【インタビュー】MOSHIMO、外向きのエネルギーをぶっ放すナマのバンドサウンドに価値がある

ツイート

■今はまだみんな辛いから楽しい音楽を届けたいけど
■コロナが明けたらもっと精神面に寄った作品を作りたい


――4曲目「ひと夏の王子サマー」の声優さんばりのセリフ。あれは一体何なんでしょうか(笑)。

一瀬:あれは岩淵のキャラクターを前面に出した曲にしたいなと思っていて。岩淵って、配信でもよく言われてるんですけど、いつまでも彼氏できないキャラになっているんですよ。

岩淵:違う違う(笑)。たまたまなんだって。

一瀬:言い訳は置いといて(笑)。今のYouTubeの視聴者は若い人が多いんですけど、彼氏できない一生独身岩淵姉さんみたいな感じのキャラクターになっているんで、そこを出していけば面白いかなと思って、ああいうマイクパフォーマンスをやってみました。

岩淵:最初は「入れたくない」と言っていたんですけど、声質とか絶対向いてるから「入れなよ」って。入れたらどんぴしゃでハマって、自分でも笑っていました。「これは俺向きだ」って(笑)。

――めちゃくちゃハマってました。これってライブでもうやってる?

一瀬:これからやります。

――マイクパフォーマンス、楽しみにしています。あと歌詞で言うと、今回は全曲恋愛ソングじゃないですか? たぶん。

岩淵:そうかも。ですね。

――リアルな生きざまとか、激情とか、怒りとか、今までにあったそういう歌詞がたぶん一個もなくて。もちろん裏側には入ってると思うけど、ポジティブな感情の歌詞が多いという印象がありますね。それって意図したことなのか、それとも自然にそうなったのか。

岩淵:自然にそうなっていますね。それはたぶん『GENKI!!』というタイトルだからというのもあると思います。あと、私がいま人生系の曲を作るとなると、「ヤダヤダ!」みたいな感情がわりと入りそうな気がするんですよね。ちょっと重めでダーティーなやつが。


――おや。それはなぜ?

岩淵:やっぱり会社をやっていると、人のことがわかるようになってきたんで。なんやねんこいつ、とか思っても、ありがとうございますと言わなきゃいけない時もあるし。それは別にいいんですけど、今回『GENKI!!』というタイトルだし、人生の苦い経験みたいなことはみんなしてると思うから、そこは言わずに作ったらいいんじゃないかな?ということはありました。人生系ってどうしても重めになりがちだし、本音で書くとそうなるなら、今回は違うかなというのは正直ありますね。それと、私、2年前にお父さんを亡くして、実家で飼っていた犬も、タイミングを見ていたように死んで、ちょうど今もおじいちゃんの病気が発覚したとか、あとコロナに入ったタイミングで、看護師の友達が亡くなったりとか。この2年間、生死と向き合うことがめちゃくちゃあって、そういうことを考えると、今はそういうことを歌う時期ではなくて、コロナが明けたあとに歌ったほうがいいなと思ったんですね。今はまだ、気持ち的に受け入れられない人が絶対にいると思うし。

――ああ。そうですね。確かに。

岩淵:特に父親の死は大きかったです。死んだら何もないやって思ったんで。今は、死ぬのが怖いとか思わずに生きたいなというのが一番の根底にあります。「生きてるんだからなんとかなるっしょ」みたいに、一切怖いものがなくりました。私は父親のおかげで、人生は好きに生きたほうが勝ちだと思うようになったし、同じように好き勝手な生き方をしてるし、後悔しないでもっと好きに生きたいと思ったから、学ぶことが多かったんですよ。だからすぐにポジティブに切り替わったし、これは人生の一個の経験だなと思っています。会社を始めて、いろんな人と会うようになって、波長が合う人も合わない人もいて、合わない人ともどうやってコミュニケーションを取ればいいかとかも考えるようになったし、それは楽曲提供にも生かされているし、良かったなと思います。だからコロナが明けてから…今はまだみんな辛いから、楽しい音楽を届けたいけど、明けた時の作品はもっと精神面に寄った作品を作りたいと思います。

