指原莉乃の歌詞がドラマ化、=LOVEと≠MEの選抜メンバー出演

ツイート

指原莉乃による書き下ろしの歌詞をベースに制作されたオリジナルドラマ『もしも、この気持ちを恋と呼ぶなら…。』が、9月23日深夜にABCテレビで放送される。

指原莉乃は本ドラマのため、自身がプロデュースする=LOVEと≠MEの2組にそれぞれ1曲ずつ歌詞を提供した。これら2曲がW主題歌となり、両グループから選抜されたメンバーがヒロイン役を演じるそうだ。指原の歌詞がドラマ化されるのはこれが初となる。

出演メンバーのオーディションでは“「喜・怒・哀・楽」の4つの要素を入れた一人芝居”、“オーディション用台本の二人芝居”、“グループ即興四人芝居”の3つの審査が行われる。今和紀監督と脚本を担当する諸橋隼人、本作のプロデューサーら4名が審査員を務めるという。

   ◆   ◆   ◆

■指原莉乃 コメント

今回お話をいただき、私なりに楽曲を書き下ろしました。その楽曲がプロフェッショナルな皆さんによってどうなっていくのか、私もドキドキしています。

選ばれたメンバーがどのような演技をするのか、今からとても楽しみです。私が初めて演技をした『マジすか学園』での自分の棒演技を思い出すと緊張感が増すのですが、選ばれたメンバーだけあってのクオリティの高さを期待してしまいます!

   ◆   ◆   ◆

『もしも、この気持ちを恋と呼ぶなら…。』

2022年9月23日(金)深夜0:24放送
ABCテレビ

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報