【速レポ】<猿爆祭2022>-真天地開闢集団-ジグザグ、「呼んでいただいたからには、全身全霊で」

ツイート

SEが流れると、大阪城音楽堂が真天地へと変貌し、オーディエンスは参拝者へと豹変。そしてステージに現れたのは、幟旗を斜めに持った龍矢(低音弦)と影丸(太鼓)。舞台の中央に移動したところで、幟旗を高く掲げると、そこに現れたのは命だった。

◆-真天地開闢集団-ジグザグ 画像

同時に始まったのは「僕ノ旋律」。本日は完全トリオ編成での禊である。命がギターを弾きながら、爽快なメロディが貫かれたラヴソングを参拝者に浴びせると、会場を埋め尽くした参拝者はメロメロ状態。曲と歌に浸り、そして酔い、気持ちをジグザグに捧げていった。




「こんな変な白塗りのバンドを呼んでいただきありがとうございます。呼んでいただいたからには、全身全霊で我々らしく頑張っていこうと。世の中、大変じゃないですか。でもね、いつか必ず燦然とした未来が来る。そんな待ってられないんで、ここに燦然と輝く世界を作りましょう」──命

こうして曲は「燦然世界」へ。歌の合間に「お手を拝借」と命が声を掛けるとハンドクラップが巻き起こり、「ダウン!」と言えば参拝者全員が座り、「立ち上がれ」の歌詞と共にジャンプするように元気に立ち上がる。まさに参拝者はジグザグと一心同体だ。



そんな参拝者の姿を満足そうに見渡しながら、しかし、演奏面でも実力を発揮しつづけるジグザグの御三方。影丸は手数の多いプレイを繰り広げつつ、スティック回しやスティックを投げてキャッチなど魅せるドラミングを。龍矢は動きの激しいフレージングでバンドサウンドに厚みを作りながら、参拝者と笑顔でアイコンタクトも。命は伸びやかな歌声を幅広い声域をこれでもかと聴かせ、さらに「復讐は正義」では速弾きやタッピングなどテクニカルなギタープレイでも圧倒した。

「さあ、皆の者、さよならの時間だよ」──命

命がそう言いながら始まったのは「きちゅねのよめいり」。かわいらしいメロディや歌詞も印象的なナンバーだが、キツネの前足のように手を動かしたり、サビでは影絵のキツネの形で“コンコン”と決めるポーズもかわいい。やんごとない御三方、ジグザグへ感謝の気持ちを捧げながら共に手を動かす参拝者全員。幸福がめいっぱい詰まった場所、それこそがジグザグの真天地だった。


取材・文◎長谷川幸信
撮影◎マッサン(@msmrk_0516)

▼セットリスト

01. 僕ノ旋律
02. 燦然世界
03. ゴミはゴミ箱へ
04. 忘却の彼方
05. 復讐は正義
06. きちゅねのよめいり

■<KNOCK OUT MONEKY presents “猿爆祭 2022”>

7月18日(月・祝) 大阪城音楽堂
open11:30 / start12:00 / 終演20:00(予定)
▼出演
KNOCK OUT MONKEY
MY FIRST STORY
PassCode
NOISEMAKER
FLOW
打首獄門同好会
-真天地開闢集団-ジグザグ
我儘ラキア
▼チケット
4,800円(税込 / 全指定 / ドリンク代別途)
一般発売:7月9日(土)10:00~


この記事をツイート

この記事の関連情報