【ライヴレポート】HYDE、Crossfaithを迎えた<RUMBLE FISH>名古屋2日目に世界標準「それでも海外に行く。夢を叶えるために」

ツイート

コロナ禍で封印せざるを得なかったスタンディング形式のライヴハウスツアーを約3年ぶりに開催中のHYDE。6月18日にスタートした<HYDE LIVE 2022 RUMBLE FISH>は、全国各地のZeppを廻り対バン形式で行われてきた。全国6カ所12公演のうち5ヵ所目、通算10公演目にあたるZepp Nagoya DAY2、7月24日。この日のゲストアクトは、欧米やオーストラリアなど世界各地でツアーを行い、フェスでの実績も誇る大阪出身のロックバンドCrossfaith。メタルコア界きっての狂犬を相手に、まさに“RUMBLE FISH(闘魚)”というツアー名を体現する激烈なバトルを繰り広げた。

◆HYDE × Crossfaith 画像

不穏なSEに乗せて先攻のCrossfaithが登場。Teru(Prog,Vision)、Kazuki(G)、Hiro(B)、Tatsuya(Dr)、そして最後にKoie(Vo)がセンターに姿を現す。

「名古屋、遊ぼうぜ!」──Koie

強靱な体躯から放たれるその叫びを皮切りに、Crossfaithのめくるめく世界へと誘った。「Deus Ex Machina」「Catastrophe」「Endorphin」「The Perfect Nightmare」と畳み掛けるラウドナンバーの数々。押しつぶされそうになるほどの凄まじい音圧、時空を歪ませるような重低音のアンサンブル、断末魔のような咆哮、荒れ狂うモンスターのようなダイナミックなアクション。逃れられない地獄に突き落とされたかのような、ほとんど恐怖に近いスリルを体感し、快楽物質が脳内で分泌されていく。


「やる前は“HYDEさんのお客さんってどんな感じなんやろう?”と思ってたけど、君たちやるな? 滅茶苦茶最高! このツアー、いろんな人たちが出てると思うけど、俺たちが一番最強なんで。それだけ頭に叩き込んどいてください」──Koie

初見の観客が多いという前提に立ち、自己紹介に続いて上記の不敵なコメントを述べると、「とりあえず……ビール飲んでいいですか?」と突如、親しみやすい一言を差し挟んできたKoie。

「なかなかHYDEさんとツーマンってないから。中学の時とかラルク(L'Arc-en-Ciel)聴いてたし、なかなかないので。乾杯したいと思います」──Koie

と祝杯をあげるべく、台の上で縮こまると「プシュッ!」という開栓音を響かせて空気が一瞬和んだ。続く「Make A Move」ではヒップホップの軽妙さを覗かせて、序盤の圧迫感とはまた違った空気をフロアに吹き込む。曲間ではオーディエンス全員を座らせて、メンバーも低い姿勢に。カウントの後一斉にジャンプすると、ステージ上にはスモークが勢いよく噴出。続く「Gimmer Danger」では舌鋒鋭いラップ、立ち位置をめまぐるしく入れ替わる華麗なステージングで圧倒。「SystemX」から「Xeno」への流れでは、エレクトロの厳密なビートが生む高揚感とメタルの凶暴性、シンフォニックなアンサンブルが帯びる荘厳さと哀切、といった多彩な音楽要素が混然一体となり、狂おしい世界が立ちあがっていく。観客は拳を振り上げ髪を振り乱し、全身をCrossfaithの音楽に投じていた。


「俺達も、日本だけじゃない世界のいろんなところでひっきりなしにツアーをしているバンドです。それが、HYDEさんがうちらを呼んでくれた理由だと思います」──Koie

Koieは、2020年以降のコロナ禍で、様々なライヴや催しが中止を余儀なくされたことに言及。切々と言葉を紡いでいく。

「ジャンルは違っても、HYDEさんが歌っている姿を観て“明日も頑張ろう”と思ったり、Crossfaithを観て“明日も頑張ろう”と思ったり……ここにいるのは、それを知ってる人たち」──Koie

コロナ禍の苦境を振り返り、「そんな時間を過ごしたからこそ、これまで見えなかった大切なことがいろいろ見えてきた」とも。その新たな視点はメンバーや音楽業界の人々だけでなく、様々な職種の人々へ想いを馳せることに繋がった、と語る。だからこそ、たくさんの人々が集まるライヴの再開に感謝し、「一人一人を大事にしたい」とKoieは誓った。

