U2、グラディス・ナイトら、ケネディ・センター名誉賞を受賞

ツイート
Photo by Kurt Iswarienko

パフォーミング・アーツを通しアメリカ文化に貢献した人たちへ贈られるケネディ・センター名誉賞の2022年度(第45回)の受賞者が発表された。

◆関連画像

今年はU2のメンバー4人と、R&B/ソウル・シンガーのレジェンド、グラディス・ナイト、コンテンポラリー・クリスチャン&ポップ・シンガーのエイミー・グラント、作曲家/教育家のTania León、俳優のジョージ・クルーニーが受賞する。

ケネディ・センター名誉賞は1978年に創設された。バンドとしての受賞はザ・フー(2008年)、レッド・ツェッペリン(2012年)、イーグルス(2016年)、アース・ウィンド&ファイアー(2019年)に続き、U2が5アクト目となる。

U2のメンバーは、「1980年12月、僕らは太平洋を横断し初めてアメリカを訪れた。最初の公演はNYのThe Ritz、次はD.C.のThe Bayouでだった。当時、僕らには大きな夢があった」「でも、40年後、その国で最も栄誉ある賞の1つを授かるため招待されるとは夢にも思っていなかった。この国、その人々、アーティストたち、カルチャーとの40年にわたるロマンスだ。僕らはアメリカを第2の故郷と考えており、僕らをこの類まれなアーティストたちの偉大な一派に歓迎してくれたことを感謝する」とコメントしている。

今年の受賞たちを称えるセレモニーは12月に開催され、アメリカでCBSから放送される。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報