究極のカタログシリーズ『クラシック百貨店~クロニクル』100タイトル発売決定

ツイート

『クラシック百貨店~クロニクル』と題されたクラシック音楽の名盤シリーズ100タイトルがユニバーサル ミュージックより発売されることが決定した。昨年、「器楽曲」「協奏曲」「管弦楽曲」「室内楽/歌劇&声楽」「交響曲」とジャンルに分けて発売された名盤シリーズの第2弾となり、今回は、「ルネサンス・バロック」「古典派」「ロマン派」「近現代」と時代別にセレクトされた名盤、合計100タイトルが発売される。

◆『クラシック百貨店~クロニクル』 関連画像

「ルネサンス・バロック」では、ウィーン・ホーフブルクカペルレ・コーラルスコラの『グレゴリオ聖歌集』やオルフェウス室内管弦楽団による『パッヘルベルのカノン/バロック名曲集』、「古典派」では、 イ・ムジチ合奏団の『モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク 他』やヘルベルト・フォン・カラヤン『ベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》』、「ロマン派」はアリス=紗良・オット『ショパン:ワルツ集』や小澤征爾『ブラームス:交響曲第4番、ハンガリー舞曲第5番・第6番』、「近現代」は、クリスチャン・ツィメルマン『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番・第2番』、グスターボ・ドゥダメル『ジョン・ウィリアムズ・セレブレーション』など、クラシックの2大レーベル「ドイツ・グラモフォン」、「デッカ」から名盤がセレクトされている。いずれも最良のマスターを使用し、そのポテンシャルをひき出す高音質SHM-CD&グリーン・カラー・レーベルコート仕様が採用される予定となっている。

なお、今回は歴史に沿ってクラシック音楽の変遷を楽しんでほしいという意図から、CDのブックレットの序文には『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』の著者、山﨑圭一(ムンディ先生)の歴史解説を掲載。また、山﨑圭一(ムンディ先生)監修によるサイト「クラシック音楽の歴史」も本日公開となった。このサイトでは、世界の歴史とクラシック音楽のトピックを時代別に紹介。『クラシック百貨店~クロニクル』の作品と一緒に楽しんでいただきたい。

時代別に楽しめる名盤シリーズ『クラシック百貨店~クロニクル』第1回目の発売は9月7日(水)。「ルネサンス・バロック」そして、「古典派」より21タイトルが発売となる。


『クラシック百貨店~クロニクル』

9月7日発売 第1回 ルネサンス・バロック~古典派 21W
9月21日発売 第2回 古典派~ロマン派 25W
10月5日発売 第3回 ロマン派 25W
10月19日発売 第4回 近現代 29W

SHM-CD仕様・グリーン・カラー・レーベルコート
1枚:¥1,650(税込)、2枚組:¥2,420(税込)

「クラシック百貨店~クロニクル」シリーズ 購入者特典
◇Amazon:クラシックロゴ入りストーンペーパーコースター
◇UNIVERSAL MUSIC STORE:クラシック・レーベル・ロゴステッカー
※特典は数に限りがあります。
※ご予約の場合、特典は商品お渡し時のお届けとなります。

◆クラシック百貨店特設ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報