「ここで終わりじゃなくて、また日本のどこかで、フェスで、HYDEさんと対バンするかもしれないし、そうなった時にはまた俺たちと一緒の時間を共有しましょう」──Koie

そう語り掛けると、大きな拍手が送られた。残り3曲、「俺たちのライヴにはお客さんの存在が欠かせない」と述べたKoieは、「ここにいる全員手を挙げてくれますか?」と呼び掛け。「Feel Alive」ではリズミカルなクラップを求め、すぐに習得したオーディエンスの鳴らす音と共にパフォーマンス。

「俺たちだけの自由を手に入れようぜ!」──Koie

その叫びを合図に再びステージには白煙が立ち込め、ラウドなミクスチャー「Freedom」を投下。フロントに4人が並ぶ姿は勇ましく壮観。虹色に輝く眩いライティングと共に、エモーショナルな歌声とサウンドを炸裂させた。「まだ足りへんヤツ、どれぐらいおんねん?」と大阪弁でKoieが問い掛け、最後に放った「Leviathan」は鬼気迫っていた。天を射るようなTeruのポーズに目を惹かれ、Koieの雄々しいデスボイスに息を呑む。切迫感に満ちたギターのカッティング、憂いを帯びたコード進行、轟音の中の静けさ。規格外のパワー、百戦錬磨の実力を見せつけたCrossfaithは、オーディエンスを力強くその世界に惹き込んだ。メンバーはラインナップし、礼儀正しく一斉に頭を下げて挨拶。鳴り止まない拍手の轟音に包まれたままステージを去った。


後攻のHYDEについては、ツアーはまだ続行中のため、ネタバレを回避するため敢えて曖昧な表現も交えて以下執筆するが、このアクトは先々振り返った時、伝説の一つに数えられるのは間違いないだろう。これまでに目撃したどのHYDEよりパフォーマンスは激しく破壊的で、正気を失っているようにすら映ったのだ。もちろん、横溢するエネルギー量は膨大だった。

序盤はむしろZepp Nagoya初日よりもシンプルかつ穏やかに、どこか気怠さすら湛えた退廃美をまとって滑り出した。コロナ禍で歓声をファンに求めることができない中、ルールを掻い潜って編み出したハミングというコミュニケーション手法は「AFTER LIGHT」で採用。HYDE自らお手本として聴かせるハミングは世にも妖艶で、色気たっぷりな響き。軽やかにターンしながらポケットに手を入れて無造作に歌う姿は、後に豹変する予兆をまだ一切感じさせなかった。

ツアータイトルの“RUMBLE FISH”とは、一匹だけならば優雅に泳いでいる熱帯魚だが、水槽に二匹入れた途端に喧嘩を始める、美しき“闘魚”。その謂れをHYDEは自ら解き明かすと、「我々も戦闘態勢に入っております。食い散らかして行きますよ! 皆さんついて来てください」と、ユーモラスな口調で呼び掛け。「DEFEAT」では荒くしゃがれた声とシャンソン歌手のようなコケティッシュな声色とを瞬時に切り替えながら歌唱。しゃがみ込んだり床を這ったり寝そべったり、肢体の動きも様々。あっけらかんとした高笑いすら最高の表現にして、ヴォーカリストHYDEの真骨頂を見せつけた。また、名古屋初日も至高だと感じた「THE ABYSS」の深遠さはこの日群を抜いており、鳥肌が立つのを禁じ得なかった。ドラマティックなピアノアルペジオ、鋭く突き刺すような強靭なドラミングなど、バンドメンバーが繰り出すロック然としたプレイと共振するようにHYDEの歌声はみるみるうちに滾っていき、内なる魂の震えをありありと感じることができた。黒いグローヴをした両手で頬を挟み込む仕草は、雄弁であり劇的。歌い終えて掲げた右手と天を仰ぐ眼差しは、“奈落の底”を可視化。その余韻を残した美しい幕切れを、オーディエンスを立ち尽くしながら見入っていた。

