宇多田ヒカル、“CARTIER TRINITY FOR CHITOSE ABE OF sacai”シークレットライブにサプライズ出演

ツイート


宇多田ヒカルの最新アルバム『BADモード』に収録の「Somewhere Near Marseilles -マルセイユ辺り-」がキャンペーンソングとして起用されている“CARTIER TRINITY FOR CHITOSE ABE OF sacai”のローンチを記念して、7月21日(木)に表参道にて開催されたシークレットライブに、宇多田ヒカルがサプライズ出演した。

◆宇多田ヒカル 画像

“CARTIER TRINITY FOR CHITOSE ABE OF sacai”は、パリのジュエラー、カルティエとsacaiのデザイナー兼ファウンダーである阿部千登勢が、「トリニティ」リングに対するそれぞれのビジョンを融合し、誕生した限定ジュエリーコレクション。“安心と裏切りのバランス”をテーマに、独創的、且つ革新的なアプローチで誕生した限定ジュエリーコレクションのローンチを祝し、開かれた本ライブはコレクションに親和性のあるセレブリティをはじめとした招待者限定かつ、ゲストDJ/アーティストも完全非公開のシークレットイベントとして開催された。

会場の入り口からラウンジに至るまで、キャンペーンの世界観を表現したカルティエ レッドに染められた空間が広がる中、シークレットライブはスタート。イベント中盤に差し掛かると、ゲストDJとしてFloating Pointsが登場し、彼の見せる貴重なDJプレイに会場はさらなる熱気に包まれた。ラストの曲が流れ出し、大きな拍手の中でシークレットゲストアーティストとして宇多田ヒカルがサプライズで登場すると、このふたりによる共同プロデュース楽曲でもある「Somewhere Near Marseilles ―マルセイユ辺りー」をライブ初披露した。実に2018年のツアー<Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018>以来約4年ぶりの日本でのライブパフォーマンスということもあり、会場のボルテージは最高潮に。約10分間パフォーマンスを繰り広げ、ステージを後にした。また当日の様子はSNS投稿用に撮影が許されており、イベント終了後から多数投稿が見られ、ソーシャル上でも大盛り上がりとなった。





宇多田ヒカル本人も出演するキャンペーンムービーは、表参道のポップアップストア、及びスペシャルサイト内で公開中。サイト内では、宇多田ヒカルの特別インタビューなども楽しむことができる。

photo:岸田哲平/Teppei Kishida

<CARTIER TRINITY FOR CHITOSE ABE OF sacai ポップアップストア>

場所:表参道交差点:東京都港区南青山5-1-1
最寄駅:東京メトロ 表参道駅(A5出口すぐ)/JR山手線 原宿駅(徒歩約15分)
期間:2022年7月25日(月) まで。
営業時間:11:00 - 19:00 入場無料
詳細は、スペシャルサイトにてご確認ください。 (https://cartier-trinity.jp)

<CARTIER TRINITY FOR CHITOSE ABE OF sacai コレクション>
1924年ルイ・カルティエの遊び心あふれる想像力から生まれた、カルティエのアイコン「トリニティ」。
誕生からまもなく100周年を迎える「トリニティ」リングをベースに、デザイナー、阿部千登勢と
カルティエのクリエイティブな対話によって、新たな調和への解釈をまとって生まれ変わったデザインは、オリジナルのエレガンスはそのままに、6つの限定モデルで構成されています。
全6モデル(リング、ネックレス、ブレスレット、シングルイヤリング)¥324,500(税込)~
2022年7月7日(木)より発売
カルティエ ブティック下記6店舗と表参道ポップアップストアにて受注受付中
東京:銀座ブティック/伊勢丹新宿本店/六本木ヒルズ店/表参道ポップアップストア
大阪:心斎橋ブティック/阪急うめだ本店
福岡:岩田屋本店・新館

この記事をツイート

この記事の関連情報