【ライブレポート】SHARE LOCK HOMES、初の47都道府県ツアー完走「マジでしんどかったけど、マジで楽しかった!」

ツイート


SHARE LOCK HOMES(読み:シェアロックホームズ、通称SLH)が<SLH電鉄〜47都道府県ツアーの巻〜>と題し、1月15日からメンバーの地元でもある山口県下関を皮切りに、車で日本全国各地のSLHCrew(SLHのファンの呼称)に会いにいったSLH初の47都道府県ツアーを、7月16日、東京・Spotify O-EASTにて無事終了させた。ここでは、その最終公演のライヴの模様をお伝えする。

  ◆  ◆  ◆

ライヴ当日。会場の裏口には前回インタビューでメンバーたちが「中古で買った」といっていたSLH号(ハイエース)が横付けされていた。白で塗装された車体には、メンバーのイラストや細かい文字で応援メッセージが書き込まれたシールがびっしり、キレイに貼られている。こうして、全国各地でSLHを応援しているcrewたちの熱い想いを乗せ、2万4000kmを激走してきたSLH号がたどりついた旅の最終地点。入り口では、車掌姿のメンバーの巨大イラストやプラレールがクルクル走るなど、crewたちが用意したSLH電鉄仕様のゴージャスなデコスタンド花が観客をお出迎え。見ているだけ、ワクワクが高まる。

2階の立ち見までびっしり埋め尽くされた場内。47都道府県、各地を走り抜けて51公演目となるこの日のライヴは「声出しOK」公演となり、その告知で場内が絶叫と興奮に包まれるなか、SLH電鉄ラストランは「#1 Way Road」でダイナミックに幕開け。会場一丸となって手を左右に振るアクションで、SLH電鉄に勢いよくRide onしたあとは約束の場所へ向かって全員で出発進行! 「じゃあクラップから始めよう!」とKARASUがDJ HACKとともに場内を煽り、“俺らが日本全国をJack!”と高らかにラップする「Japan Jack 47」へ。クラップとボイパ、スクラッチだけでメンバーが音域が違う声色でラップリレーしていくアクトでHIP HOPへの想いを存分に感じさせたあとは、今回のツアーに帯同したダンサーチームのTOBY HOMES(読み:トビーホームズ)がオンステージ。前列にSLH、後列にTOBY HOMESを配し、複線を作って踊る「一撃SNIPER」から「Take it Easy」〜「カチカチマウンテン」をスペシャルメドレーで歌っていく。ここでは、踊ってみた出身ならではの手法を凝らしたダンスショーで会場を魅了。再び4人のみで“踊れ・廻れ・戯れ”と歌う「K13」までいっきに駆け抜ける。













そうしてMCを挟み、そこで7月13日にリリースしたミニアルバム『jumble』について触れたあとは、最新作から「roll-up」を披露。YUMAのローヴォイスで体を揺らし、じょじょにテンションをあげていったところから「Spanky Funky Sound」へと展開。HIP HOP以外にソウルミュージックもオシャレに踊れてしまうのがSLH。ここでは“OH,YEAH”“1、2、3”の掛け声で観客が大いに湧き上がる。そこにキャッチーな「EE☆YAN」が投下されると、フロアでは一斉に振りマネがスタート。メンバーはその姿を見つめながら可愛くダンス。ダンスキッズ憧れのハイレベルなダンスとともに、このような誰もがマネできる可愛らしいダンスを笑顔を浮かべて楽しげに実演できるところは、彼らの魅力。そうしてミニアルバムに収録したEDMチューン「ARAI」はSHIRAHANの先導で“ARAI“を全員で大声で叫んで、テンションを爆発的に上げていく。これで場内の一体感が高まったところの先に「3年、、、寝たろう!?」という楽しすぎる展開が待ち構えていた。冒頭、フロントでラップするYUMAの後方に構え、バックダンサーのようにSHIRAHAN、RYO、KARASUが横並びで踊るシーンでゾクゾクさせたあと、観客全員でタオルを回して大いに盛り上がり、最後の最後は頬の下に両手を重ねたRYOが目を閉じ、狙いすましたような寝顔で“すや〜”とささやき観客を一撃していったシーンは最高のエンタテインメント。