「今日はCrossfaithをお迎えして観ていましたが……なるほど! こんなヘヴィなバンドがなんで人気あるか、分かりました」──HYDE

Crossfaithを最“恐”のロックバンドと呼び、「悔しい」とも率直にこぼしながら、HYDEは触発された様子。「来なかったらどうしようかと思って。恐い人たちだからね。来てくれたね」と安堵した柔らかなエピソードで笑わせる。その後、HYDEの語りのモードが変化して、海外でのライヴに果敢に挑み続けているCrossfaithを絶賛。世界第二位の音楽市場を誇る日本で成功を遂げた者ならば、国内に留まっていれば安泰であるにも拘わらず、なぜ不採算なはずの海外ライヴ活動に挑むのか。そんな問いをHYDEは投げ掛けていく。

「それでも海外に行くっていうのは、認められたいからじゃない? 夢を叶えるために。俺はカッコいいなと思う」──HYDE

それはCrossfaithへの賛辞のようでいて、HYDEが自身の生き様を投影、毅然と想いを表明しているように聞こえてならなかった。ライヴを振り返ると、このMC辺りを起爆ポイントとしてHYDEは豹変、稀に見る乱心ぶりを見せていくことになる。

「また感染者増えてきました。みんなコロナ怖い? 俺はコロナになるよりも、何もできなくなるこの世の中のほうがよっぽど怖い」──HYDE

スピーカーの上に登って繰り広げる大胆なパフォーマンスは初日のハイライトだったが、この日はさらにエスカレート。別の曲ではなんと、ドラム台に乗るに留まらずバスドラムによじ登り、ツーバスに身体を渡す形で寝そべったのである。その後、さらに別の曲ではキーボードをタッチしてhicoの演奏を妨害。狼藉の限りを尽くしたかと思えば、まだ終わらない。そんな中、新曲「6 or 9」ではオーディエンスのタオル回しを指揮するように人差し指をクルクルと回して幻惑。躍動的なリズムとエキゾティックなメロディーには中毒性があり、激しさや強さ一辺倒ではなくこうしたエッセンスを織り込んで生む緩急が、HYDE固有の持ち味であり重要だとも痛感した。


Slipknotのカヴァー「DUALITY」には、CrossfaithのKoieとTeruが乱入。HYDEはKoieと向かい合ったり肩を抱き合ったりしながら絶唱。バットでドラム缶を強打するパフォーマンスをTeruが担い、耳をつんざくような金属音を轟かせた。コラボレーションとかセッションという言葉が似つかわしくない、戦慄すら感じる光景。パフォーマンスではなく、まるでストリートで現在進行形で起きている事件を目撃したかのような、あまりにスリリングな1曲だった。恐怖の疑似体験、その先にあるカタルシスを合法的に味わえるのが、音楽、ライヴ、エンターテインメント、芸術の醍醐味なのだと再認識した。

「悔いを残すなよ、名古屋! 次しばらくないからね? 全部出して行こう、全部!」──HYDE

一瞬目を疑ったのだが、ラストの「MIDNIGHT CELEBRATION II」が始まるとHYDEは、客席に背中を向け、キーボード台とドラム台を自らステージの最前面へと引っ張り出していた。水を口に含み噴き出し、頭頂から掛けて髪を濡らして撫でつける。臨戦態勢が整った、とでもいうように後方の台に立ち歌い出したかと思えば、マイクでシンバルを繰り返し殴打。ドラムセットに突進し幾つものシンバルをなぎ倒し、荒れ狂うHYDE。うつぶせになったり仰向けになったり、七変化の体勢で身悶えるように咆哮し、ついにはマイクまでもぶん投げてしまった。地獄の底から響いてくるようなグロウルで曲を閉じると、「Thank you、名古屋! また会えて本当にうれしい。ありがとう」と感謝を述べたHYDE。夢から覚めた後に放たれた、その甘い言葉が耳に入ってこないほど強烈な残像を与え、ステージを後にした。

常軌を逸して見えた乱心は、Crossfaithとの対峙がトリガーとなりHYDEの野生が駆り立てられ、暴発したのだろうか? MCで述べていたようにまもなく対バンツアーが終わってしまうという飢餓感がロック魂を燃え上がらせたのだろうか? あるいは、その両方なのか? それとも全く別の要因があのか? いずれにせよ、HYDEの魔性に触れ、曝け出した本性に呆然とした記念すべき一夜だったのは事実である。

