idom、月9ドラマ『競争の番人』主題歌を先行配信開始。主演の坂口健太郎・杏よりコメント到着

ツイート

idom(イドム)が、本日8日よりフジテレビ月9ドラマ『競争の番人』主題歌「GLOW」の先行配信をスタートさせた。

「競争の番人」は、坂口健太郎と杏がW主演を務め7月から放送中のフジテレビ月9ドラマ。新進気鋭の作家・新川帆立が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日(月)に発売された『競争の番人』(講談社)が原作となっている。

(c)フジテレビ

ドラマ『競争の番人』では、坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(こしょうぶ・つとむ)と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(しろくま・かえで)が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。誰もが一度は聞いた事があるがその実態についてはあまり知られていない行政機関・公正取引委員会を舞台とした “凸凹バディの痛快爽快エンタメドラマ”だ。

そんなドラマの主題歌に抜擢された新人アーティスト・idomは、「GLOW」に込めた想いとして「“強さ”は辛い経験や、自分自身の弱さを乗り越えようとする姿なのではないかという想いがありました。楽曲全体を通して弱い自分自身を乗り越えようとする姿を曲にしました。負けたり、悔しい思いをしたり、今苦しんでいる人にも光になれるような楽曲になれれば嬉しいです」と話している。

また、ドラマ「競争の番人」の主演を務めている坂口健太郎・杏からも「GLOW」への感想コメントが届いた。

   ◆   ◆   ◆


■坂口健太郎 「GLOW」感想コメント
不正のために戦うダイロクメンバーの肩を押してくれるような力強さや、小勝負の過去に寄り添ってくれるような優しさを感じました。『競争の番人』の世界をより一層色鮮やかにしてくれるような曲です。


■杏「GLOW」感想コメント
曲がドラマのテーマと重なり、物語に寄り添って盛り上げてくれるような素敵な曲だなと思いました。この曲を聴くと元気を貰ったり、背中を押してもらえます。作中で、映像と組み合わさった時の格好良さがとても好きです。ドラマを見るときに、どこで楽曲がかかるのか楽しみにしてください!

   ◆   ◆   ◆

idomは本楽曲「GLOW」を9月7日(水)にDebut EPとして発売。こちらはSMEレコーズからのリリースとなる。

そして、本日8日20時にはオフィシャルYouTubeチャンネルで「GLOW」のミュージックビデオも公開される。元から映像面でも非常に高い完成度とクリエイティブセンスで評価を受けてきたidomのMV新作として、こちらも注目したい。

idom「GLOW」

ダウンロード・ストリーミング先行配信中
https://idom.lnk.to/GLOW

9/7(水)EP発売

■初回生産限定盤
CD+Blu-ray (SECL-2790~2791) ¥1,800(tax in)
<Blu-ray収録内容>
・「GLOW」MUSIC VIDEO
・「GLOW」Behind The Scenes

▲「GLOW」初回生産限定盤

■通常盤
CD(SECL-2792) ¥1,400(tax in)
<収録曲>
計5曲収録予定(「GLOW」を含む4曲+「GLOW -Instrumental-」)

▲「GLOW」通常盤

CD予約:
https://idom.lnk.to/GLOW_0907

ドラマ『競争の番人』

毎週(月) 21時~21時54分放送中

出演者:坂口健太郎、杏、小池栄子、大倉孝二、加藤清史郎/小日向文世/黒羽麻璃央、大西礼芳、石川萌香/寺島しのぶ 他
原作:新川帆立『競争の番人』(講談社)
脚本:丑尾健太郎、神田 優、穴吹一朗、蓼内健太
音楽:やまだ 豊
主題歌:idom「GLOW」
プロデュース:野田悠介
演出:相沢秀幸、森脇智延
制作・著作:フジテレビ

【番組公式HP】https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/
【番組公式Twitter】@kyoso_fujitv
【番組公式Instagram】@kyoso_fujitv

◆idom YouTube Channel
◆idom Instagram
◆idom Twitter
◆idom TikTok
この記事をツイート

この記事の関連情報