メンバーはこのあとお着替えタイムへ。ステージ上ではその間、DJタイム。DJ HACKがSLHのカヴァー曲を使って繋いでいくところも、ノリノリで歌うcrewたち。途中からTOBY HOMESもそこに加わり、ソロダンスでフロアを後押し。そうして最新の衣装に着替えてステージに戻って来た4人は、ここからミッド〜スローテンポの曲を集め、SLHのなかでも日常系の歌ものをたて続けに披露していく。指先でワンコポーズを作る「犬」は、曲が終わった後RYOが「ワン!」と可愛く吠えると、フロアから悲鳴が上がる。そんなキュートなところから「feel so good」では、手足の指先までじんわりとタイム感を後乗りさせていく表現の洒落たダンスで4人が魅せまくったところは圧巻! 最新のラブバラッド「ふたりばなし」ではSLHのなかでラップも歌も変幻自在のKARASUがRYOのオクターブ上をハモる高音を披露。アウトロではRYOがCDにはないフェイクを入れ、ライヴならではの歌を聴かせてみせる。そうして、歌に注目が集まったところで「来シ方」が登場。曲のせつなさ、SLHのヒストリーをリアルに綴った歌詞、4人のユニゾンがかけ合わさり、胸を締め付けるような感動が場内いっぱいに広がっていく。





「みなさんの顔を見ていると、いろんなところに来てくれていたのを思い出します」と語ったSHIRAHANが「ラストブロックはブンブン吹かせて」といって始まった「アクセル!!」からライヴは終盤戦へ。ステージとフロア一丸になってハンドルダンスを踊り、アクセルはフルスロットルに。終盤ながらも4人はここでキレキレのダンスを披露してみせる。続く「GURU」はマシンガンラップに観客が素早く合いの手を入れ、アウトロではDJ HACKまでがそれに呼応するように激しいスクラッチを入れ、場内は大興奮。そこにTOBY HOMESも加わり、「BATTLE OF THE TOKYO」はメンバーとのペアダンスでアグレッシブに攻めまくる。そのあと「チェリオ!」に突入すると、場内にはcrewが歌う“チェチェチェリオ”の大合唱が立ち上がり、ものすごい一体感がO-EASTに広がる。さらにそこにメジャーデビュー曲「パリ↓↑パニ」を繋いで、最高の盛り上がりを作ってみせた彼ら。RYOが「みんな楽しい? でも、次の曲で最後です」というと、「え〜、産まれたばっかり〜! おんぎゃー!」と叫ぶ観客たち。SLH流のこのコール&レスポンスも見事に揃ったところで、SHIRAHANが「ここに桜の花を咲かせて下さい」というとcrewたちは手にしているブレードの色をピンクに揃える。O-EAST全体に季節外れの桜が咲くなか、メンバーは名曲「おかえり桜」を熱唱。最後のサビパートを歌い出した瞬間、2階席から『47都道府県ツアー 完走 おめでとう』という文字の周りにcrewたちの寄せ書きを書いた手作りの横断幕が開くというサプライズで、ここまで走り抜いたメンバーを讃えたところで、ライヴは感動に包まれるなか終了した。



開演からここまで1時間半を超えるフルボリュームで、突っ走ったライヴ。しかし、これはまだ1部。このあと換気休憩を挟んで、ライヴは2部へと展開していくのだった。

2部の幕開けに姿を現したのはTOBY HOMESのメンバーたち。いつもはここで前説していた彼らが、この日は特別にSLHの「犬」のカヴァーをハツラツとしたアクトでパフォーマンス。そうして、いよいよ2部。お待ちかねの“サービスエリア”が登場。これが前回インタビューでメンバーが語っていた噂のバンド(笑)。長いツアーだからこそ、やったことがないものに各々チャレンジして、その成長を見てもらおうという趣旨のもと、始まったこのバンド。会場の盛り上がりは、まるでアイドルを迎える雰囲気(笑)。ここでヴォーカルをつとめる“海老名様”(RYO)の仕上がり具合、破壊力が凄いことになっていた!! 各地のcrewに予想外の人気を博したお陰で、バンドは思いの外、急成長。この日は、挙手した観客のなかから海老名様に選ばれた2人がステージで歌をプレゼントされるというサービスまであった。MCでは、笑いすぎて歌えなかったり、楽器をライヴハウスに忘れたりというツアー中のエピソードを披露しながら、この日のために用意したという新しいカヴァー曲を含めて、トータル8曲の歌唱と演奏を披露。歌って踊るだけでは収まりきらない、SLHの体をはった(?)エンタテインメントショーで場内を大いに楽しませていった。













そうして、このあとはみんなで記念撮影を行なったあと、次のライヴスケジュールをメンバーがサプライズ発表すると、場内は狂喜乱舞。そうして、最後に4人が挨拶。RYOが「無事に何もなく完走できてよかった」と話すと、KARASUは47都道府県ツアーはSLHとしては挑戦だったと前置きした上で「各地みんなと過ごした時間が楽しかった。全部が特別」と振り返り、YUMAは「一つだけいわせて。疲れた」と本音をポロリ。SHIRAHANも「大変でした」と伝えた上で「でも嬉しいこともたくさんありました」と言葉を続けた。「怪我することなく51公演できて。ここに連れてきてくれたみんなに感謝です。最後にこの曲を歌ってラストにします」といったあと「letter song ~君と僕を繋ぐ歌~」を歌いだすと、crewたちは一瞬息を止め、ステージに見入る。タオルで流れ落ちる涙をぬぐいながら、この歌とツアー完走をメンバーとともに噛み締め、ライヴは再び大きな感動が広がるなかエンディングを迎えた。