<HYDE LIVE 2022 RUMBLE FISH>の次回は8月6日にZepp SapporoでCVLTEと、翌7日にはNOISEMAKERとの対バンを行ない、一旦ファイナルを迎える。また、7月27日にはライヴ映像作品「HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021」をリリース。8月以降10月に掛けて<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022><SUMMER SONIC 2022 TOKYO><氣志團万博2022 ~房総魂~><THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2022>とフェスへの出演が待機している。さらには9月、Zepp Haneda(TOKYO)に籠城しての6DAYSライヴ開催も決定。9月4日および5日にASH DA HEROを迎えて<RUMBLE FISH>追加公演、9月7日、8日、10日にワンマン公演<HYDE LIVE 2022>、9月11日に観覧エリアを男女別に分けての<BEAUTY&THE BEAST>を実施する。ソロデビュー20周年を超えてなお、HYDEという多面体は、解き明かすことのできない謎を増して進んで行く。

取材・文◎大前多恵
撮影◎岡田貴之 (HYDE&SESSION)/西槇太一(Crossfaith)


■対バン形式のライヴバトル<HYDE LIVE 2022 RUMBLE FISH>

※終了した公演は割愛
【北海道】
8月06日(土) Zepp Sapporo
Guest Act:CVLTE
8月07日(日) Zepp Sapporo
Guest Act:NOISEMAKER
(問)マウントアライブ 011-623-5555

全公演:open16:30 / start17:30
※開場 / 開演時間は予定です。変更となる場合があります。

▼チケット
・1Fスタンディング:¥6,660(税別) / ¥7,330(税込)
・2F指定席(オリジナルグッズ付):¥10,000(税別) / ¥11,000(税込)
※D代別
※未就学児童入場不可
※再入場不可
※1Fスタンディングは整理番号順の入場
※1Fスタンディングをご利用の際は、足元に立ち位置を示すマークもしくは区切り枠がありますので、整理番号順にご入場後、お好きな“お一人分のスペース”でライヴをご覧ください。
※2F指定席に付属するオリジナルグッズ(Tシャツ)は、公演当日に限り、ご来場いただいた方にのみお渡しいたします。お渡し時間などの詳細は後日ご案内します。
※鳴り物、光り物、メッセージボード等のご使用は禁止いたします。
※会場にて、必要に応じて公演日当日に個人情報をご提供いただく場合があります。
※公演の中止及び延期や、チケットの販売制限枚数の変更により主催者がチケットを無効とする場合以外は、払い戻しの対応はいたしかねます。予めご了承の上、チケットをご購入ください。
※会場におけるお支払いは、基本的に交通系IC (PiTaPa除く)などのキャッシュレス決済となります。
【一般発売】5月28日(土)10:00〜

■本公演に関して■
・今回のツアーは、公演開催地の自治体、及び会場のガイドラインに沿ったキャパシティを上限としてチケット販売を開始いたします。
・今後、国、公演開催地の自治体、および会場のガイドラインの変更によりチケット販売枚数に制限が生じた場合は、一度、販売した全てのチケットを無効とし、払い戻しする場合があります。
・その場合、収容人数に合わせた席数で、あらためてチケットを販売いたします。
・また、公演開催にあたり下記取り組みをいたします。必ず事前にご確認ください。
“新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する取組みとお客様へのお願い”
https://www.hyde.com/contents/9778
※公演開催に関しては、今後の政府の基本的対処方針などに基づき、必要に応じて公演の中止・延期の対応を行う場合があります。

■<HYDE LIVE 2022>Zepp Haneda(TOKYO) 6DAYS

■<VAMPROSE ARCHIVES presents HYDE LIVE 2022 RUMBLE FISH(追加公演)>
※FC限定公演 (HYDEIST / Circle A)
9月04日(日) Zepp Haneda(TOKYO)
開場 16:15 / 開演 17:30
9月05日(月) Zepp Haneda(TOKYO)
開場 17:45 / 開演 19:00
Guest Act:ASH DA HERO (両日)