――そこまで考えてる。

岩淵:今回はラジオやYouTubeを通して、私という存在を知ってくれる人が増えたので、闇淵さんではなく、明るい岩淵さんの面をもっと明確に出したいということで、こういう作品になったというのはありますね。あと実際に彼氏はいないので、そういう意味でもタイムリーな作品ではないでしょうか(笑)。

――あはは。でも今の話、すごい腑に落ちました。

岩淵:すみません。重い話をして。

――このアルバムのポジティブさの意味がすごくよくわかりましたよ。アーティストとしての責任と影響力を考えた、すごく誠実な娯楽作品だと思います。そして8月12日からはワンマン公演<MOSHIMOと夏祭り>ツアーで全国4か所を回ります。どんなツアーにしたいですか。

一瀬:最近はお客さんと会うことがなかなか難しい時代になっていて、前回のツアーではお互いにどうしたらいいかわからないみたいな感じもありました。だんだんコロナとの付き合い方もわかってきた中で今回のツアーに臨むことになるので、その中で楽しめることをいろいろ企画しています。新しいグッズでうちわを作ったり、あとはロックバンドがあまりやらないようなアクションとか、浴衣で来てくれたらステッカープレゼントとか、そういうこともやっていこうと思っていて。せっかく外に出るタイミングを少しでも楽しんでもらえるようなライブにしようと思っています。

――まさに夏祭り。真也くん、一航くんは、ツアーにはどんな抱負がありますか。

汐碇:まだやってない曲が半分ぐらいあるので、その曲たちを育てていきたいなと思います。そしてお客さんが元気になってもらえたらすごくハッピーです。

高島:僕はいつでも勝手に楽しむので大丈夫なんですが(笑)、今年の夏は特に暑いので、来ていただける皆さまマメな水分補給は忘れずに、ってそれだけ心配しています。

――ポチちゃんは?

岩淵:次のツアーは、世の中のことをあんまり考えずに楽しいライブにしたいと思っています。説教くさいとか、こうだよねとか言わずに、みんなの好きなものや自分たちの好きなものをお互いに出しあえるライブにしたいです。良い意味の趣味感というか、そっちのほうがたぶん気軽に来やすいんじゃないかな?と思うので。「夏祭り」と言っているので、一個のイベントとして楽しんで、リフレッシュして次に行くみたいな、そういうものにしたいなと思っていますね。いろいろある辛いことや苦しいことは、歌に乗せて歌えたら、MCとかは変に重いことを言わずに楽しくやって、一言伝えたいことをさくっと伝えて終われたらいいかなと思います。

――今日話せていろいろ納得しました。ツアー、楽しみにしています。

岩淵:ありがとうございます。ぜひ来てください。

取材・文:宮本英夫







リリース情報

mini album『GENKI!!』
8月3日 RELEASE
KONS-002 / \2,500+税
【CD2 枚組】
DISC1
1.祭りだワッショイ
2.Jun Bride
3.クリームソーダ
4.ひと夏の王子サマー
5.365
6.心願成就
DISC2
2022年3月28日「MOSHIFES.2022」LIVE 音源
1.触らぬキミに祟りなし
2.化かし愛のうた
3.寝グセ
4.Jun Bride
5.電光石火ジェラシー

ライブ・イベント情報

<MOSHIMO と夏祭り>
8月12日(金)【大阪】梅田Shangri-La
8月17日(水)【愛知】名古屋ell.FITSALL
8月21日(日)【福岡】Drum Be-1
8月30日(火)【東京】Spotify O-EAST
※全公演ワンマン
▼チケット
各種プレイガイドにて一般発売中
https://eplus.jp/moshimo/

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報