【速レポ】<猿爆祭2022>PassCode、「ここで闘っていいんだ、もっと頑張っていいんだ、と思えたのは兄さんたちのおかげです」

ツイート

SEに合わせてハンドクラップが起こる会場に、PassCodeが登場した瞬間、空気が変わった。気品と色気、かわいらしさを持ち合わせた4人は、全てのオーディエンスの視線を奪った。

◆PassCode 画像

「PassCode始めます」──南 菜生

南 菜生の宣言と同時に始まったのは「ATLAS」。南 菜生、高嶋 楓、大上陽奈子、有馬えみりは、笑顔をオーディエンスに見せながら、キュートな歌声でポップ感も振りまく。ところが曲が中盤に差し掛かったときだ。有馬えみりがデスボイスを炸裂。PassCodeファンには周知の事実だが、初めて観るオーディエンスもいたようで、驚きの表情を浮かべている。しかし、そんなのは序の口。続く「Taking you out」からは、さらに過激にデスボイスを轟かせ続ける有馬えみり。ヒステリックに叫び、煽りを食らわせる様は、元アーチ・エネミーのアンジェロ・ゴソウを彷彿とさせる。





それに対して、南 菜生、高嶋 楓、大上陽奈子の3人は、メインボーカルを次々に入れ替わり、オートチューンの掛かった歌声でポップにダンサブルに決める。しかも華麗なダンスを踊りながら、歌の合間に見せる笑顔でオーディエンスを悩殺しまくった。PassCodeには言葉やMCで煽る必要などない。4人が歌って踊れば、オーディエンスも一体になって熱くなるばかりだ。

テンポ良く曲がたたみ掛けられる中、「Seize Approaching BRAND NEW ERA」の前半だった。ステージ下手の袖からステップを踏みながら出てきたのは、KNOCK OUT MONKEYの亜太(B)だ。約2年ほど前からPassCodeのバックバンドの一人として活動もしているが、今日はベーシストとしてではなく、ダンサーとして参加するのか。というよりも曲にノリノリになったあまり、自ら飛び入りした感じだ。PassCodeの4人も歌いながら思わず笑ってしまう。しかし、そこは約2年、PassCodeと同じ舞台に立ってきた亜太。PassCodeの4人と一体となったダンスを披露。さらにお立ち台に一人乗って、これでもか、とキレキレのダンスっぷり。


こんな予想外のハプニングもあって、さらに盛り上がる<猿爆祭2022>。PassCodeに自分をアピールするように、高いジャンプをずっと繰り返す熱狂的ファンもあちこちに。とにかく夏の暑さを軽く超える熱いライブがここにある。

「アイドルということが理由で、昔、対バンをたくさん断られました。でもKNOCK OUT MONKEYは、自分たちの大切なツアーにPassCodeを呼んでくれました。私たち、ここで闘っていいんだ、もっと頑張っていいんだ、と思えたのはKNOCK OUT MONKEY兄さんたちのおかげです」──南 菜生

南 菜生の言葉に大きな拍手が巻き起こった。「It's you」を未来へ進むためのテーマソングのように、オーディエンスの気持ちに響かせるPassCode。そしてエンディングでは、自分たちの未来に向けて、PassCodeを代表して南 菜生が力強い言葉を残した。





「また<猿爆祭>があるのなら、ずっと呼びたいと思ってもらえるグループでいられるように、ちゃんとステージに立っている! ありがとう!!」──南 菜生

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎マッサン(@msmrk_0516)

▼セットリスト

01. ATLAS
02. Taking you out
03. Seize Approaching BRAND NEW ERA with 亜太 (KNOCK OUT MONKEY)
04. FLAVOR OF BLUE
05. Freely
06. STARRY SKY
07. Ray
08. It's you

■<KNOCK OUT MONEKY presents “猿爆祭 2022”>

7月18日(月・祝) 大阪城音楽堂
open11:30 / start12:00 / 終演20:00(予定)
▼出演
KNOCK OUT MONKEY
MY FIRST STORY
PassCode
NOISEMAKER
FLOW
打首獄門同好会
-真天地開闢集団-ジグザグ
我儘ラキア
▼チケット
4,800円(税込 / 全指定 / ドリンク代別途)
一般発売:7月9日(土)10:00~


この記事をツイート

この記事の関連情報