■<HYDE LIVE 2022>
※FC限定公演(HYDEIST / HYDERoom)
9月07日(水) Zepp Haneda(TOKYO)
開場 17:45 / 開演 19:00
9月08日(木) Zepp Haneda(TOKYO)
開場 17:45 / 開演 19:00
9月10日(土) Zepp Haneda(TOKYO)
開場 16:15 / 開演 17:30
※LIVE VIEWING生中継

■<HYDE LIVE 2022 BEAUTY&THE BEAST supported by EdgeTechプロジェクト>
9月11日(日) Zepp Haneda(TOKYO)
開場 16:15 / 開演 17:30
※Stagecrowd生中継

▼チケット
・1Fスタンディング - ¥6,660(税別) / ¥7,330(税込)
・2F指定席(撮影可能) - ¥10,000(税別) / ¥11,000(税込)
一般発売:2022年8月28日(日) 10:00〜
※9月11日(日) BEAUTY & THE BEAST公演のみ
【HYDEオフィシャルFC “HYDEIST”/ASH DA HEROオフィシャルFC “CircleA”】
※9月4日および5日公演のみ
申込期間:2022年7月28日(木)18:00〜8月1日(月)23:59
【HYDEオフィシャルモバイルサイト “HYDERoom”】
※9月7日、8日、10日、11日公演のみ
申込期間:2022年8月4日(木)18:00〜8月8日(月)23:59

※お申込みは先着順ではありません。申込多数の場合は抽選となります。
※HYDEIST / HYDERoom / Circle A会員限定で販売するチケットは、すべてSKIYAKI TICKETの「電子チケット」となります。ご入場時にあたっては、「電子チケット」を表示できるスマートフォン/タブレット端末が必要です。また、電子チケットの表示のため、ご利用のスマートフォン/タブレット端末にSKIYAKI TICKETアプリのインストールを行い、SKIYAKI TICKETアプリを問題なく使える状態にしておく必要があります。
※各FCともに、チケット先行受付期間内にご入会いただければ、先行受付をご利用いただけます。コンビニ決済をご利用の場合、決済が完了するまで最大2時間程度かかりますのでご注意ください。

※本公演は2F指定席のみスマートフォン/タブレットでの撮影が可能です。商用の利用は禁止いたします。
使用禁止:一眼レフカメラ・ビデオカメラ・1辺が25cmを超えるタブレット端末・三脚等。ご不明時は会場スタッフにご確認ください。
※未就学児童入場不可
※再入場不可
※1Fスタンディングは整理番号順の入場
※鳴り物、光り物、メッセージボード等の使用は禁止いたします。
※会場にて、必要に応じて公演日当日に個人情報をご提供いただく場合があります。
※公演の中止及び延期や、チケットの販売制限枚数の変更により主催者がチケットを無効とする場合以外は、払い戻しの対応はいたしかねます。予めご了承の上、チケットをご購入ください。
※全公演、シューティングライヴのため、会場内の映像・写真が公開される場合があります。
※会場におけるお支払いは、基本的に交通系IC(PiTaPa除く)などのキャッシュレス決済となります。

※BEAUTY & THE BEAST公演は、「BEASTエリア(男性 / 1Fスタンディング)」と「BEAUTYエリア(女性 / 2F指定席)」が区分される公演です。
男性のお客様は1Fスタンディング、女性のお客様は2F指定席のみをご利用いただけます。
ご利用いただけない席種のチケットを購入された場合は、公演にはご参加いただけず、またチケット代金の払戻しもできません。チケット購入の際はご注意ください。
なお、性別は、戸籍上の性別で判断させていただきます。
性別を判断し難い場合は、任意の声掛けで「顔写真付き公的身分証」と「性別を確認できる公的身分証」の2点を確認させていただく場合がありますので、必ずお持ちください。
指定の身分証をご提示いただけなかったり、ご提示いただいてもお客様の性別を確認できない場合にはご参加をお断りいたします。また、性別確認の為、ボディチェックを行う可能性があります。予めご了承ください。

(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
https://info.diskgarage.com/

■本公演に関して■
今回のツアーは、会場の規定のキャパを上限にチケット販売を行います。
今後、国、公演開催地の自治体、および会場のガイドラインの変更によりチケット販売枚数に制限が生じた場合は、一度、販売した全てのチケットを無効とし、払い戻しする場合があります。
その場合、制限後のチケット枚数であらためてチケットを販売いたします。
また、公演開催にあたり下記取り組みをいたします。必ず事前にご確認ください。
新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する取り組みとお客様へのお願い
https://www.hyde.com/contents/10087
公演開催に関しては、今後の政府の基本的対処方針などに基づき、必要に応じて公演の中止・延期の対応を行う場合があります。

