元ビーチ・ボーイズのブライアンに密着した初めてのドキュメンタリー 『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』本編映像解禁

ツイート

聴く者の心を浄化する歌唱と美しき旋律。元ビーチ・ボーイズのブライアンに密着した初めてのドキュメンタリー『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』が、2022年8月12日(金)よりTOHOシネマズシャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほかにて全国ロードショーとなる。

◆『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』 関連動画&画像


この度、本作のインタビュアーであり、旅の同行者でもあるジェイソン・ファインと、かつてブライアンのドキュメンタリーを監督したこともある音楽プロデューサーでブルーノート社長のドン・ウォズがブライアンの魅力について語る本編映像を解禁した。

「サーフィン・U.S.A.」「グッド・ヴァイブレーション」「神のみぞ知る」、そして名盤『ペット・サウンズ』『スマイル』。他の追随を許さない、聴く者の心を撃ち抜く歌唱と旋律の美しさ。音楽の神に愛された「ビーチ・ボーイズ」の創設メンバー、ブライアン・ウィルソン。その輝かしすぎる栄光の日々の半面、稀代の天才ソングライターが抱えていた、哀しくも壮絶な真実ー。人生の喜びと悲しみを振り返り、秘められた想いが今、「天才」自身の言葉によってつむがれる。

元ローリング・ストーン誌のベテラン編集者のジェイソン・ファインとともに、幼少期に過ごした家や「サーフィン・サファリ」のジャケット写真が撮影されたパラダイス・コーブなど、ゆかりの西海岸の街をめぐっていく。ホームビデオやレコーディング風景などの貴重なアーカイブ映像とともに、3年間で70時間以上にわたるインタビュー撮影で語られるのは、プレッシャーに苛まれ陥った薬物中毒、自由と金銭を奪われ続けた精神科医との関係、そして亡くなってしまったかけがえのない兄弟への確執と愛情。それでもブライアンには音楽があった。音楽が彼を世に導き、最悪の環境から救い出した。そして、家族とともに人間的な復活を遂げた。波乱万丈な人生を送り、生きる喜びをシンプルに表現し続けた、ブライアンの軌跡を辿る旅路の果てに見えた素顔とは?


この度解禁された本編映像では、今もなお精神疾患を抱えながらも全世界ツアーを精力的に行っている、ブライアン・ウィルソンのコンサートの様子が切り取られる。1997年の『ローリング・ストーン』誌での取材以来、ブライアンにとって数少ない心を許せる友人でもあるジェイソン・ファインと、ブライアンの音楽プロデューサーを務め、映画『駄目な僕~I JUST WASN’T MADE FOR THESE TIMES』(未)にてブライアン・ウィルソンのドキュメンタリーを監督するなど長年の付き合いがあるドン・ウォズだからこそ知っているブライアンの魅力が語られる。

本作が本国で公開されて以来、100人を超える精神疾患を抱えた方々から、「この映画を観て勇気が出た」「ブライアンが今、頑張って人生を楽しんでいる姿を観て、私も前向きに生きようと思った」など多くの反響が監督もとに届いているという。薬物中毒や洗脳など波乱万丈な人生を送り、現在も精神疾患との闘いを続けながら、ツアーや創作活動を続けているブライアンに密着した初めてのドキュメンタリー『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』は2022年8月12日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほかにて全国公開。

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』

2022年8月12日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー

監督:ブレント・ウィルソン 製作:ティム・ヘディントン、テリサ・スティール・ペイジ、ブレント・ウィルソン
出演:ブライアン・ウィルソン、ジェイソン・ファイン、ブルース・スプリングスティーン、エルトン・ジョン、ニック・ジョナス、リンダ・ペリー、ドン・ウォズ、ジェイコブ・ディラン、テイラー・ホーキンス、グスターボ・ドゥダメル、アル・ジャーディン、ジム・ジェームス、ボブ・ゴーディオ
2021年/アメリカ/英語/93分/原題:Brian Wilson: Long Promised Road/字幕監修:萩原健太

◆『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報