ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン、父エドワードの追悼公演「試みたが、実現できずにいる」

ツイート

エドワード・ヴァン・ヘイレンが2020年10月に亡くなってから1年半以上が経つが、追悼公演がなかなか開けないでいる理由を、息子ウルフギャングが明かした。物事を複雑にしている人たちがいるという。

ウルフギャングは『Rolling Stone』誌のインタビューでこう語った。「僕が言えるのは、何かやろうって試みはあった。でも、僕は人々に関しネガティブなことは言いたくないけど、ヴァン・ヘイレンのことになると、何かやるのをすごく難しくする人たちがいるんだ。長年ヴァン・ヘイレンで過ごした後、僕は、用心深く行動する必要はない、難しい人間関係がない環境を作ろうと努力した。ただ、みんなで楽しく音楽を作り、楽しい時間を過ごすだけのような。ヴァン・ヘイレンの時代は、いつだってそれを妨げるものがあったんだ。それがまた起きたんだと思うよ」

「僕らはやろうと試みたが、一緒にやるのが難しくなり得る人たちがいて、実現できないでいる」

計画はまだ初期の段階だったが、ツアーの予定ではなかったという。1回限りの公演だとしても困難をきたしたそうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報