■『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box』

2022年7月27日(水)発売
【完全数量限定・豪華BOX盤】UIXV-90028 ¥22,000(税込)
▼Blu-ray 2枚
・DISC1:20th Orchestra Tour HYDE ROENTGEN 2021
・DISC2:20th Orchestra Concert 2021 HYDE HEIANJINGU
     Orchestra Concert Documentary
▼CD 2枚
・<20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021 Wakayama>ライヴ音源
▼グッズ
オリジナルフォトフレーム+フォトカードセット
▼応募券
「W購入者特典」応募券封入
※2022年1月29日発売『HYDE COMPLETE BOX 2001-2003』と『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box』の計2作品を購入、応募した方を対象に抽選企画が実施されます。



▲『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box』棺桶型BOX


▲オリジナルフォトフレーム


▲フォトカードセット

■『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021』
【通常盤(Blu-ray 2枚)】UIXV-10022/3 12,100円(税込)
・DISC1:20th Orchestra Tour HYDE ROENTGEN 2021
・DISC2:20th Orchestra Concert 2021 HYDE HEIANJINGU

【通常盤(DVD 2枚)】UIBV-10059/60 9,900円(税込)
・DISC1:20th Orchestra Tour HYDE ROENTGEN 2021
・DISC2:20th Orchestra Concert 2021 HYDE HEIANJINGU


▲『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021』通常盤(Blu-ray 2枚)


▲『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021』通常盤(DVD 2枚)

●ライヴ映像収録楽曲● ※全形態共通
▼<HYDE 20th Anniversary Orchestra Concert -ROENTGEN 2021->
01. UNEXPECTED
02. WHITE SONG
03. EVERGREEN
04. OASIS
05. A DROP OF COLOUR
06. SMILING
07. THE ABYSS
08. DEPARTURES
09. Red Swan
10. SHALLOW SLEEP
11. NEW DAYS DAWN
12. ANOTHER MOMENT
13. HONEY
14. flower
15. ANGEL'S TALE
16. THE CAPE OF STORMS
17. FINAL PIECE
18. BREAKING DAWN
19. NOSTALGIC
20. SECRET LETTERS
▼<HYDE 20th Anniversary Orchestra Concert -HEIANJINGU->
1. UNEXPECTED
2. WHITE SONG
3. A DROP OF COLOUR
4. EVERGREEN
5. FINAL PIECE
6. SMILING
7. flower
8. THE ABYSS
9. NEW DAYS DAWN
10. ZIPANG
11. ANOTHER MOMENT
12. NOSTALGIC
13. Red Swan
14. SECRET LETTERS
15. MY FIRST LAST

●ライヴ音源CD収録楽曲●
※完全数量限定・豪華BOX盤『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box』のみ収録
▼<20th Orchestra Concert HYDE 黑ミサ 2021 Wakayama>
01. WHITE SONG
02. EVERGREEN
03. SMILING
04. THE ABYSS
05. FINAL PIECE
06. DEPARTURES
07. ANOTHER MOMENT
08. ZIPANG
09. Red Swan
10. DEFEAT
11. AFTER LIGHT
12. MAD QUALIA
13. DEVIL SIDE
14. flower
15. forbidden lover
16. GLAMOROUS SKY (with 玉置成実)
17. HONEY (with 玉置成実)
18. BELIEVING IN MYSELF
19. MEMORIES
20. NOSTALGIC

●W購入者応募抽選企画●
2022年1月29日発売『HYDE COMPLETE BOX 2001-2003』と『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box』の計2作品を購入、応募した方の中から抽選で、A賞として「直筆サイン入りアニバーサリープレート」を20名様に、B賞として「公開収録イベント招待」をプレゼント。
詳細は、https://www.universal-music.co.jp/hyde/news/2022-07-20/
▼対象商品:
『HYDE COMPLETE BOX 2001-2003』(2022年1月29日発売)
『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box』(2022年7月27日発売)
※『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021』【通常盤】は応募抽選企画の対象外となります。

