トニー・マーティン、ブラック・サバス再発盤にエディ・ヴァン・ヘイレンとのセッション収録を提案

ツイート


トニー・アイオミは以前、トニー・マーティン時代のブラック・サバスのアルバムのリイッシュー盤を計画していると話していたが、マーティンはそれに向け、『Cross Purposes』(1994年)制作時にエディ・ヴァン・ヘイレンと行ったライティング・セッションを録音したテープをアイオミに託したそうだ。マーティンは、それがリイッシュー盤に収録されることを願っているという。

◆関連画像

マーティンは『The Rock and Metal Profs: The History and Philosophy of Rock and Metal』ポッドキャストのインタビューで、こう明かした。「俺は、エディ・ヴァン・ヘイレンが来て、1曲作るのを手伝ってくれたときのライティング・セッションを録音していたんだ。80年代、俺は8トラックのレコーダーを所有していて、どこにでも持ち歩いていた。ライティング・セッションやリハーサルなんか全てを録音してたんだ。だから、それを(アイオミへ)送った。彼は、“ワオ! こいつは素晴らしい”って言ってたよ。俺は、“使ってもらうのは歓迎だ。もし(リイッシュー盤に)収録したいのであれば”って言ってある」

ただ、マーティンはリイッシュー盤プロジェクトには関わっておらず、いつ、どんな形でリリースされるのか等、聞いていないという。「ブラック・サバスに関してはいつも、多くの情報は得られない。彼らは手の内を見せないから」

「ずい分前、追加で曲を収録できないかって提案があったんだ。俺はそれを勧めたよ。トニー・アイオミに会いに行き、いくつか提案したんだ。でも彼は、ブラック・サバス名義では新しいものはなにもリリースできないって言ってた。オリジナルの4人が関与したものじゃなきゃならないんだって」

アイオミは昨年、『Loudwire』のインタビューで、「しばらく前に『Forbidden』のリミックスが行われていると聞いたが、間もなくリリース予定なのか?」と問われると、「トニー・マーティン時代までたどり着いたら、そうする。いまはディオ(時代)に取り掛かっているからね。トニー・マーティンが長年、オジーとディオの中に埋もれてしまっているのは残念だ。素晴らしいアウトテイクと共にトニー・マーティン時代のアルバムをリリースできるときが来る。すでに家でミックスしているんだ。準備はできている。でも、相応しい時期が来るまで待たないと。全て一緒にはリリースできないよ。混乱を招くからね」と答え、把握していない未発表曲が山のようにあり、サプライズが出てくる可能性があると話していた。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報