた。






その後も、「愛のけだもの」「夜永唄」「あなただけ」「イリーガル・ゲーム」とパフォーマンスし、終盤に向けての世界観を作り上げていき、観客を寄りディープな世界に引き込んでいく。「揺らめいて候」では、観客と共にハンドクラップ&レスポンスを展開し、コロナ禍で歓声が妨げる中、場内の一体感をいっそう高めた。

そして、神はサイコロを振らないの最新楽曲でデジタルリリースされたばかりのNHK EテレのTVアニメーション『アオアシ』第2クールのエンディングテーマ曲でもある「カラー・リリィの恋文」をパフォーマンス。浮遊感のあるサウンドと伸びやかな歌声が重なり、場内に夏風が吹いたような感覚に包まれた。

本編ラストのMCでは柳田が「メジャーデビュー2周年の日に、こうしてここでライブができて幸せです。ありがとうございます!」「時折プレッシャーに押しつぶされそうになる時もあるけど、ここにいるみんなのおかげで、僕ら4人は音楽をやれています。その感謝を伝えるためのツアーでもありました。こうやってライブをすれば、みんなが温かい目で迎え入れてくれるし、僕らが音楽をリリースすれば、みんながSNSで良かったとか、この曲に生かされてます、とか伝えてくれます。僕らにとってはそれこそが生きがいです」「心がどうしても悲しくなった時、心がどうしても辛くなった時、そんな時に僕らの音楽がみんなのそばにいてくれたらなと思います」「どうか生きてください。生きてくれたら、また会えます!」と心からのメッセージを伝えた。

その後、「未来永劫」を披露し、生バンドのライブならではの高揚感に包まれ、場内のボルテージはMAXへ。本編最後には雨と涙を表現する映像演出の中「僕だけが失敗作みたいで」を披露し、ボーカル柳田の歌声が観客の感情を揺さぶり、ファンに語り掛けるように熱唱した。



アンコールでは、インディーズ時代の楽曲をこれでもかと連続で披露し、これまで全ツアーで行ってきた「LOVE」、「巡る巡る」を披露しないかと思わせておきながらも、最後にはその2曲も披露。

「LOVE」では場内にLOVE&PEACEを願うウイングハートが舞い、「巡る巡る」では全身全霊のパフォーマンスを見せるメンバーに呼応したかのように、会場を埋め尽くしたファンが全身全霊のジャンプをしながら、一体感を作り上げてライブを締めくくった。

さらに、パフォーマンスを全て終了した後、2023年1〜2月に<Zepp Tour 2023「雪融けを願う飛行船」>を開催することを発表し、会場は歓喜の拍手に包まれた。

ライブの余韻が冷めない中、“神はサイコロを振らない×Rin音「六畳の電波塔」MV Document & Interview映像”も公開となった。


「事象の地平線」は会場で一体となったファンと共に、まだ見ぬ世界に向けて彼らの道のりは続いていく。来年1月から始まる<Zepp Tour 2023「雪融けを願う飛行船」>でも、さらに進化した4人の姿が見られるに違いない。

撮影◎Viola Kam (V'z Twinkle)

   ◆   ◆   ◆

■<Live Tour 2022「事象の地平線」>2022年7月17日(日)東京・LINE CUBE SHIBUYA セットリスト
01. タイムファクター
02. 1on1
03. クロノグラフ彗星
04. 少年よ永遠に
05. illumination
06. 泡沫花火
07. 六畳の電波塔 with Rin音
08. 愛のけだもの
09. 夜永唄
10. あなただけ
11. イリーガル・ゲーム
12. 揺らめいて候
13. カラー・リリィの恋文
14. 未来永劫
15. 僕だけが失敗作みたいで

   ◆   ◆   ◆

Digital Single「カラー・リリィの恋文」

2022年7月15日(金)配信開始
https://kamisai.lnk.to/callalilyPR

<Zepp Tour 2023「雪融けを願う飛行船」>

2023年
1月15日(日)福岡・Zepp Fukuoka
1月21日(土)愛知・Zepp Nagoya
1月22日(日)大阪・Zepp Osaka Bayside
1月29日(日)北海道・Zepp Sapporo
2月5日 (日)東京・Zepp Haneda

この記事をツイート

この記事の関連情報