チャーリー・ベナンテ、パンテラ再結成でヴィニー・ポールの完コピを目指す

ツイート

パンテラの再結成ツアーに参加するチャーリー・ベナンテ(Dr)は、そこで「目を瞑って聴いたら、ヴィニー・ポールだと思わせる」ような演奏を心掛けるという。

ベナンテは木曜日(7月28日)、米SiriusXMの番組『Trunk Nation With Eddie Trunk』でこう話した。「僕はこれをアンスラックスのドラマーとしてはできない。なぜなら、全く違うサウンドだからね。だから、根本的に僕がやろうとしているのは、目を瞑ったら、ヴィニーだって思うようなサウンドにすることだ。彼のサウンドそのものにする」

同じく番組に出演したザック・ワイルドも「カヴァー・バンドにいるようなアプローチをする」と話した。

ベナンテは、この再結成ツアーについて「(昨年)12月、12月の終わり」に打診されたという。「フィル(・アンセルモ)と話していて、彼から言われた。僕は“ああ、もちろん。なんであれ”って言ったんだ。それで、1月か2月に現実的になった」

フィル・アンセルモ(Vo)、レックス・ブラウン(B)にザック・ワイルド(G)とチャーリー・ベナンテ(Dr)が加わるパンテラの再結成ツアーは2023年に開催予定と言われているが、ベナンテは、まだいつスタートするかは知らされていないそうだ。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報