【速レポ】<猿爆祭2022>FLOW、「今日は全部、夏とノクモンのせいにして楽しんじゃおうぜ!」

ツイート

「騒ごうぜー!」──SEに乗ってFLOWの5人が登場すると、まずKOHSHI(Vo)がオーディエンスを煽った。直後、1曲目「COLORS」のイントロが流れ始めた途端、会場の熱量は一気に上昇。なにしろ、アニメやゲームソフト『コードギアス 反逆のルルーシュ』のテーマソングや主題歌として、よく知られたナンバーでもある。会場全体の興奮も急角度で高まるばかりだ。

◆FLOW 画像

「<猿爆祭>、楽しんでますか。呼んでくれたKNOCK OUT MONKEY、ありがとう。今日、雨予報だったのに晴れちゃったよ! のっけから盛り上がってるよね。さっき首も振ってたし、スクワットもやってたし。ここからのFLOW、ジャンプ多めにいきます。今日は全部、夏とノクモンのせいにして楽しんじゃおうぜ!」──KEIGO



KEIGO(Vo)の言葉を合図に「Steppin' out」へ。もちろんタオルを振り上げてジャンプするオーディエンス。全員をもっと躍動させるようにビートを刻むIWASAKI(Dr)と心地よいグルーヴを生むGOT'S(B)。TAKE(G)は、自らもジャンプを繰り返しながらギターをかき鳴らす。さらに畳みかけるのは映画『ドラゴンボールZ 神と神』の主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」だ。オリジナルはアニソン界のビッグネーム=影山ヒロノブが歌った曲だが、FLOWが映画のためにカバーしたもの。オリジナルも合わせて考えると、幅広い世代に愛されている曲と言っていいだろう。会場のキッズエリアにいる多くの親子たちが笑顔で曲を楽しむ姿も印象的だ。




「7月でデビュー20年目に入りました。バンドやっていて、ずっと変わらないのがライブが大好きなこと。ここにいる全員で作れる空間がライブで、それが楽しくて、それが最高で、ずっとバンドやらせてもらっています。もっともっとイケちゃいますか! 最高の<猿爆祭>、作るぞ!!」


「GO!!!」ではKEIGOとKOHSHIの音頭でオーディエンス全員でウェーブも作るだけじゃなく、楽器陣のIWASAKI、GOT'S、TAKEがそれぞれ歌って盛り上げる場面も。また「GOLD」では、一度座らせて、IWASAKIのカウントを合図にでっかいジャンプで楽しむオーディエンス。さすが、ライブでいろんな人を楽しませ続けて20年。FLOWの実力を見た。また、よくよく考えると、本日のメニューはアニメやゲームのテーマソングばかり。アニメ関連曲を網羅したアニメ縛りのライブを実現させたこともあるFLOWだが、今日はその凝縮版と呼べるかも。コロナ禍じゃなければ、全世代からシンガロングだって生まれていたはずだ。


取材・文◎長谷川幸信
撮影◎マッサン(@msmrk_0516)

▼セットリスト

01. COLORS
02. Steppin' out
03. CHA-LA HEAD-CHA-LA
04. GO!!!
05. GOLD

■<KNOCK OUT MONEKY presents “猿爆祭 2022”>

7月18日(月・祝) 大阪城音楽堂
open11:30 / start12:00 / 終演20:00(予定)
▼出演
KNOCK OUT MONKEY
MY FIRST STORY
PassCode
NOISEMAKER
FLOW
打首獄門同好会
-真天地開闢集団-ジグザグ
我儘ラキア
▼チケット
4,800円(税込 / 全指定 / ドリンク代別途)
一般発売:7月9日(土)10:00~


この記事をツイート

この記事の関連情報