いい音爆音アワー vol.129「ナイス♪ブレイク特集」

ツイート
爆音アワー
いい音爆音アワー vol.129「ナイス♪ブレイク特集」
2022年7月13日(水)@ニュー風知空知
曲の途中で、演奏をピタッと止めるのを「ブレイク」と言いますが、今回はその「ブレイク」の特集です。ブレイクには大きく分けて2種類ありまして、ひとつは、他がストップして歌だけ、あるいは何か楽器だけになるもの、もうひとつは、全部が止まって無音になるものです。後者を私は「純ブレイク」と呼んでおりますが、まあこちらのほうが圧倒的に少ないので、希少価値があります。逆に前者はいくらでもある。
で、「ナイス・ブレイク」の理想は、「純ブレイク、かつそれがその曲の重要なポイントになっている」ものなんですが、これがなかなかありません。集めるのに苦労しました。実はこのテーマを思いついた、というかある方の発言から勝手にいただいたのが約4年前で、それから、ブレイクを持つ曲を発見するたびに吟味してメモして、少しずつ集めてきました。ようやくまとまった数になってくれたのですが、それでも全部「純ブレイク」ということではありません。「純ブレイクではないけどカッコいいブレイク」も含めての15曲です。


ふくおかとも彦 [いい音研究所]

▶まずは「定番ブレイク」から

  • ①Pérez Prado「Mambo No.5」
    ブレイクして「ウー!」はマンボの作法
  • ②伊東ゆかり「恋のしずく」
    ラテンリズムの歌謡曲にはブレイクがつきもの
  • ③Led Zeppelin「Rock and Roll」
    ロックンロールにもブレイクはつきもの

▶ここからは「独自ブレイク」

  • ④Cactus「Long Tall Sally」
    ロックンロール名曲の大胆アレンジのカヴァー。大純ブレイクあり。
  • ⑤King Crimson「21st Century Schizoid Man」
    トリッキーなブレイクをピタッと合わせるのがプログレの矜持
  • ⑥Elvis Costello「Alison」
    「stop」という歌詞とともにブレイク
  • ⑦Billy Joel「All for Leyna(レイナ)」
    この曲も「stop」で3回ブレイクです。
  • ⑧Otis Redding「I've Been Lovin' You Too Long(愛しすぎて)」
    「I don't wanna stop now」と言いながらブレイクです。
  • ⑨Jennifer Holliday「And I Am Telling You I'm Not Going」
    バックの演奏もブレイクも凄まじい歌唱に引き倒されている感じ。
  • ⑩India Arie「The Heart of the Matter」
    Don Henleyのソロシングルのカヴァー。元にはブレイクなし。
  • ⑪aiko「カブトムシ」
    ブレイクの深いブレスにひき込まれる。
  • ⑫山口百恵「プレイバックPart2」
    今聴いてもハラハラするブレイク。歌謡曲アレンジのひとつの頂点だと思う。
  • ⑬細野晴臣「STRANGE LOVE」
    デジタル録音がもたらすまったくの無音に魅せられて、ブレイクを多用した曲。
  • ⑭松任谷由実「コインの裏側」
    歌詞の世界の景色を補完するようなブレイク。
  • ⑮山下達郎「YOU」
    話題の最新アルバムを聴いたらブレイクを見つけた♪

次回の爆音アワーは・・・

                        
この記事をツイート

この記事の関連情報