いぶくろ聖志(和楽器バンド)、福山の子供たちの為に書き下ろした新曲「風来壮烈」を配信

ツイート

いぶくろ聖志(箏/和楽器バンド)が、福山の子供たちの為に書き下ろした新曲「風来壮烈」を7月24日よりデジタル配信する。

和楽器バンド「たる募金」の第2弾・福山琴で生まれた、いぶくろ聖志と福山市の絆。今年築城400年を迎える福山城の応援サポーターにも就任し、さらに、たる募金で集められた400万円で福山の琴工房各社で作られた18面の琴を、福山市内の小・中学校・高校の箏曲部に贈呈した。

その時に琴と一緒に、子供たちに送られた楽曲が、いぶくろ聖志書き下ろしの楽曲である「風来壮烈」だった。

この楽曲は、初代福山城主・水野勝成の破天荒な人生をテーマに作られた楽曲で、「第29回ふくやま琴まつ」りで、いぶくろ聖志と福山市内の箏曲部を代表して15名の生徒と一緒に特別演奏として合奏された。

この「風来壮烈」合奏の為に、5月より7月23日の「琴まつり」本番までに、いぶくろ聖志は2週間に一度福山を訪れ、子供たちに演奏指導をし一緒に合奏の練習をした。迎えた本番の特別演奏では、圧巻の演奏で会場を大きな感動に包まれた。

今回、そんな「風来壮烈」のスタジオレコーディングバージョンがデジタル配信された。また、「風来壮烈」の譜面も8月17日にUNIVERSAL MUSIC STOREにて販売予定とのことだ。

■ 「風来壮烈」
配信リンク:https://umj.lnk.to/furaisouretsu


◆いぶくろ聖志 オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報