「マジでしんどかったけど、マジで楽しかった!」── 最後にYUMAが大声で叫んだところで、SLH号のラストランは終了した。



コロナ禍で会えなくなったcrewたちにこっちから会いに行こう…そんな想いから始まった47都道府県ツアー。半年間かけて51公演、1本も欠くことなく見事完走をしてみせたSHARE LOCK HOMES。47都道府県ツアーにバンド演奏、デビューしても更新を続ける“踊ってみた”のダンスに爆笑のエンタメ動画。従来のダンス&ヴォーカルグループの型に収まりきらない、このジャンルレスな活動こそがSLH最大の醍醐味。

11月から始まる<SLH集会〜Zeppで集会やるんで夜露死苦!〜>については、「“集会”というからには、まだ誰もZeppでやったことがないようなことをやるんで」とライヴのなかで語っていたメンバーたち。彼らの挑戦はまだまだ続いていく。日本武道館に立つという夢を制するために──。

取材・文:東條祥恵
撮影:Ban Yutaka

  ◆  ◆  ◆

<SLH集会〜Zeppで集会やるんで夜露死苦!〜>

2022/11/12(土):KT Zepp Yokohama
2022/11/19(土):Zepp Nagoya
2022/11/26(土):Zepp Osaka Bayside
2022/12/4(日):Zepp Fukuoka
2022/12/10(土):Zepp Diver City
2022/12/18(日):Zepp Sapporo

mini album『jumble』

2022.7.13 release

<Type-N>
MUCD-1487 ¥1,760(税込)

<Type-Y&K>
MUCD-1488 ¥1,760(税込)

<Type-S&R>
MUCD-1489 ¥1,760(税込)

■収録曲
M1. アクセル!!
M2. roll-up
M3. ふたりばなし
M4. ARAI
M5. GURU

SHARE ROCK HOMES 47都道府県ツアー<SLH電鉄〜47都道府県ツアーの巻〜>

1/15(土)山口:シーモールホール
1/16(日)広島:HIROSHIMA CAVE-BE
1/22(土)埼玉:HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
1/23(日)東京:神田明神ホール
1/30(日)群馬:TAKASAKI club FLEEZ
2/04(金)千葉:柏PALOOZA
2/05(土)栃木:宇都宮HEAVEN’S ROCK Utsunomiya
2/06(日)茨城:club SONIC mito
2/18(金)大分:DRUM Be-0
2/19(土)宮崎:SR BOX
2/20(日)熊本:熊本 B.9 V2
2/23(水)香川:高松DIME
2/24(木)兵庫:神戸VARIT.
2/26(土)大阪:阿倍野ROCKTOWN
2/27(日)京都:京都GROWLY
3/05(土)福井:福井CHOP
3/06(日)富山:富山県民小劇場オルビス
3/11(金)三重:四日市CLUB ROOTS
3/12(土)愛知:SPADE BOX
3/13(日)岐阜:岐阜CLUB ROOTS
3/19(土)新潟:新潟GOLDEN PIGS RED
3/20(日)長野:長野ライブハウスJ
3/21(月)石川:金沢AZ
3/25(金)福島:郡山Hip Shot Japan
3/26(土)山形:山形ミュージック昭和Session
3/27(日)宮城:仙台darwin
4/03(日)神奈川:1000 CLUB
5/13(金)鳥取:米子 AZTiC laughs
5/14(土)島根:松江 AZTiC canova
5/15(日)岡山:岡山IMAGE
5/20(金)徳島:club GRINDHOUSE
5/21(土)高知:LIVE HOUSE X-pt.
5/22(日)愛媛:松山サロンキティ
5/27(金)秋田:秋田Club SWINDLE
5/28(土)青森:青森Quarter
5/29(日)岩手:盛岡Club Change WAVE
6/01(水)鹿児島:鹿児島 SR HALL
6/03(金)長崎:DRUM Be-7
6/04(土)佐賀:LIVE HOUSE GEILS
6/05(日)福岡:DRUM Be-1
6/11(土)北海道:函館 club COCOA
6/12(日)北海道:cube garden
6/18(土)静岡:LIVE ROXY SHIZUOKA
6/19(日)愛知:名古屋クラブクアトロ
6/24(金)和歌山:和歌山CLUB GATE
6/25(土)大阪:梅田クラブクアトロ
6/26(日)奈良:EVANS CASTLE HALL
7/02(土)滋賀:滋賀U☆STONE
7/03(日)山梨:甲府KAZOO HALL
7/09(土)沖縄:桜坂セントラル
7/16 (土)東京:Spotify O-EAST


この記事をツイート

この記事の関連情報