<DOWNLOAD JAPAN 2022>、タイムテーブル公開

ツイート

8月14日に千葉・幕張メッセで開催される<DOWNLOAD JAPAN 2022>のタイムテーブルとステージマップが公開された。

◆ステージマップ、タイムテーブル

2022年の<DOWNLOAD JAPAN>にはドリーム・シアター、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン、マストドン、スティール・パンサー、ソウルフライ、アット・ザ・ゲイツ、コード・オレンジ、ザ・ヘイロー・エフェクト、オープニングアクトを務めるBAND-MAIDの計9組が出演する。ヘッドライナーのドリーム・シアターは110分のセットを披露する予定とのことだ。

なお、ザ・ヘイロー・エフェクトのイェスパー・ストロムブラード(G)は今回の公演には参加せず、サポート・メンバーとしてザ・ホーンテッドのパトリック・ヤンセンが出演するという。バンドとストロムブラードからは次のようなメッセージが発表されている。

   ◆   ◆   ◆

業界やメディアの方々、そしてファンの皆さんへ、お知らせがあります。
デビュー・アルバムのリリースが日に日に近づき、またバンドとして初めてのライブを行った今、私たちが繰り返し受ける幾つかの質問に対して、より正確に詳しく答える必要があると感じました。
The Halo Effectの結成はごく自然な成り行きでした。長い付き合いのある友人5人が、互いに楽しみ音楽的に尊敬し合いながら、芸術と音楽を創り上げるために集まっただけで、とてもシンプルなことです。そして、それは今日まで続いています。私たちがお互いに抱いている愛と尊敬は計り知れないものがあり、The Halo Effectという集団として可能な限り最高の音楽を作り出そうとしています。
また、長年にわたり、私たちの最愛のバンドメンバーであるJesperが苦悩してきたことはお伝えしなければなりません。私たちはこのことを隠すつもりはありませんし、このことから目を背けることもありません。Jesperの演奏と音楽制作に対する愛は、ファンに対する愛と同様に計り知れません。彼はこれまでインタビューに応じることはなかったですし、今後もそれは変わらないと思います。彼は音楽を通して、そしてファンと会う機会があれば直接会ってコミュニケーションをとることを好んでいます。Jesperは日々強くなり続けていますし、皆さんのサポートがあれば、強くなり続けるでしょう。バンドとして、私たちはJesperの旅を理解し、尊敬し、肩を並べ応援しています。このことによって、彼はインタビューの際にバンドメンバーの中で最も評価されにくいのかもしれないし、毎回のライヴに参加できないかもしれません。ですが、Jesperは可能な限り参加するつもりなので安心していただきたいです。
-----------------------------------------------------------
私は長年、依存症や他の悪魔と戦ってきました。だからThe Halo Effectを結成したとき、これらの問題にきちんと向き合おうと決めました。時間がかかるだろうし、日々向き合わなければならないことだということは理解しています。でも必要な助けはあるし、理解ある素晴らしいバンドメンバーもいます。この闘いに私は勝っているんです。みんな、信じてくれてありがとう。音楽がなかったら何もありませんでした。皆さんのサポートに感謝しています!
Jesper
------------------------------------------------------------
愛をリスペクトをこめて
The Halo Effect

   ◆   ◆   ◆

<DOWNLOAD JAPAN 2022>

2022年8月14日(日)千葉・幕張メッセ
OPEN 9:30 / START 10:30
出演:
ドリーム・シアター
ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン
マストドン
スティール・パンサー
ソウルフライ
アット・ザ・ゲイツ
コード・オレンジ
ザ・ヘイロー・エフェクト
オープニングアクト:BAND-MAID

チケット:
VIP ¥35,000(入場チケット+VIP特典)
スタンディング¥18,000(別途1ドリンク代)
[問] info@livenation.co.jp
※来場の際は、必ず事前に公演特設サイト(https://www.downloadfestivaljapan.com/)に掲載されている注意事項をご確認ください。

この記事をツイート

この記事の関連情報