●店舗別購入特典●
『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box』または『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021』【通常盤】のいずれか1枚を各CDショップ、インターネット販売サイトで購入した方に先着で、店舗別に絵柄が異なるポスターをプレゼント。VAMPROSE STOREのみ特典が異なります。ポスターのデザインは後日公開予定。
予約リンク:https://hyde.lnk.to/roentgen_2021PR
・タワーレコードオリジナル特典 / A2サイズポスター Type-A
・楽天ブックス / A2サイズポスター Type-B
・ヴィレッジヴァンガード / A2サイズポスター Type-C
・Amazon.co.jp / A2サイズポスター Type-D
・UNIVERSAL MUSIC STORE / A2サイズポスター Type-E
・VAMPROSE STORE / オリジナルクリアファイル
・応援店舗(全国CDショップ・インターネット販売サイト共通特典) / A2サイズポスター Type-F

【完全数量限定・豪華BOX盤(棺桶型BOX仕様)】商品予約について
『HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box』の購入を希望される場合は4月19日(火)までにご希望の各CDショップ、インターネット販売サイトでご予約ください。4月20日以降予約なしで購入することも可能ですが、商品の生産数量に達し次第、販売終了となる場合がございます。

■『HYDE RUN』コラボグッズ

【『HYDE RUN』×アニメイト】
※NEO TOKYOの世界を駆け抜けるHYDEがデザインされたハンディクリアボトル、リングスマホホルダー、アイスキーホルダーセットが発売決定。アニメイト・ACOSオンラインショップにて7月15日(金)より受注販売。 全国のアニメイト・ACOS各店は9月16日(金)より発売予定。
販売サイト:https://www.animate-onlineshop.jp
特集ページ:https://www.acos.me/21990/
受注期間:2022年7月15日(金)12:00~7月31日(日)23:59
※商品のお届けは、2022年9月16日(金)ごろを予定しております。
▼販売商品
・ハンディクリアボトル:1,650円(税込)
・リングスマホホルダー:1,320円(税込)
・アイスキーホルダーセット:1,100円(税込)
※商品の発売・仕様などにつきましては、諸般の事情により変更・延期・中止になる場合がございます。予めご了承ください。


【『HYDE RUN』×ヴィレッジヴァンガード】
※12都市の名物とHYDEさんのかわいいご当地イラストグッズの発売が決定。東京タワーの周りを走る姿や、たこ焼きやしゃちほこを抱きかかえた姿など、どのHYDEも魅力的。
販売サイト:https://vvstore.jp/feature/detail/18030/
受注期間:2022年7月15日(金)12:00~7月24日(日)23:59
▼販売商品
・アクリルキーホルダー(全12種):750円(税込)
・キャラスタンド(全12種):1,500円(税込)
・ラウンドバッジ(全12種):500円(税込)
・アクリルスマホスタンド(全12種):1,500円(税込)
・iPhoneケース[SE/X/11/12/13/13pro/13promax対応] (全12種):2,000円(税込)
※商品の発売・仕様などにつきましては、諸般の事情により変更・延期・中止になる場合がございます。予めご了承ください。


【『『HYDE RUN』×セブンネットショッピング】
※セブンネットショッピング限定グッズ第2弾として「プリントキャンバス」と「メモパッド&マスキングテープセット」の2アイテムが発売決定。
https://7net.omni7.jp/general/027017/000000hyderun
受注期間:2022年7月15日(金)18:00~8月14日(日)23:59
▼販売商品
・プリントキャンバス:3,650円(税込)
 サイズ:F3号(273×220mm)
・メモパッド&マスキングテープセット:2,530円(税込)
 サイズ:メモパッド A5サイズ/マスキングテープ 15mm巾×5m巻き(2個)
※商品の発売・仕様などにつきましては、諸般の事情により変更・延期・中止になる場合がございます。予めご了承ください。



■『HYDE RUN』概要
・プレイ人数:1人
・対応ハード:iOS / Android
・配信日:配信中
・価格:基本プレイ無料(アプリ内課金有り)
http://hyderun.com
(c)VAMPROSE (c)Phoenixx
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/hyde-run/id1561576635Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.phoenixx.hyderun

この記事をツイート

この記事の関連情報