パール・ジャム、エディ・ヴェダーの声が戻らず3公演中止

ツイート
Photo by Danny Clinch

パール・ジャムは、山火事の影響で喉を痛めたエディ・ヴェダーの声がまだ戻らず、日曜日(7月24日)にオランダ・アムステルダムで予定していた公演を中止した。これで7月20日以降3公演目のキャンセルとなった。

◆パール・ジャム画像

バンドは7月17日、記録的な熱波に襲われ山火事が多発していたフランスで開催された<Lollapalooza Paris>でパフォーマンスし、ヴェダーは「パリ郊外の野外会場における非常に厳しい状況(山火事による熱、粉塵、煙)が原因」で喉を痛めた。

そのため、20日にオーストリア・ウィーンで予定していた公演および22日のチェコ・プラハ公演が中止されていた。

フランスでのパフォーマンスから1週間が経つが、ヴェダーの声はまだ出ないという。アムステルダム公演当日、「バンドにとってまたもや最悪なシナリオだ。心から謝罪する」と公演の中止が告知された。

アムステルダムでは2公演の開催を予定しており、翌日(25日)の公演についてはまだ言及されていない。6月にスタートしたパール・ジャムのヨーロッパ・ツアーはアムステルダムで終了予定。次回は9月1日から北米ツアーを開催する。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報