ラム・オブ・ゴッド、新作のアートワークに俳優のイーサン・ホークが反応

ツイート

ラム・オブ・ゴッドが10月に発表予定の9枚目のスタジオ・アルバム『Omens』のアートワークに、俳優のイーサン・ホークから「カッコいい」との言葉が上がった。

◆ラム・オブ・ゴッド動画、画像

ラム・オブ・ゴッドのドラマー、Art Cruzは今週(7月25~28日)、アメリカのトーク番組『Late Night with Seth Meyers』のハウス・バンドに参加。火曜日(7月26日)、同番組にゲスト出演したホークは、席に着いた途端、『Omens』のアートワークについて「ところで、そのアルバム・カバー、めちゃくちゃカッコいいね」と話し始めた。

「(彼が出演したドラマ)『ムーンナイト』のコンスをちょっと彷彿させない? 君が『ムーンナイト』見たことあるか、わからないけど、ちょっとコンス・ヴァイブがあるよ」

司会者がこれに「僕ら、頑張ったんですよ。あなたの作品をプロモートすると同時にゲスト・ドラマーの作品もプロモートしたいと」と応じると、ホークは「それは感謝するよ。僕のこと想ってくれてありがとう。僕も君のことを想ってる」とCruzに言葉をかけた。

ギタリストのマーク・モートンはこのやり取りを気に入ったのか、その部分を切り取った映像をツイートしている。

2019年にクリス・アドラー脱退後、Cruzが加入してから2作目のスタジオ・アルバムとなる『Omens』は10月7日にリリース予定。今週、タイトル・トラックのミュージック・ビデオが公開された。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報